さくら投資顧問株式会社 評価なし0件のレビュー(0/5)

さくら投資顧問株式会社

 さくら投資顧問株式会社

さくら投資顧問株式会社優良投資顧問なのか悪徳株情報サイトを運営しているだけなのか。ネットの口コミ評判を見る限り、 悪評が優勢ですね‥
早速、HP等の検証を行っていきたいと思います。

まずさくら投資顧問株式会社が如何なる投資顧問サイトなのか確認していくと「相場の勝者となるために。数多くの修羅場を潜り抜けてきたプロトレーダーたちが、高度な戦略と確かな戦術であなたの投資活動を応援する」との事。

HPは大分簡素というか手抜きと言える構成であり、サービス概要をパッと見た感じではありますが、投資助言でも株式(仕手株など)ではなくFXに特化している事がわかります。

またネット上では良い内容の口コミがほとんどないのですが、「お客様のご感想」がHPには掲載されている事に思わず首を傾げてしまいました‥
会社名と同じ「さくら」でなければいいですが‥

それはさておき、同社の主軸として助言を行うのがFX専業トレーダー「植木良太」氏。
植木氏のプロフィールなどをネットで確認しようとしたのですが、特に見当たらず、出てくる情報といえば「FX関連の情報商材」を販売しているという事だけです。

なお、その情報商材のネット上における評価は「詐欺商材 」「結果、自己裁量なので勝率は上がらない」「配信される情報が甘い」など 散々ですね‥

そんな植木氏のトレードスタイルは「スイングトレード」。
「常に大きなトレンドを狙いつつも、比較的短期なトレンドの波も捉え、基本的にチャート(相場)に張り付く必要はない。 また、各国の重要経済指標の結果を見据えた、「短時間で大きく動くタイミング」を狙ったエントリーも、大きな武器となる」と記載されています。

主なサービス内容
・無料メールセミナー
FX専業トレーダー植木良太氏が、投資についての考え方、勝ち組投資家に入るための相場観を伝授します。また、投資活動に欠かせない相場情報をウィークリーでお届けするとの事。
「セミナー」と言いながら、実際は発表済みの経済指標とコメント、情報商材の宣伝が記載されているだけです。

以下有料
◆植木良太のFX投資情報
現役のFX専業トレーダー“植木良太”が、ファンダメンタルやテクニカルなどの要素を総合的に分析し、独自の相場観や具体的な投資戦略・エントリーポイントをウィークリーでお届け。そして、個人投資家の多くが見落としているFXでは必要不可欠なスキルを、納得いくまで、徹底的に学ぶことができるとの事。

サービス内容としては以下の3つが記載されています。
・為替マーケットの分析及び投資戦略のレポート
・為替通貨ペア毎の投資判断のレポート
・植木良太のFXセミナーDVD
レポートのサンプルを見ましたが、FX投資情報ではありますが 「シグナル配信」ではありません
単に、保有ポジやペアごとの投資スタンス・エントリーポイント目安が記載されているだけでした。
料金:月額/10,800円

その他、HPには配信実績が公開されていますが、「セミナーDVD等によりトレードの基礎的スキルを身に付けて取引を行った場合のトレード例」との事なので、何の参考にもなりません。

ここまでHPを全体的に見て、不審点はありません。
しかし、肝心の植木良太氏がどういった人物なのかが全く分からず、イマイチ 信用するに足らないといった印象です。
「カリスマトレーダー」なんて、言うだけならタダですし、カリスマならシグナル配信を行うべきです。

またコンテンツも無料・有料が1つずつあるだけで充実しているとは言えず、ネット上の評判も悪評が優勢 とくれば、 同社をお勧めする理由はありませんね。
「悪徳」とまでは断言できませんが、特に関わる必要はなさそうです。

よく読まれている記事

WSC(WorldStockChoice)
一押しワケ
を解説

 誰でも簡単に10倍期待の日米株へ投資が出来る!

 GAFAM超えも不可能ではない最強米国株を解析

 日米株の良いとこ取りを狙う次世代AIシステム

 詳しく見る

グローイングAI
一押しワケ
を解説

 有名ファンドをも上回る運用実績

 「テラ」や「DLE」などの高騰銘柄を次々に抽出

 高性能AIが世の中のトレンドを解析

 詳しく見る

さくら投資顧問株式会社への口コミ

  • まだコメントがありません。

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

WSC(WorldStockChoice)
一押しワケ
を解説

 誰でも簡単に10倍期待の日米株へ投資が出来る!

 GAFAM超えも不可能ではない最強米国株を解析

 日米株の良いとこ取りを狙う次世代AIシステム

 詳しく見る

グローイングAI
一押しワケ
を解説

 有名ファンドをも上回る運用実績

 「テラ」や「DLE」などの高騰銘柄を次々に抽出

 高性能AIが世の中のトレンドを解析

 詳しく見る