ワントレード 30件のレビュー(1.26/5)

ワントレード

 ワントレード

■最新追記(7/27/追加検証済み)

前回「ワントレード」の検証を行ったのは1年以上前。その間、何か変化はあったのか、HPや読者様からの口コミなどを基に再度検証していきます。前回検証した際には、その投資手法や利確・ロスカット基準から「利益が見込めそうにない」という印象が残っています。

ちなみに運営元「株式会社アチーゴ」は「デイトレードマスター」という系列サイトも運営しているのですが、そちらの検証結果もあまり良好とは言えず‥グループ全体的として、本当にプロを名乗れる助言者が在籍しているのかが最大の焦点ですね。

まずHPから確認していきます。HPを見た限り、全く変化はありません。肝心の助言者に関する情報は一切確認できず、「アナリスト」が在籍しているという事しか分かりません。(所謂「証券アナリスト」なのかも不明ですが‥)

続いて無料サービス内容については以下の通りです。

・無料メルマガ
経験豊富なアナリストが分析調査を重ね厳選した推奨銘柄を用意しているとの事。1年以上前に登録済みですが、最終発行日は「2016年7月8日」と、もはや廃止されたと言っていいコンテンツに成り下がった模様。
・本日のマーケットアイ
その名の通り、相場概況が記載されていますが、題名・内容が日経新聞と被っていますね‥
記事の無断転載でしょうか?

左「本日のマーケットアイ」右「日経新聞」
file395file394

・個別銘柄診断
「個別銘柄診断につきましては、姉妹サイトであるデイトレードマスターで承っている」との事。 という事は、 本サイトには銘柄を診断できる人がいないのでしょうか?「アナリストが在籍している」と謳っているのに‥

ワントレードの有料サービスについては以下の通りです。

◆小額投資コース 料金:月額/19,800円
運用資金が小額のお客様専用コース。小額資金でも十分に利幅が見込める厳選銘柄の選別。ファンダメンタル、テクニカル等の従来の分析法に加え、新たに独自の小額投資専用分析法を導入しているとの事。
◆通常コース 料金:月額/29,800円
運用資金が50万円以上のお客様専用コース。ワントレード(一回の取引)で大きな利益が狙えるとの事。

HPには直近の実績が簡単な解説と共に掲載されています。銘柄選定方針や利確・ロスカットに変化は見られず、相変わらずの低空飛行を継続しているようです。まず平均3%前後で利確をしており、サイトの特徴である「1度のトレードで大きく利幅をとっていただく」事は出来ていません。

また以前と変わらず、推奨日の安値近辺でエントリーした事になっており、利用者の実情を反映しているとは言い難いです。せいぜい×80%の利益しかないのが実際のところかと。

それはロスカット実績も然りですから、ロスカット幅も多少多めに見積もるべきでしょう。HP曰く、勝率は6割前後ですが、利用者目線で考えれば勝率は5割弱、利確2.4%ロスカット3%強がいいところ 。

つまり、利用者は儲かっていないのでは?と思います。ここに経費として月額/19,800円~と来れば余計苦しいですよね‥

この実績を踏まえると、やはりプロと言えるレベルの助言者やアナリストが在籍しているとは思えません。あまりにもレベルが低いです。

以上、ワントレードの再検証を行ってきましたが、プロの助言者やアナリストが在籍しているとは思えない実態が再確認できました。引き続き、ワントレードの動向を注視していきたいと思います。

※以下、サイト全体の検証記事になります。
上記の追記と合わせてご覧ください。

■検証記事

ワントレードは優良投資顧問なのか悪徳投資顧問なのか。ネットの口コミ評判を見る限り、悪評は少ないようです。早速、HP等の検証をしていきたと思います。

まずワントレードはどのような投資顧問なのか確認していくと、「基本的には買い銘柄中心ではありますが相場の状況によっては空売り銘柄も推奨」「買いの銘柄、空売りの銘柄、どちらも推奨理由に加え、買い推奨値、空売り推奨値、目標値等含め全て記載」との事。

また、ワントレードのアナリストによる企業の実地調査やテクニカル分析等を経て顧客へ推奨銘柄をお届けてしているとの事。全体的に見てHPに不審な点はありませんでした。

続けて、ワントレードの実力を確かめるべく実績を検証していきます。HP掲載の実績を確認すると、仕手株や材料株ではなくそれなりに研究して選別した銘柄を推奨しているようです。

全体的な印象としては、短期勝負で割安感や買い材料がある銘柄は「買い」、割高感や売り材料がある銘柄は「売り」という設定で推奨理由が記載されており、それ自体は問題ないと思います。

↓実際のサイト画像↓
file55

しかし私が感じた問題点は大きく分けて2つありました。

1つ目は、これは買いにも売りに関しても言える事なのですが、推奨した日の安値近辺で買っている又は高値近辺で空売りをしているという形で実績を掲載している点です。これだけ短期で勝負していながら毎回安値又は高値でエントリーする事は不可能です。

つまりHPに掲載されているような利益幅はなく水増ししている可能性が高いと思います。おそらく掲載されている利益幅×80~90%がいいところでしょう。

2つ目は、利益確定とロスカットの設定基準です。実績を見れば明白なのですが、利益確定の目標値は4%前後であり、ロスカットの基準値は-3.5%前後のようです。

比較的短期で勝負している傾向があるので、勝率は良くても4割ほどと想定されます。
(HPには見栄えを良くするために、ロスカットの実績を全部は掲載していないと同時に想定される)

それにも関わらず利確が4%、ロスカット-3.5%はありえません。プロの指南ならば利確が4%ならばロスカットは1%前後、ロスカットが-3.5%ならば利確は10%以上と設定するはずです。さらに1つ目の問題点を考慮すれば4%×80~90%の利益幅という事になりますので、さらに厳しい状況になります。

これらの条件を踏まえ計算してみると100万円で10回勝負、勝率4割、利幅約3.6%、ロスカットライン-3.5%前後→勝ち(100万円×3.6%)×4回-負け(100万円×-3.5%)×6回=-66000円となります。

いかがでしょうか、ワントレードのやり方では最終的な利益は見込めない事は明らかですよね。こんな実績を堂々と掲載しているようでは、とてもプロがワントレードに在籍しているとは思えませんし、やはり株の素人が運営しているのではと考えてしまうのも無理ありませんよね。

以上、ワントレードの検証結果をまとめると、残念ながらワントレードを利用しても、
勝てる可能性は限りなく0に近く、株の素人が顧客に指南してしまっている悪徳投資顧問
と認定させていただきます。

よく読まれている記事

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 これから注目を集めるテーマ株を自動で抽出

 テーマ投資の進化系、下火テーマの予測も可能に

 勝率80%↑不二精機(6400)などの話題株を選定

 詳しく見る

AIP投資顧問
一押しワケ
を解説

 株価上昇のメカニズムを熟知

 現場第一主義、中野代表の現場力

 企業分析力はトップクラスの”一流”投資顧問

 詳しく見る

ワントレードへの口コミ

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 これから注目を集めるテーマ株を自動で抽出

 テーマ投資の進化系、下火テーマの予測も可能に

 勝率80%↑不二精機(6400)などの話題株を選定

 詳しく見る

TMJ投資顧問
一押しワケ
を解説

 外資証券出身「渡邉誠二」の分析能力

 会員の利益を最優先、抜群のサポート力

 金融マンとして築いてきた独自の情報網

 詳しく見る