アルプス投資顧問 43件のレビュー(1.24/5)

アルプス投資顧問

 アルプス投資顧問

■最新追記(7/27/追加検証済み)

前回「アルプス投資顧問」の検証を行ったのは1年以上前。
その間、何か変化はあったのか、HPや読者様からの口コミなどを基に再度検証していきます。

前回本サイトの検証を行った祭には、投資助言のレベルの低さ、悪評の多さばかりが目につく状況でした。それ以降も継続的に私の元には悪評が届いています。
その一部を以下で紹介しておきます。

口コミ①
「なんでこんな屑みたいな投資顧問が老舗とか言われてるんだろうか?投資家の資金を減らし続ける為に存続してるのかな?何か恨みでもあるの?悪い評判見ても利用者の判断とか運じゃね?と思ってたけどここにお金払ってももらえる情報がまさに屑。まさか自分もロスカットの嵐になるとは思わなかった。」

口コミ②
「私は主婦でお金もそんなに持ってないのですが、少ない資産を増やしたく思いアルプス投資顧問に登録しました。最初に少し利益を出す事が出来たのですが、その後は利益を出せない事が多くあり最終的には持っていた資産が0になりました。アルプス投資顧問に登録した事を後悔しています。」

かなり手厳しい評価 ばかりですね‥
以降の検証で何かしらの改善が見られればいいのですが‥

HPについて。
HPはかなり変わりましたね、以前はなぜか外人がサムアップしている画像でしたが、現在は女性オペレーター?の姿が見受けられます。

おそらく実際の従業員ではないと思います、そこらで拾ってきた画像素材でしょう。

HPのトップでは「しっかり稼ぐ個人投資家へチェンジ、10日で推奨後すぐ含み益 10%」と謳っており、あたかも「必ず儲かる」かのような表現が‥

続けてサービス内容について。

・無料メルマガ
明日の注目株を配信するメルマガとの事。
現実には有料会員向けに配信した銘柄の動向をアピールしているだけです。

・アルプス株日記
短期における銘柄選び、売買タイミング、株式投資について色々教えるブログ。
内容は上記の無料メルマガとほとんど同じなので、閲覧価値はなさそうです。

・Twitter
個人投資家の味方「ALPS」の公式ツイッター。
つぶやく内容は、相場動向や動きのあった個別銘柄に言及しているだけです。

以下有料

◆レギュラー会員プラン
これから株式投資を始めようと考えている方や、気軽にやってみたい方にお勧めのプラン。 10%を目指す銘柄を週に2~3本提供。
料金:月額/12,000円

◆スペシャル会員
レギュラー会員の全サービスがご利用可能。特別ワンショット銘柄 および 情報、分析銘柄の中から更に信頼度の高い銘柄を厳選してご紹介する最上級のプレミアムプラン。
料金:月額/100,000円

◆リミテッド銘柄
短期値幅取り一本勝負を求めている方向けの銘柄情報配信サービス。
料金:1銘柄/30,000円

最後に実績について。
HPにはロスカットを含めた実績が掲載されています。

まず声を大にして言いたいのが、本サイトの銘柄選定方針についてです。
一言で言って「ギャンブル性が高い 」です。

なぜなら、ほとんどの銘柄が既に動意づいた後に推奨しており、しかも仕手株や材料株がメイン。これら値動きの軽い銘柄の「 飛び乗り飛び降り」を指南しているようですね‥

利用者が実際に売買した際には、HP上の利確数値やロスカット数値とかけ離れた結果となる可能性が高いです。

例えば、6/22に推奨した オルトプラス(3672)。
HP曰く、6/22日計り、エントリー1,649円、決済1,780円、 7.94%の利確との事。

file396

当日のローソク足を見ると、上髭の長い陰線。
最初から日計り目線なら問題ないですが、一般的には下落サイン‥

まぁそれはさておき、ずっと画面に張り付いているわけではない利用者が動意づいて値動きの早い本銘柄を上髭で利確できたとは思えません。一瞬の売るタイミングを逃せばロスカットすらあり得る でしょう。

また6月下旬のゲーム関連物色に安易に便乗した感は否めず、テクニカル的にも大した推奨根拠は見当たりません。

しかもデイトレ的に言えば、当日6/22の始値1,675円で、前日6/21の終値1,649円を割り込んだタイミングは むしろ空売りのタイミングのはず、そこでの買い推奨というのはまさにギャンブルに他ならないですね。

以上、「アルプス投資顧問」の再検証を行ってきましたが、相変わらずの悪評の多さとレベルの低い「ギャンブル投資助言」の実態が確認できました。

引き続き、「アルプス投資顧問」の動向を注視していきたいと思います。

※以下、サイト全体の検証記事になります。
上記の追記と合わせてご覧ください。

■検証記事

アルプス投資顧問優良投資顧問なのか悪徳株情報サイトを運営しているだけなのか。ネットの口コミ評判を見る限り、残念ながら評価はかなり低いようです。
早速、HP等の検証をしていきたいと思います。

