初心者でも勝ちやすいIPO投資術 1件のレビュー(2/5)

初心者でも勝ちやすいIPO投資術

 初心者でも勝ちやすいIPO投資術

初心者でも勝ちやすいIPO投資術優良投資顧問なのか悪徳株情報サイトを運営しているだけなのか。ネットの口コミ評判を見る限り、情報が不足しているようです。
早速、HP等の検証を行っていきたいと思います。

まず初心者でも勝ちやすいIPO投資術が如何なる株情報サイトなのか確認していくと「勝率90%越えの投資術を伝授、たった1年で20万円を200万円に。15年間利益を出し続けたIPO投資をご存知ですか?」と記載があります。

本サイトでは「IPO投資で手堅く儲けるための秘訣」を伝授する商材を紹介しているようです。販売は2017年9月~大手ASP「インフォトップ」を介してです。

HPはペラ1のセールレターであり、投資系情報商材らしく「運用利回り200%」「ローリスクハイリターン」「資金10倍も可能」など、甘ったるい過剰な宣伝文句が立ち並んでいます。

まぁ実際問題、IPOはもし公募で買えれば高い確率で儲かりますし、一攫千金も夢ではありません。

セールレター内の実績(仕手株など)でも分かる通り、公募価格から数倍に化けて初値を付ける事もあります。

ただし、皆さんご存知の通り、 公募で買えるのは当選した人のみです。
その倍率は非常に高いし、正直に言って大口の顧客や手数料を落としている顧客が当選しやすのは言うまでもないです。

それは対面式の証券会社だけでなく、ネット証券でも同様の傾向があると思います。
「お得意様を優遇する」というビジネス的に考えれば、当たり前の話ですね。

ちなみにセールレターでは細かい字で「必要証券口座」として「野村証券・みずほ証券・ 大和証券・日興証券・三菱UFJ証券」と記載があったので対面式の証券会社を推奨しているみたいです‥

主なサービス内容
・無料相談
プロIPOアドバイザーによる無料相談が可能との事。
「プロIPOアドバイザー」なんて肩書聞いた事ないですね‥

IPO投資について詳しく話を聞きたい方や分からない事、疑問点を相談したい方向けのようですが、相談しても結局勧誘されるだけかと‥

以下有料

◆初心者でも勝ちやすいIPO投資術
J-Asset倶楽部」がIPO投資の手法~当選確率UPの具体的な方法を全てアドバイスするとの事。

具体的な商品説明は一切なく、とりあえず上記の「無料相談」を受けるよう促しています。やはり「無料相談」が営業窓口という事なのでしょう。

料金:入会金:128,000円 月額/12,960円

料金設定はかなり高めですね‥
具体的な説明なしの状況で簡単に支払える額ではありません。

さて、ここからはいきなり登場した「J-Asset倶楽部」なる団体について確認していきましょう。

そもそも本サイトの運営を手掛けるのは「株式会社Office-M」という会社です。
会社概要を見ても「J-Asset倶楽部」とは、販売責任者が異なります。

ところが会社所在地や連絡先は同一なので、まぁ要は同じグループが2つのサイトをオープンし連携させているだけです。

なぜこのような体制を敷いているのかは謎です‥一部ネット上では「J-Asset倶楽部」の運営元は以前は「株式会社J-Life 」と表記があったと暴露されていますね‥検証日段階では「株式会社Office-M」となっていますが(検証日9月上旬)

法人名をコロコロ変えるのは、何か疾しい事があるからなのではないでしょうか‥
どう考えても怪しいですよね‥

こういった疑念がある状態では、 本商材の利用はおススメできないですね。
IPOの当選確率を上げるってのも、現実問題お金がない人だと難しいでしょうし。

引き続き、初心者でも勝ちやすいIPO投資術の動向を注視していきたいと思います。

よく読まれている記事

循環物色アナライザー
一押しワケ
を解説

 "今買うべき銘柄"を教えてくれる銘柄選定ロボ

 循環相場のサイクルを先読み!急騰候補株を選定

 今の相場でこそ活躍が期待できる万能アイテム

 詳しく見る

AIP投資顧問
一押しワケ
を解説

 株価上昇のメカニズムを熟知

 現場第一主義、中野代表の現場力

 企業分析力はトップクラスの”一流”投資顧問

 詳しく見る

初心者でも勝ちやすいIPO投資術への口コミ

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

循環物色アナライザー
一押しワケ
を解説

 "今買うべき銘柄"を教えてくれる銘柄選定ロボ

 循環相場のサイクルを先読み!急騰候補株を選定

 今の相場でこそ活躍が期待できる万能アイテム

 詳しく見る

TMJ投資顧問
一押しワケ
を解説

 外資証券出身「渡邉誠二」の分析能力

 会員の利益を最優先、抜群のサポート力

 金融マンとして築いてきた独自の情報網

 詳しく見る