イカス(ICAS) 評価なし1件のレビュー(NAN/5)

イカス(ICAS)

 イカス(ICAS)

イカス(ICAS)優良投資顧問なのか悪徳株情報サイトを運営しているだけなのか。ネットの口コミ評判を見る限り、あまり評価は高くないようです。
早速、HP等の検証を行っていきたいと思います。

まずイカス(ICAS)が如何なる株情報サイトなのか確認していくと「”Investment Clubs Administrative Support” の頭文字を取り「イカス」と呼称。また、すべての資源を「活かす」ことを標榜し、投資クラブのサポートを通じて多くのみなさまのお役に立つべく活動を続けている」と記載があります。

また本サイトは、日本で初めての投資クラブ設立・運営をサポートするNPO法人として2000年に設立されたようです。
NPOというと特定非営利活動法人であり、イメージは善良なボランティアですが、現実的には一般的な企業とそこまで変わらぬ営利主義企業です。

そもそもNPOの定義から考えれば、このような株情報サイトを運営している事も不可解ではあります。 NPO法人だからと言って優良とは限らないし信用できるわけではない、という事を念頭に置き、以下の検証をご覧いただければと存じます。

HPを見ると、所謂「株情報サイト」という感じであり、しっかりと作りこまれています。
また比較的頻繁に更新されており、運営にも注力しているようです。

気になったのは、基本的に会員が参加していると思われる交流会やゴルフ会、カラオケ倶楽部などが開催されている事。
こうした交流が単なる遊びの場とは思えません。
何等かの勧誘があるのか、もしくはビジネスを発展させる場なのか‥

いずれにしてもNPO法人らしからぬ事をしていなければ良いのですが‥

主なサービス内容
本サイトは会員制であり、一般会員は無料で登録できるようです。
ただし、登録する際には住所や電話番号等の個人情報が必要になるので、ご利用は慎重に。

入会資格は「株式投資に興味を持たれている方は勿論、健全で楽しいアフターライフを送り、イカスの活動に積極的に参加可能な方であれば、性別、職業を問わず」との事。

会員特典としては以下が付与されます。
・各種イベントへの参加
・株式セミナーへの参加
・メールマガジン「イカス通信」の購読
・投資クラブの設立・運営支援
・イカス事務局での投資クラブ活動ボランティア
・メールマガジンへの記事投稿

やはりイベント参加には入会が必要だったようですね、結局イベントは有料コンテンツの営業の場という事なのでしょうか。

その他の無料コンテンツ
・活かす通信
月1回無料配布されるレポート。

・ブログ
「投資クラブの仲間と語ろう」というブログを運営しています。
相場概況が記載されているだけです。

以下有料
◆投資クラブ会員
一般会員の特典に加えて「最新の市場データ」が提供されるとの事。
料金:年間/36,000円

◆週刊イカス
イカス式投資法は、年率15%以上のリターンを目指すもので、テレビ東京のモーニング・サテライトやオープニングベルでも紹介された、投資クラブ・アドバイザーであるムッシュ望月(在仏8年)のオリジナルとの事。
料金:6ヶ月/13,000円

その他、HPに実績等は掲載されていません。
本サイトは投資顧問サイトではないので、個別銘柄(仕手株など)の助言等は行っていないようです。

ここまで全体的にHPを確認してきましたが、特に不審点はありません。
まぁNPO法人のサイトで不審点があったら問題ですよね‥

有料コンテンツも特段高額ではなく特にツッコミどころもないのですが、敢えてお勧めする要素がない のも事実。
また謎にイベントが充実している点も不可解と言えば不可解です。

特に批評する気はありませんが、やはりご利用は慎重に検討してからが賢明でしょう。

よく読まれている記事

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 これから注目を集めるテーマ株を自動で抽出

 テーマ投資の進化系、下火テーマの予測も可能に

 勝率80%↑不二精機(6400)などの話題株を選定

 詳しく見る

TMJ投資顧問
一押しワケ
を解説

 外資証券出身「渡邉誠二」の分析能力

 会員の利益を最優先、抜群のサポート力

 金融マンとして築いてきた独自の情報網

 詳しく見る

イカス(ICAS)への口コミ

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

循環物色アナライザー
一押しワケ
を解説

 循環物色を先読みすることに特化した銘柄選定ロボ

 自動スクリーニングで買うべき銘柄が瞬時に分かる!

 下落相場でも200%超え、安定の解析精度!

 詳しく見る

TMJ投資顧問
一押しワケ
を解説

 外資証券出身「渡邉誠二」の分析能力

 会員の利益を最優先、抜群のサポート力

 金融マンとして築いてきた独自の情報網

 詳しく見る