TBL投資アカデミー 評価なし0件のレビュー(0/5)

TBL投資アカデミー

 TBL投資アカデミー

TBL投資アカデミー優良投資顧問なのか悪徳株情報サイトを運営しているだけなのか。ネットの口コミ評判を見る限り、やや悪評 が多く感じます‥
早速、HP等の検証を行っていきたいと思います。

まずTBL投資アカデミーが如何なる株情報サイトなのか確認していくと「難しそうと思いがちな株式投資をシンプルで分かりやすく解説する」と記載があります。

具体的には以下が掲げられています。
・世界で教える経験から導き出された日本人に最適な講座内容
・理論の説明と共にリアルタイムの動きを説明、明日からの戦略がわかる
・対面授業、動画、DVDなどを通じてどこでも学ぶことができる
・講師は世界の市場で活躍する現役のプロトレーダー

また本サイトの特徴としては
・投資家心理を体現化、現在の状況と心理を理解する事で次の行動がわかる
・実践中心の講義で、理論だけでなく今日の取引から使える投資戦略が立てられる
・時間と場所の制約から解放、対面・ネット抗議などライフスタイルに合わせたコースが選べる
・講師はプロの講演家で国際的なコンサルタント

上述のように、HPには宣伝文句が目立ちますね。
まぁ、こういった株スクールで重要なのは講師の質ですね。

講師を務めるのは代表も兼任する「J.Jung」氏。
彼が一体どういう人物なのか‥全く説明がなく投資実績(仕手株など)も分かりません。
分かるのは彼が中国か台湾人である事と、自称「プロの講演家」という 謎の肩書だけです‥

そもそも何故彼が母国でなく日本でこのようなビジネスを展開しているのかもですね。
会社所在地も香港ですからね‥

主なサービス内容
・日経概況
米国や日本の相場動向が記載されています。
内容は比較的充実していますが、特筆すべきレベルではありません。

・TBLの幸せ投資ライフメルマガ
頻繁にコミュニケーションを行うことにより投資の本質的な知識を身に付けることができるメルマガと説明があります。
しかし、全くメルマガが配信されてきません‥登録しても意味なさそうです。

以下有料
・TBL投資アカデミー体験セミナー
料金:5000円

・ベーシック講座
投資の本質を理解して初心者でも一人で投資計画が立てられるようになる講座との事。
料金:250,000円

・上級講座
プロを目指す投資家向けTBL投資アカデミーの専門講座。投資の専門技術を身につけ、長・短期の戦略を自由に組み合わせてビジネルレベルの利益を作り出せることを目標にしているとの事。
料金:350,000円

・インターネット受講コース
時間と距離、デバイスの制約をなくしてTBL投資アカデミージョン代表の分かりやすい講座を受講出きる便利なコース。
料金:ベーシック/160,000円 上級/250,000円

・DVDパッケージ
時間と距離、インターネット環境の制約までなくしてTBLの講座を学ぶことができる。
料金:160,000円

正直言って、全体的にかなり高額 です。
どこの馬の骨かも分からない外国人で、しかも自称「プロの講演家」の講座にこんな大金払う人がいるのでしょうか‥

そして最後に、これは他の比較系サイトでも指摘されていますが、会社の設立は「2013年2月22日」と記載があります。
しかし、受講生の声を見るとほぼ全員が「 2012年に授業に参加」となっています‥

これは一体どういう事なのでしょうか‥
本サイト設立前にも講座を開校していたのか‥ 実績捏造の類なのか
真相は定かではありません。

以上、TBL投資アカデミーの検証結果をまとめると、全体的にやや「怪しい 」という印象は拭えません。
料金も高額ですし、利用は控えるべき かと‥

よく読まれている記事

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 これから注目を集めるテーマ株を自動で抽出

 テーマ投資の進化系、下火テーマの予測も可能に

 勝率80%↑不二精機(6400)などの話題株を選定

 詳しく見る

AIP投資顧問
一押しワケ
を解説

 株価上昇のメカニズムを熟知

 現場第一主義、中野代表の現場力

 企業分析力はトップクラスの”一流”投資顧問

 詳しく見る

TBL投資アカデミーへの口コミ

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 これから注目を集めるテーマ株を自動で抽出

 テーマ投資の進化系、下火テーマの予測も可能に

 勝率80%↑不二精機(6400)などの話題株を選定

 詳しく見る

TMJ投資顧問
一押しワケ
を解説

 外資証券出身「渡邉誠二」の分析能力

 会員の利益を最優先、抜群のサポート力

 金融マンとして築いてきた独自の情報網

 詳しく見る