渋谷高雄公式サイト技心研 評価なし1件のレビュー(NAN/5)

渋谷高雄公式サイト技心研

 渋谷高雄公式サイト技心研

渋谷高雄公式サイト技心研優良投資顧問なのか悪徳株情報サイトを運営しているだけなのか。ネットの口コミ評判を見る限り、どちらかと言うと悪評が優勢ですね‥
早速、HP等の検証を行っていきたいと思います。

まず渋谷高雄公式サイト技心研が如何なる株情報サイトなのか確認していくと「株で利益累計10億円を達成した渋谷高雄が株式トレーディング技術・心理研究所」と記載があります。

「渋谷高雄」と言えば、以下3つのサイトに関わっていた人物です。

渋谷高雄の株式投資顧問サイト TOP TRADERS
渋谷高雄オフィシャルサイト
渋谷高雄株式投資大百科

上記3サイトはいずれも閉鎖済みで、URLを入力すると「技心研」のページへ飛ぶようになっています。

3つのサイトを1つにまとめたという意味では、このリニューアルも理解できますが、会社の商号まで変わり責任者も変わり、連絡先は記載がなく会社所在地も不明という現状をどう理解すればいいのやら‥

今までは広告塔として利用されてきたが嫌気がさして独立したとか?
まぁそもそも10億円稼げる人が広告塔として利用されている段階で、何かしらの事情を抱えているという想像できます。(何か弱みを握られているとか‥)

何はともあれ検証を進めていきます。
本サイトの売りは何と言っても「渋谷高雄」氏自身です。

・プロフィール
当時勤務していた超長時間労働で賃金の安いブラック企業に絶望し、活路を求めて1999年10月の株式売買手数料自由化前後から株式投資を始める。信用取引で大損してしまい退場寸前にまで追い込まれる。幸運にも知人が不動産会社を起業するにあたり声をかけられ、再就職。サラリーマントレーダーとして一からやり直した結果、株式市場の本当の正体を理解することが出来て、株式投資のノウハウを確立し、専業個人投資家として復活することが出来た。相場の怖さを知り尽くしているが故に、年齢を重ね、結婚して家庭も持った現在、徐々に勝負一本の世界から遠ざかりつつある。

典型的な脱サラ個人トレーダーって事ですね。
ただし、現在は「家庭を持った」という理由から書籍の販売で印税を稼ぐ方向に転換しているようです。

HPには投資実績証明として課税証明書が添付されています。
流石にこれを偽造する事はないとは思います‥

尚、本サイトには他にも多数のライターを抱えているようですが、詳しくはHPで確認してください。

主なサービス内容

・新着投資情報
相場のトピックとテクニカル分析をメインに不定期更新されています。
無料で閲覧できる情報としては十分な内容と言えます。

・元手資金の貯め方
渋谷氏の考える元手の作り方が記載されています。

・渋谷の不動産投資法
渋谷氏の実際の体験談が記載されています。短編小説を読んでいるかのような内容ですので、特に参考にできる箇所はなさそうです。

以下有料

◆渋谷高雄株式投資大百科
渋谷高雄が率いる投資チーム「技心研」が実践するスイングトレードの手法をまとめたマニュアル。

具体的な内容は以下。
・株の値動き予想するためのチャート分析
・マーケット分析からの銘柄選び
・リスクを管理するための技術

料金:29,800円

ここまで全体的にHPを確認してきましたが、大きな不審点は見受けられませんでした。 本サイトの存在意義を考えると、渋谷氏の著書や「渋谷高雄株式投資大百科」の販売という事が分かります。

投資顧問ではないので、個別銘柄(仕手株など)の助言サービスなどはありません。
渋谷氏の実績を武器に安定した印税収入を目論んだサイト運営、という理解でいいと思います。

成功者が著書を発刊して「もう一稼ぎ」というのはよくあるパターンですからね、まぁ渋谷氏のファンならば価値あるサイトなのかもしれませんね。

よく読まれている記事

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 市況や材料からAIが次に来るテーマを事前予測

 空売りの指標としても使える最先端株ツール

 3700以上の銘柄を一括診断!

 詳しく見る

TMJ投資顧問
一押しワケ
を解説

 外資証券出身「渡邉誠二」の分析能力

 会員の利益を最優先、抜群のサポート力

 金融マンとして築いてきた独自の情報網

 詳しく見る

渋谷高雄公式サイト技心研への口コミ

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 市況や材料からAIが次に来るテーマを事前予測

 空売りの指標としても使える最先端株ツール

 3700以上の銘柄を一括診断!

 詳しく見る

TMJ投資顧問
一押しワケ
を解説

 外資証券出身「渡邉誠二」の分析能力

 会員の利益を最優先、抜群のサポート力

 金融マンとして築いてきた独自の情報網

 詳しく見る