トレーダーズ・プレミアム 評価なし2件のレビュー(0/5)

トレーダーズ・プレミアム

 トレーダーズ・プレミアム

トレーダーズ・プレミアムはどのような株式投資情報サイトなのか調べると口コミ評判評価はイマイチ‥その理由は有料サービスと無料情報とのバランスにあるようです。

<検証ポイント>
・無料情報は親サイトが提供
・プレミアムは、ただの有料サービス案内ページ

まず「トレーダーズ・プレミアム」が如何なる株式投資情報サイトなのか確認していくと『豊富な銘柄情報とアイディアで導く、株式投資の羅針盤。投資成績向上につながる株式情報とサービスを提供する』と記載があります。

どのような位置づけかというと、トレーダーズ・プレミアムは、あの有名な株式投資情報サイト「トレーダーズウェブ」が提供する有料サービスページという扱いになります。

個人投資家の皆さまなら、一度は目にした事があると思いますし、その(無料コンテンツの)情報充実度は群を抜いていると思います。無料コンテンツが充実しているので、有料まで利用する価値があるかどうかを重点的に確認していきましょう。

トレーダーズウェブの無料コンテンツはかなり豊富です。株式投資情報の質・量、共に申し分ないですね。日本株・IPO・信用取引・投資ツール・米国株・中国株・外国為替・経済データ等

一方、トレーダーズ・プレミアムの有料情報は以下の通りです。

料金月額/10,800円
株式投資に取り組んでいる個人投資家を情報力や分析力でサポートするため、法人向けに 提供している 『トレーダーズ・ダイレクト』 に準拠したリアルタイム株式情報に、アナリストによる『推奨銘柄』や『分析機能』などを融合させたサービス。
❶豊富な銘柄情報‥『話題の銘柄』 や 『レーティング一覧(朝版)』 など
❷便利な分析ツール‥『トレーダーズ・コンパス』というテクニカル分析ツールや毎月1回、アナリストによるアドバイスがマンツーマンで受けられる
❸充実のIPO情報‥PO投資を上場承認から初値決定まで一貫してサポート

その他にも、忙しい方向けに上記の情報をメール配信する「会員メルマガ」などもあるようです。

上記有料会員サービスについてですが、少々拍子抜けですね‥
まずIPO情報なんて他の無料サイトで十分に得られるので、有料の必要はありません。

また分析ツールなども無料サイトや証券会社の取引ツールなどで十分に対応可能な範囲ですし、投資相談サービスは投資顧問サイトなら無料で当然の業務です

唯一、使えそうなのは豊富な銘柄情報ですね。特に短期投資向けの「一番搾り」は、業績・テクニカル・需給をアナリストが分析し、毎朝1銘柄提供するようです。

基本的に日計りから5日間程度の短期勝負で、空売り版もあります。HPには実績としてはパフォーマンスが記載されており、全体的に6割ほどの勝率を誇っています。銘柄の傾向としては、仕手株系から大型株もありますね。

●微妙な勝率宣言
勝率6割と聞けば、優秀な感じがしますが、勝敗の判定ルールがなんだか微妙ですね。提供から5営業日の高値と最終日の終値の平均値が、提供日の始値を上回っていれば勝ちという事みたいです。

「短期トレード」目線ならば、寄りで買って下がって損切りになる事もありますからね。その後上昇しても意味ありませんよ。そもそも日計りから5日間なんてちょっと期間を長く見過ぎですよ。せいぜい2日か3日くらいが限度。

要するに、本サイトの主張する「勝率6割」は必ずしも利用者の勝率に直結するわけではないという事です。

以上、トレーダーズ・プレミアムの検証結果をまとめると、無料コンテンツの充実度はトップクラスである反面、有料サービスについてはやや物足りない印象です。

一先ずは、無料コンテンツのみの利用で良いのではないかと思います。

よく読まれている記事

循環物色アナライザー
一押しワケ
を解説

 "今買うべき銘柄"を教えてくれる銘柄選定ロボ

 循環相場のサイクルを先読み!急騰候補株を選定

 今の相場でこそ活躍が期待できる万能アイテム

 詳しく見る

AIP投資顧問
一押しワケ
を解説

 株価上昇のメカニズムを熟知

 現場第一主義、中野代表の現場力

 企業分析力はトップクラスの”一流”投資顧問

 詳しく見る

トレーダーズ・プレミアムへの口コミ

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 市況や材料からAIが次に来るテーマを事前予測

 空売りの指標としても使える最先端株ツール

 3700以上の銘柄を一括診断!

 詳しく見る

TMJ投資顧問
一押しワケ
を解説

 外資証券出身「渡邉誠二」の分析能力

 会員の利益を最優先、抜群のサポート力

 金融マンとして築いてきた独自の情報網

 詳しく見る