スリーネーションズリサーチ株式会社 評価なし1件のレビュー(NAN/5)

スリーネーションズリサーチ株式会社

 スリーネーションズリサーチ株式会社

スリーネーションズリサーチ株式会社優良投資顧問なのか悪徳株情報サイトを運営しているだけなのか。ネットの口コミ評判を見る限り、別の意味で悪評 が見受けられます‥
早速、HP等の検証を行っていきたいと思います。

まずスリーネーションズリサーチ株式会社が如何なる株情報サイトなのか確認していくと「有益な国際政治経済情報、市場分析レポートの提供を行っている」と記載があります。

同社で代表を務め、尚且つレポートや講演会まで請け負うのが「植草一秀」氏。
・プロフィール
1960年、東京都生まれ。東京大学経済学部卒。大蔵事務官、京都大学助教授、米スタンフォード大学フーバー研究所客員フェロー、早稲田大学大学院教授などを経て、現在、スリーネーションズリサーチ株式会社=TRI代表取締役。金融市場の最前線でエコノミストとして活躍後、金融論・経済政策論および政治経済学の研究に移行。現在は会員制のTRIレポート『金利・為替・株価特報』を発行し、内外政治経済金融市場分析を提示。

経歴だけ見れば、かなり立派な人物ですね。
キャリアとしては野村総研に勤務していた事もありますし、エリートという言葉がピッタリなのですが‥

「別の意味での悪評」について、ウィキペディアにも記載がありますが、実は植草氏は過去2度にわたる痴漢行為で逮捕 された過去を持つ人物なのです。
ネットで調べると、「ミラーマン」という異名を持っている事がわかります。
なんでも手鏡で女子高生の‥らしいです。

そんな 性犯罪者と言っても過言ではない植草氏は、出所後に講演活動を再開しているのだとか。

どんなに優秀な人物でも、性犯罪という卑劣な行為をする人物と関わる事はお勧めできません。
一体、 どの面下げて講演会を開催しているのだか‥

主なサービス内容
HPの「トピックス」を見ると、2008年6月以降、8年以上HPが更新されていない事が分かります。
これに関してはHP改修という理由があり、それまでは以下のブログにて情報発信するのだとか。

・植草一秀の『知られざる真実』
「マスコミの伝えない政治・社会・株式の真実・真相・深層を植草一秀が斬る」との事。
マスコミ批判や政治に関する内容がメインです。
「痴漢はでっち上げられた」、と主張している植草氏の個人的恨みを発散する場としか思えませんね‥

以下有料
・メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」
料金:月額/540円

・市場分析レポート『金利・為替・株価特報』
激動する現代経済社会の一歩先を読み解く手がかりとなる情報を『金利・為替・株価特報』として提供するとの事。
料金:毎号3部コース 年/48000円

その他、HPには実績等は掲載されていません。
同社は投資顧問ではないので、個別銘柄(仕手株など)の助言は行っていないようです。

ここまで全体的にHPを確認してきましたが、特に不審点はありません。
経歴だけ見れば輝かしく、エリートの典型とも言える人物。

しかし、「植草一秀」という人物に焦点を当てると、痴漢、ミラーマン、性犯罪者という評価ばかりが目につきます。

数ある犯罪の中でも、その 悪質性・質の悪さ・卑劣さが際立つ性犯罪を起こすような人物とは関わりを持つべきではありません。

経歴云々の前に「人」として「男」として、一度根性を叩き直す必要があるでしょうね。

よく読まれている記事

循環物色アナライザー
一押しワケ
を解説

 循環物色を先読みすることに特化した銘柄選定ロボ

 自動スクリーニングで買うべき銘柄が瞬時に分かる!

 下落相場でも200%超え、安定の解析精度!

 詳しく見る

TMJ投資顧問
一押しワケ
を解説

 外資証券出身「渡邉誠二」の分析能力

 会員の利益を最優先、抜群のサポート力

 金融マンとして築いてきた独自の情報網

 詳しく見る

スリーネーションズリサーチ株式会社への口コミ

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

循環物色アナライザー
一押しワケ
を解説

 循環物色を先読みすることに特化した銘柄選定ロボ

 自動スクリーニングで買うべき銘柄が瞬時に分かる!

 下落相場でも200%超え、安定の解析精度!

 詳しく見る

TMJ投資顧問
一押しワケ
を解説

 外資証券出身「渡邉誠二」の分析能力

 会員の利益を最優先、抜群のサポート力

 金融マンとして築いてきた独自の情報網

 詳しく見る