東京銘柄 評価なし0件のレビュー(0/5)

東京銘柄

 東京銘柄

東京銘柄優良投資顧問なのか悪徳株情報サイトを運営しているだけなのか。ネットの口コミ評判を見る限り、 悪評が優勢ですね‥
早速、HP等の検証を行っていきたいと思います。

まず東京銘柄が如何なる株情報サイトなのか確認していくと「株式相場はディーラーとファンドが創る、その仕掛け方と対象銘柄を徹底公開」と記載があります。

まぁ俗に言う大口は基本的にディーラーやファンド勢が多いのは事実ですが、彼らが情報を垂れ流す事は考えづらいですよね。
もし事実だとすれば、とんでもない事ですが、実際どうなのでしょう‥

本サイトが「騰がる銘柄」を入手できる理由としては、「代表の若林が40年近く兜町で築いた証券業界の人脈により、私たちは「大小の証券会社合わせて9社の投資戦略」を共有することができる」のだとか。

代表の若林氏や「証券ディーラー」という肩書の白石氏という人物の顔写真が公開されていますが、どこの代表でどこの証券ディーラーなのでしょうか?

本サイトの運営元となる会社の情報はHPには一切記載されていません。
さらに言うと、もし本物の証券ディーラーが本サイトで情報提供を行っており、顔写真を公開していたら、速攻でクビになります。
っというか、 こんな低俗なサイトに協力している段階で3流ディーラーだったのでしょうが‥

本サイトの主張する具体的な情報収集方法ですが、
・各社ともディーラールームへの携帯電話の持ち込みは禁止されていることから、出勤前の各社ディーラーと連絡を取り合い『ディーラーが近々狙う銘柄』を収集
・各ディーラーの元には「大口ファンドの資金移動」に関する情報が集まる
と、ディーラー経由で情報を集めている事が分かります。

私の知る限り、ディーラー達は余程自分自身に得がない限りそんな事はしません。
正直、嘘の可能性が高い と思います。
事実だとしても、それこそディーラー達の利食いに利用されているだけの可能性もあります。

主なサービス内容
本サイトでは有料コンテンツはなく、以下の無料コンテンツのみ用意されています。

◆メールマガジン
兜町の生の情報が手に入るメールマガジン
具体的な内容は以下の2つに分かれています。

・ディーラー銘柄
朝と毎夕刻の2通を配信。朝に証券ディーラーが短期で狙う約20銘柄を厳選配信し、 夕刻に上昇した銘柄の手口やディーラーの思惑をご紹介

・ファンド銘柄
長期でファンドが仕掛ける銘柄レポートを月1〜2本配信。
その他、対象となる銘柄の進捗やファンドの動向を随時配信。

HPではそれぞれについてより具体的な説明がなされているのですが、最後に「情報をベースに、その戦略と対象銘柄を把握、投資スタイルに合わせた確実な利益へとお繋げください」という文言が‥

「確実」というNGワードを堂々と使っています‥
完全に「断定的判断の提供 」です。
元証券マンのくせに、どうなっているのでしょうか‥

◆ブログ
銘柄の更新情報や相場レポート、上昇した実績が記載されているブログです。

その他、HPには実績(仕手株など)が掲載されています。

ここまで全体的にHPを確認してきましたが、 正直胡散臭いですね。
会社情報が記載されておらず信用できませんし、出社前のディーラーから電話で情報収集というのも、私の経験上はあり得ません。
大体、ディーラーによってはナイトセッションしかやらない人もいますからね‥

まぁ「断定的判断の提供」を堂々とHPで行うくらいですから、素人に毛が生えた程度の人間が運営しているサイト なのでしょう。

ちなみにネット調べによると、HPの若林氏の画像は、「一般社団法人 日本LCQS生命保険証券診断士協会」という団体の会長「竹内 孝夫」氏の画像を加工したもののようです。
やっぱりか‥という感じです。

真面目に検証してきて損しました。
単なる捏造と嘘で塗り固めた悪徳サイトだったのですね。

よく読まれている記事

WSC(WorldStockChoice)
一押しワケ
を解説

 誰でも簡単に10倍期待の日米株へ投資が出来る!

 GAFAM超えも不可能ではない最強米国株を解析

 日米株の良いとこ取りを狙う次世代AIシステム

 詳しく見る

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 これから注目を集めるテーマ株を自動で抽出

 テーマ投資の進化系、下火テーマの予測も可能に

 勝率80%↑不二精機(6400)などの話題株を選定

 詳しく見る

東京銘柄への口コミ

  • まだコメントがありません。

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

WSC(WorldStockChoice)
一押しワケ
を解説

 誰でも簡単に10倍期待の日米株へ投資が出来る!

 GAFAM超えも不可能ではない最強米国株を解析

 日米株の良いとこ取りを狙う次世代AIシステム

 詳しく見る

グローイングAI
一押しワケ
を解説

 有名ファンドをも上回る運用実績

 「テラ」や「DLE」などの高騰銘柄を次々に抽出

 高性能AIが世の中のトレンドを解析

 詳しく見る