ウインチャンネル 評価なし0件のレビュー(0/5)

ウインチャンネル

 ウインチャンネル

ウインチャンネル優良投資顧問なのか悪徳株情報サイトを運営しているだけなのか。ネットの口コミ評判を見る限り、評価はイマイチのようです。
早速、HP等の検証を行っていきたいと思います。

まずウインチャンネルが如何なる投資顧問なのか確認していくと、「ウィン情報時代から、投資顧問21年(株式会社ウィン情報は平成19年9月から)の実績のある老舗会社。独自分析からの有望銘柄・短期急騰デイトレ銘柄・材料銘柄が満載」との事。

主なサービス内容
・兜町生情報
ザラ場中に集まってきた情報を逐次ご案内。銘柄情報などはありますが、詳細は会員サイトでないと確認できないとの事。

・メルマガ‥現在はサービスが無くなったのか、登録できませんでした。
・無料銘柄相談
・Mr.Xのオプション・先物
こちらも銘柄名は公開されていますが、詳細は会員サイトでないと確認できないようです。

以下有料
・ネット会員
リアルタイムに、厳選された中でも特におすすめ出来る仕手株株の情報を中心に、逐次ご案内との事
料金:1ヶ月~/10,000円~

・テレフォンサービス
テレフォンサービス会員専用ページで、最新の株式情報を提供
料金:3回分/900円

・携帯メール会員
株式、先物、オプション等に関する情報を、全てお客様の携帯にメールでお届け
料金:1ヶ月~/10,000円~

その他、HP上では実績が掲載されておらず、利用者が何を参考に検討すればよいか不明確です。

また気になったのが会社概要の分析者・助言者の名前が 「福 満介」
明らかな偽名なのですが、金商のある会社として恥ずかしくないのでしょうか。
利用者から信頼を得たいのであれば、本名はもちろん代表の写真・プロフィールくらい載せましょうよ

そして肝心の投資顧問としての実力なのですが、「兜町生情報」の非会員ページで確認できる銘柄を考察していきます。

まず第一印象としては、直近で動いている仕手株などについて言及しているという事。
特に事前に情報を得ていたという事でなく、動いた銘柄を「いい動きですね」や「面白いですね」と微妙な表現でごまかしている感じです。

直近の情報を見ていて一番気になったのが オンコリスバイオファーマ(4588)。
HPでは
・7/12
1190円+38円
いい動きですね、私どもの推奨銘柄

・7/15
1113円--54円安
大変良い押しですね、いい買い場ですね、

・7/19
1060円-40円安
大きく売られましたね、面白い話が入ってます

と上記のような記載が確認できました。
「推奨銘柄」との事なので、6月上旬で上手くいったのか、それとも後付けなのかは不明ですが、7月現在で相場は終わってます。

7/15には押し目買いを推奨しているようですが、これは プロの判断とは思えません。 理由はたくさんあります。

・出来高少ない
・25日移動平均が下降気味
・一目均衡表では基準線の下に転換線が位置し、遅行線がローソク足の下に位置、雲の下にローソク足が位置する、三役逆転

そして案の定、下落した7/19には「面白い話」で誤魔化していますね
バイオ関連なので今後の材料次第では分かりませんが、直近でオンコリスバイオファーマを推奨する理由は皆無です。

他の銘柄でも同様の現象が多数見受けられるので、上記はあくまでも氷山の一角とお考えください。

個人的見解ですが、助言・分析者の「福 満介」は プロではなく素人
値動きの良い銘柄について適当に言及し、 当たったものは自身の功績、外れたものは誤魔化すという悪質な営業手法。

以上、ウインチャンネルは素人が運営している利用価値ゼロの老舗悪徳投資顧問と認定させていただきます。

よく読まれている記事

WSC(WorldStockChoice)
一押しワケ
を解説

 誰でも簡単に10倍期待の日米株へ投資が出来る!

 GAFAM超えも不可能ではない最強米国株を解析

 日米株の良いとこ取りを狙う次世代AIシステム

 詳しく見る

グローイングAI
一押しワケ
を解説

 有名ファンドをも上回る運用実績

 「テラ」や「DLE」などの高騰銘柄を次々に抽出

 高性能AIが世の中のトレンドを解析

 詳しく見る

ウインチャンネルへの口コミ

  • まだコメントがありません。

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

WSC(WorldStockChoice)
一押しワケ
を解説

 誰でも簡単に10倍期待の日米株へ投資が出来る!

 GAFAM超えも不可能ではない最強米国株を解析

 日米株の良いとこ取りを狙う次世代AIシステム

 詳しく見る

グローイングAI
一押しワケ
を解説

 有名ファンドをも上回る運用実績

 「テラ」や「DLE」などの高騰銘柄を次々に抽出

 高性能AIが世の中のトレンドを解析

 詳しく見る