日経STOCKリーグ 評価なし0件のレビュー(0/5)

日経STOCKリーグ

 日経STOCKリーグ

日経STOCKリーグ優良投資顧問なのか悪徳株情報サイトを運営しているだけなのか。ネットの口コミ評判を見る限り、情報が不足しています。
早速、HP等の検証を行っていきたいと思います。

まず日経STOCKリーグが如何なる株情報サイトなのか確認していくと「中・高・大学生のための株式学習コンテスト」と記載があります。

本サイトはHPというよりは、参加申込ページという感じですね。
運営を行っているのは新聞大手の「株式会社日本経済新聞社」であり、同社は「日経未来投資プログラム」というコンテストも開催しています。

共に、野村グループ協賛で行われており、「日経未来投資プログラム」が初心者向けなのに対し、日経STOCKリーグは学生向け。
まぁ学生もほとんど初心者でしょうから、敢えて分ける必要があるのか疑問ですが‥

何はともあれ、日経新聞と野村グループが開催している株式投資コンテストという事なので、「悪徳」という可能性は皆無です。

主なサービス内容
冒頭でお伝えした通り、本サイトはHPではないので特にコンテンツは用意されていません。

・バーチャル株式投資
支給される仮想の500万円を元手に実際の株価に基づいて、インターネットで株式売買シミュレーションを行い、ポートフォリオの作成、運用を体験する事ができるシステム。株の模擬売買を体験する中で、株式投資そのものについて学ぶだけでなく、経済・金融の仕組み、働きを理解してもらう事を目的としているとの事。

主に以下のような方が参加しています。
・株式に興味はあるけど、実際に売買するのはまだちょっと不安
・実際に売買もしてるけど、それ以外の気になる銘柄もウオッチしたい
・株式の勉強をしてみたい
・クラスメート、友達や家族と一緒に参加して競ってみたい
・友達を誘ってグループ参加
・なんとなくおもしろそう

参加費は無料であり、最優秀チームは海外研修旅行に招待されるようです。
なお、2017年になってから同コンテストは開催・募集されていません。

日本の若者が学生のうちから経済・金融に興味を持つのは非常に意義ある事だと思います。
特にリアルに近い株式投資を体験する事で、自然と新聞やニュースを見るようになりますし、今までと違った視点・感覚も得られるでしょう。

もはや学校の授業の一環としてもいいくらいだと思います。
教科書だけ読んでても意味ないですからね‥

話が逸れましたが、学生の皆さんは是非積極的にコンテストに参加されるべきかと思いますよ。

よく読まれている記事

循環物色アナライザー
一押しワケ
を解説

 循環物色を先読みすることに特化した銘柄選定ロボ

 自動スクリーニングで買うべき銘柄が瞬時に分かる!

 下落相場でも200%超え、安定の解析精度!

 詳しく見る

TMJ投資顧問
一押しワケ
を解説

 外資証券出身「渡邉誠二」の分析能力

 会員の利益を最優先、抜群のサポート力

 金融マンとして築いてきた独自の情報網

 詳しく見る

日経STOCKリーグへの口コミ

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

循環物色アナライザー
一押しワケ
を解説

 循環物色を先読みすることに特化した銘柄選定ロボ

 自動スクリーニングで買うべき銘柄が瞬時に分かる!

 下落相場でも200%超え、安定の解析精度!

 詳しく見る

AIP投資顧問
一押しワケ
を解説

 株価上昇のメカニズムを熟知

 現場第一主義、中野代表の現場力

 企業分析力はトップクラスの”一流”投資顧問

 詳しく見る