コネクト(connect) 10件のレビュー(1/5)

コネクト(connect)

 コネクト(connect)

コネクト(connect)優良投資顧問なのか悪徳株情報サイトを運営しているだけなのか。ネットの口コミ評判を見る限り、良い評価は少ないようです。 早速、会員登録してからHP等を検証していきたと思います。

コネクトとは如何なる会社なのか見ていくと「仕手筋やファンド筋、株式投資に携わる一流の情報を揃え、一般的な投資顧問や証券会社などでは契約できない特別な情報筋からの情報を取り扱っている」との事。

また、会員一人ひとりの資産状況や運用スタイルに合わせ専属のプランナーをつけてくれ、テクニカル、ファンダメンタルなど、株式投資のプロフェッショナルだからこそできる専門分野でのサポートが可能との事です。

ちなみに、プランナーの中には高学歴の元証券マンや、元ファンドマネージャーなどが在籍しているようです。

もし事実ならば評価できる投資顧問なのでしょうが、私は疑い深い性格なので‥

という事で、コネクトの実力を確かめるべくHP掲載の実績を検証していきたいと思います。
実績を見ていくと、他サイト同様、仕手株やテーマ株が多く掲載されています。

また銘柄ごとに上昇した要因が記載されており、これはもしや本物かと期待しかけた時、高値を付けた日時と上昇理由が合わない銘柄を発見 高してしまいました。

それはアライドアーキテクツ (6081)です。
file50

HPには2/29株価680円で推奨、 4/18株価1630円で高値と掲載されており、上昇要因は「子会社であるReFUEL4 Pte. Ltd.について、米Facebook, Inc.が年間で最も革新的なマーケティングサービス/テクノロジーを選出し表彰する「2016 Facebook Innovation Spotlight」を、クリエイティビティ部門において受賞したと発表したことが買い材料となりました。」との事。

普段から株式市場をチェックしている方なら、 「は?」って感じですよね。この時期アライドアーキテクツが上昇した本当の上昇要因は大きく分けて2つあり、

4/13に「Weibo」の公式マーケティングパートナーである北京天下秀科技有限公司(IMS社)と日本で初めて正規販売代理契約を締結したと発表した。

4/14大引け後に、提供するイベントキュレーションアプリ「watav」において、人工知能によってイベント主催者と参加者の最適なマッチングを可能にする「パーソナライズ型イベントレコメンド」のシステムを新たに搭載すると発表した。
というビッグニュースによるものなのです。

そして コネクト自慢のプロが考える上昇要因である「「2016 Facebook Innovation Spotlight」を、クリエイティビティ部門において受賞したと発表」というニュースは 4/28に発表されたものなのです。

株式投資のプロが2月から推奨開始している銘柄の2大ビッグニュースを見逃し、高値後の材料を掲載する事なんてありえないですよね。

なぜこんな事が起きているか考えてみると、残念ながらいつもと同じ結論に至りました。

掲載している実績は嘘であり、過去に急騰していた銘柄を適当に選別→信憑性を出すためネットで上昇した理由を探しHPに掲載したが、株の素人が運営しているためニュースの日時までは確認しておらずこのような現象が起こったのでしょう。

嘘の実績を掲載するにしてもプロが銘柄選別やニュースを確認すれば同様の事は起こりえないので、元証券マンや元ファンドマネージャーなど在籍していない事も同時に判明してしまいましたね‥

以上、コネクトについての検証をまとめると、HPに掲載している実績は完全に嘘であり、元証券マンや元ファンドマネージャーなど在籍していない、株の素人が運営している悪徳株情報サイトと断定させていただきます。

よく読まれている記事

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 市況や材料からAIが次に来るテーマを事前予測

 空売りの指標としても使える最先端株ツール

 3700以上の銘柄を一括診断!

 詳しく見る

AIP投資顧問
一押しワケ
を解説

 株価上昇のメカニズムを熟知

 現場第一主義、中野代表の現場力

 企業分析力はトップクラスの”一流”投資顧問

 詳しく見る

コネクト(connect)への口コミ

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 市況や材料からAIが次に来るテーマを事前予測

 空売りの指標としても使える最先端株ツール

 3700以上の銘柄を一括診断!

 詳しく見る

TMJ投資顧問
一押しワケ
を解説

 外資証券出身「渡邉誠二」の分析能力

 会員の利益を最優先、抜群のサポート力

 金融マンとして築いてきた独自の情報網

 詳しく見る