株投資情報のファーストクラス 5件のレビュー(2.75/5)

株投資情報のファーストクラス

 株投資情報のファーストクラス

■追記記事(2018/3/12作成)
株式情報のファーストクラス」(旧トリプルエー・インベストメント )が閉鎖されました。運営会社「株式会社トリプルエー・インベストメント」は社名を「みらい投資顧問株式会社」と改め、新しいサイト名もそのまま「みらい投資顧問」となります。

検証記事でも言及していますが、「株式情報のファーストクラス」「トリプルエー・インベストメント」共に短命に終わった原因は、当サイト認定の悪徳サイト「トリプルエー投資顧問」と名前が似ている事による風評被害が原因と思われます。

「トリプルエー・インベストメント」の検証記事はこちらの検証ページで。

「みらい投資顧問」の検証記事はこちらの検証ページで。

※以下、「株式情報のファーストクラス」の検証記事になります。 上記の記事と合わせてご覧ください。

■検証記事

株投資情報のファーストクラスは優良投資顧問なのか悪徳投資顧問なのか。ネットの口コミ評判を見る限り、情報が不足しているようです。早速、HP等の検証を行っていきたいと思います。

まず株投資情報のファーストクラスが如何なる投資顧問サイトなのか確認していくと「膨大な情報を適切に分析し結果が出る情報を配信。初心者にも分かりやすい学べるサイト」と記載があります。

本サイトの運営を手掛けるのは投資顧問「株式会社トリプルエー・インベストメント」既に検証済みの「トリプルエー・インベストメント」という投資顧問サイトから「株投資情報のファーストクラス」へとリニューアルを行った模様‥

「トリプルエー・インベストメント」の検証の際にも懸念してましたが、やはり 悪徳サイト「トリプルエー投資顧問」の風評被害が予想以上だったのでしょうか‥

まぁここまで名前が似通ってしまえばしょうがないですが、HPにもある通り「トリプルエー投資顧問株式会社とは一切関係ありません」との事。じゃあ、なんで「トリプルエー」なんて社名・サイト名にしたのか理解に苦しみますね。

それはさておき、検証に戻ります。リニューアル前のサイトでは、正直評価できるポイントが見当たらなかったのですが、リニューアル後は改善されているのかどうか等を重点的に確認していきます。

HPを見ると、相変わらず「株で勝つ」や「絶対的な自信がある」「だから出せるんです驚異の利回り」などの 法令違反スレスレとも言える文言が目立ちます。

そして自称最強のアドバイザー陣として紹介されているのが、以下の以前と変わらぬ面々。

・菅下清廣 
国際金融コンサルタント、投資家、経済評論家、スガシタパートナーズ株式会社代表取締役、立命館アジア太平洋大学学長特別顧問。 ウォール街での経験を生かした独自の視点で相場を先読みし、日本と世界経済の未来を次々と的中させてきた「富のスペシャリスト」として名を馳せ、「経済の千里眼」との異名も持つ。
・近藤駿介
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実践経験を 持つと同時に、評論家としても活躍。
・三浦健一
自ら設立したベンチャーをバイアウトし、それを元手にエンジェル投資家として 100社に投資をしたベンチャーキャピタリスト。
・Kijinsan
大手証券会社出身の現役億トレーダー。素性は非公開なので不明。

彼らは広告塔に過ぎないので、正直いてもいなくても同じです。経歴ばっかり立派で実力ゼロなんて、よくあるパターンですから。

本サイトでは無料会員登録を受け付けているようですが、リニューアル前の会員は 勝手に登録されているようです。個人情報の取り扱いに厳しい金融業界では、こんな事あり得ません。リニューアルを周知した上で、希望者のみ会員として再登録すべきです。

安易な個人情報の横流しが命取りになりかねないご時世ですからね、投資顧問としての運営体制を見直すべきでしょう。それでは、株投資情報のファーストクラスのサービス内容を検証しましょう。

・株とチャートでお金持ちになる
菅下清廣氏が執筆するコラム。基本的に為替や日経平均などの値動きに関する言及が多いですが、誰でも分かる事をツラツラと書いているだけ。特に閲覧価値はないでしょう。
・鷹の目
近藤駿介氏が送るウィークリーコラム。基本的に時事ニュースを織り交ぜながら相場動向を語る内容になっています。
・投資の極意
三浦健一氏が送るコラム。株式投資と関係あるとは思えない内容が記載されており、意味不明なコラムです。
・無料購読メール(無料メルマガ)
コラムの更新情報や相場概況、注目銘柄が記載されています。
・スポット情報
今週の注目銘柄・ストラテジスト厳選銘柄情報が閲覧できるようです。

以上が無料サービスです。以下は有料コンテンツとなります。

◆エコノミークラス 料金:1ヶ月/500ポイント(5万円)
ウィークリーレポート(毎週月曜日配信)と注目銘柄3選(月1回以上配信)を配信。
◆ビジネスクラス  料金:1ヶ月/1000ポイント(10万円)
ウィークリーレポート(毎週月曜日配信)と注目銘柄3選(月2回以上配信)ストラテジスト厳選銘柄(不定期配信)を配信。
◆ファーストクラス 料金:1ヶ月/3000ポイント(30万円)
ウィークリーレポート(毎週月曜日配信)と注目銘柄3選(月2回以上配信)ストラテジスト厳選銘柄(不定期配信)銘柄相談(随時受付)を配信。

上記を見る限り、サービス内容は一切変わってないみたいですね。何のためのリニューアルだったのか‥その他、HPには実績(仕手株など)が記載されています。

肝心の投資助言の実力に関しても、以前と変わりがありません。基本的に前日急伸した銘柄など、ボラティリティの高い銘柄を好んで推奨しています。

典型的なのが、富士ピー・エス(1848)や青山財産ネットワークス(8929)、カイカ(2315)など。全て5/15の今週の注目銘柄で推奨されていますが、ジャスダックや東証2部の小型株且つ低位株。

↓実際のサイト画像↓
file338

この類の銘柄に動意づいてから乗っかるのは非常に危険です、もちろんハマれば強いとは思いますけど、やはり 勝率は低くなりがち。またロスカットが下手だと、とんでもない 大幅ロスカットの危険性すらあります。事実、上記3銘柄はロスカット ですし‥

投資顧問サイトとして 「最強のアドバイザー陣」を謳うわりには、あまりにも軽率な投資助言と言わざるを得ません。こんなギャンブル性の高い銘柄に手を出せる投資顧問は信用できませんし、当然お金を払う価値などないです。

やはりサイトリニューアルを行ったといっても、肝心の中身は何も変わっていないようですね。引き続き、本サイトの動向を注視していきたいと思います。

よく読まれている記事

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 これから注目を集めるテーマ株を自動で抽出

 テーマ投資の進化系、下火テーマの予測も可能に

 勝率80%↑不二精機(6400)などの話題株を選定

 詳しく見る

AIP投資顧問
一押しワケ
を解説

 株価上昇のメカニズムを熟知

 現場第一主義、中野代表の現場力

 企業分析力はトップクラスの”一流”投資顧問

 詳しく見る

株投資情報のファーストクラスへの口コミ

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 これから注目を集めるテーマ株を自動で抽出

 テーマ投資の進化系、下火テーマの予測も可能に

 勝率80%↑不二精機(6400)などの話題株を選定

 詳しく見る

AIP投資顧問
一押しワケ
を解説

 株価上昇のメカニズムを熟知

 現場第一主義、中野代表の現場力

 企業分析力はトップクラスの”一流”投資顧問

 詳しく見る