常勝株式リサーチ 評価なし0件のレビュー(0/5)

常勝株式リサーチ

 常勝株式リサーチ

常勝株式リサーチ優良投資顧問なのか悪徳株情報サイトを運営しているだけなのか。ネットの口コミ評判を見る限り、評価はイマイチ良くないようです。
早速、会員登録しHP等の検証をしていきたいと思います。

まず会員登録前のページで長々と常勝株式リサーチについて記載がありました。「急騰寸前の銘柄情報を無料で公開」「複数の情報源・国内屈指のリサーチ力」「専属アナリストによるサポート」など、利用者に期待を抱かせる内容が多かったです。

この急騰寸前の銘柄情報は過去に236%の利益を記録した事があるとの事。無料で大きな利益を生むことができるならば、それはすごい事ですよね。

また常勝株式リサーチの情報源からは、 「まだ市場に出回っていない極秘情報」により出遅れない最新情報をお届けするとの事。

これは期待できるかもしれないと思いつつ実績・無料銘柄の検証に入ったところ、すぐに その期待が裏切られる事実の数々が判明していきました。

まずは実績なのですが、HPには仕手株・材料株が多数記載されており、基本的に短期的に利益を得ているような印象です。しかしほとんど全てに実績について言える事なのですが、材料が出て株価が既に上昇し始めてから配信しているケースがほとんどなのです。

例えば フュートレック(2468)です。配信日2/4始値743円、高値日2/8高値804円で上昇率8%との事。チャートを見れば明白なのですが、フュートレックの株価は 2/2からS高を付けるなど上昇を開始しており、2/2の上昇要因は業績の黒字転換
file52

そして翌2/3の引け後に資本業務提携という大きな材料が発表されており、2/4は当然のようにS高の743円で1日中張り付いて引けています

そもそも一日中S高で利用者が743円で買えたかどうか、その後の値動きの激しい展開の中でどれだけの利用者の方が利確できたか怪しいものです。おそらくほとんどの方が2/9以降の急落局面(安値で533円)で耐え切れずロスカット でしょう。

どこが「まだ市場に出回っていない極秘情報」を提供なんでしょうか‥この実績によって極秘情報など持っていないことが判明しましたね。

そしてもっと問題なのは、 「専属アナリストによるサポート」のレベルが呆れるほど低い事です。もしHP掲載の実績が全て事実ならば、「材料が出たから買いましょう」という完全なる素人買いを推奨しているようなものです。

素人買いでも上手く利確できる事はありますが、買っている分の倍以上負けている可能性が高いと思ってください。HPには成功した例しか記載されていませんが、 それ以上のロスカットの実績が多いのは間違いないでしょう。

続けて検証日当日の無料銘柄なのですが、 ①RVH(6786)②じげん(3679)と直近で既に好業績の決算が発表されて株価が上昇している銘柄です。こんな誰でもできるような レベルの低い銘柄選定であれば、サイトを利用する価値はありませんし、 勝率は2割あればいいほうでしょう。
file53



案の定、本日の結果は ①RVH(6786)-7.1%下落②じげん(3679)-2.1%下落というものに‥ こんなレベルの低い株情報サイト、有料プランを利用する人などいるのでしょうか‥

もしご利用を検討されるのであれば、その前に一日株の勉強をしてください。 一日で常勝株式リサーチのプロの方々を超えられますよ笑

以上、常勝株式リサーチの検証結果をまとめると、「まだ市場に出回っていない極秘情報」を提供というのは完全に嘘であり、実績が事実だとしても素人買い推奨のレベルの低い悪徳株情報サイトと認定させていただきます。

よく読まれている記事

WSC(WorldStockChoice)
一押しワケ
を解説

 誰でも簡単に10倍期待の日米株へ投資が出来る!

 GAFAM超えも不可能ではない最強米国株を解析

 日米株の良いとこ取りを狙う次世代AIシステム

 詳しく見る

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 これから注目を集めるテーマ株を自動で抽出

 テーマ投資の進化系、下火テーマの予測も可能に

 勝率80%↑不二精機(6400)などの話題株を選定

 詳しく見る

常勝株式リサーチへの口コミ

  • まだコメントがありません。

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

WSC(WorldStockChoice)
一押しワケ
を解説

 誰でも簡単に10倍期待の日米株へ投資が出来る!

 GAFAM超えも不可能ではない最強米国株を解析

 日米株の良いとこ取りを狙う次世代AIシステム

 詳しく見る

グローイングAI
一押しワケ
を解説

 有名ファンドをも上回る運用実績

 「テラ」や「DLE」などの高騰銘柄を次々に抽出

 高性能AIが世の中のトレンドを解析

 詳しく見る