まず、アルプス投資顧問とはどんな会社なのか確認していくと、会社概要で見る限り会社設立は平成17年9月13日と10年以上存続しているとの事。

またHPを見て最初に目が行くのは個別銘柄情報や会員限定情報の一部、寄り付きGU銘柄など。ツイッターや無料メルマガでは的中させたと思われる銘柄をしつこく掲載しており、やや強引に有料プランの利用を促しているようです。

どのような情報収集を行っているか、どのようなバックグラウンドのあるアナリストが在籍しているかなどの、利用者にとってはサイト利用前には必ずチェックしておきたい事項についての言及はないようです。

全体的に不審な点は少ないのですが、投資顧問会社として どのような情報源があり、どのような助言方針なのかがあまりに不明確な感じがします。

何はともあれ、実績を見てからアルプス投資顧問が本物のプロが在籍する投資顧問かどうか判断していきたいと思います。

HPで現在確認できるのは直近半年間(2015/12~2016/5)の実績です。全てを掲載しているわけではないのでしょうが、全体的に見て読み取れるのは基本的な利食いが10%前後、損切りラインがー5%前後という事。そして仕手株や材料株をターゲットにしたスイングトレード目線で銘柄を選定しているという事。

※スイングトレード‥テクニカル分析を重視した数日間~数週間(数ヶ月)で売買を済ませてしまう短期売買のトレード方法

これらの銘柄選定方法や利食い損切りの基本方針にそこまで問題はないのですが、実績として掲載している銘柄を細かく確認していくと アルプス投資顧問のレベルの低さがどんどん浮彫になってきました。
file56

まずは フィスコ(3870)です。HPによると、4/28株価400円で推奨、5/16株価388円でロスカットとの事。ご存知の通りフィスコは年初から特に3月下旬にかけてフィンテック関連として急騰していた銘柄です。

その後株価大きく調整し、出来高も減り 4/26には一目均衡表で雲下抜け、推奨日の4/28には下値抵抗線も割っており、テクニカル的に見てもフィスコを推奨する理由は一切ありませんし、実際下がっている(現在350円前後)からいうわけではなく、 私でしたら完全に売り推奨していたと言い切れるくらいです。

続けて目についたのは テクノスJP(3666)です。HPによると5/9株価3062円で推奨、5/13株価2932円でロスカットとの事。人工知能関連、株式分割など需給面の追い風に乗り4月上旬から下旬にかけて大きく上昇した銘柄です。

その後4月末にかけて株価は調整し分割後に再び上値を追うかというところで5/9に推奨しているのでしょうが、5/13の好決算発表もむなしく急激に失速し値崩れを起こしてしまっているのが現状です。仕手系材料株では短期で材料が連発される事があり、それが上手くハマれば稀に大相場に発展する事はあります。

しかし、基本的に材料がでるという確証はなく、プロならば仕手系材料株での押し目買いには警戒して望まなければならないはず です。

さらに掲載されている実績のほとんどの銘柄が急騰後の適当で安易な押し目買いもしくは打診買いを推奨してしまっており、推奨している明確な根拠もなければ軸もないテクニカルも特に重視しないという、完全なる素人考えに基づいてしまっている印象です。

上記のような素人考えに基づく手法で情報提供してしまっている事を考慮すると、総合的な勝率は2割前後がいいところでしょう。
こんなレベルでよく10年以上存続できているなと逆に関心しました。

以上、アルプス投資顧問の検証結果をまとめると、投資顧問として必要不可欠な助言方針や銘柄を選定する上での軸がなく、「急騰時に比べれば安くなったから買う」という完全なる素人考えにより利用者に多額の損害を与えている事が明白な悪徳投資顧問と断定させていただきます。

よく読まれている記事

循環物色アナライザー
一押しワケ
を解説

 "今買うべき銘柄"を教えてくれる銘柄選定ロボ

 循環相場のサイクルを先読み!急騰候補株を選定

 今の相場でこそ活躍が期待できる万能アイテム

 詳しく見る

TMJ投資顧問
一押しワケ
を解説

 外資証券出身「渡邉誠二」の分析能力

 会員の利益を最優先、抜群のサポート力

 金融マンとして築いてきた独自の情報網

 詳しく見る

アルプス投資顧問への口コミ

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 市況や材料からAIが次に来るテーマを事前予測

 空売りの指標としても使える最先端株ツール

 3700以上の銘柄を一括診断!

 詳しく見る

AIP投資顧問
一押しワケ
を解説

 株価上昇のメカニズムを熟知

 現場第一主義、中野代表の現場力

 企業分析力はトップクラスの”一流”投資顧問

 詳しく見る