シャインワークス 評価なし0件のレビュー(0/5)

シャインワークス

 シャインワークス

シャインワークス優良投資顧問なのか悪徳株情報サイトを運営しているだけなのか。ネットの口コミ評判を見る限り、評価はあまり高く無いようです。
早速、HP等の検証を行っていきたいと思います。

まずシャインワークスが如何なる株情報サイトなのか確認していくと「デイトレード、短期投資を中心に株式投資情報を配信します。株式投資に関する投資法もご紹介する」との事。

HPを見るとやや古臭い印象を受けますね。
また投資助言サイトとしての強みや特徴も記載されておらず、凡庸 さが伺えます‥

会社概要の「主な業務内容」には助言業務の他に以下の内容が確認できました。

file231

これだけ様々な事に手を出していると 「助言業務」は本業じゃないのでは?と思えてきます。
片手間でできるほど株式投資助言業務の世界は甘くないですからね‥
舐めてもらっちゃ困りますよ。

さらに会社所在地は「兵庫県三木市宿原81-3」。
兵庫県の ド田舎ですが、ここで一体どうやって情報収集するのでしょうか?

業務内容がこれだけ多岐に渡ると、頻繁に都市圏に行けるとは思えませんし。
もしネットで得た情報を横流ししているだけなど適当な仕事ぶりならば、それは許しがたい行為です。

主なサービス内容
・デイトレで楽々ネット生活始めよう・資産有効活用(無料メルマガ)
デイトレで稼ぎ続ける私の考え方と明日上げてくるであろう銘柄を予測し推奨するとの事。
しかし実際の内容はセミナーへの勧誘など宣伝がメインのようです。

・片手間で副収入!新規公開株でガッポリ儲ける方法! (無料メルマガ)
生涯を通して投資について、わかり易く解説し共に成長していくことの出来るメールマガジン。
こちらもセミナーの勧誘など宣伝がメインです。

・不動産投資でミリオネア!ガッポリ稼ぐ不動産入手方法(無料メルマガ)
株式投資とは関係のないメルマガ

・コンパスガイドシステムトレード無料レポート
同社が開発したシステムのノウハウが記載されたレポート。

・株式投資で稼ぎ続ける極意
株式投資の考え方が記載されているレポートとの事ですが、既に廃止済みのコンテンツのようです‥

・ブログ
株式投資や不動産投資に関するわかりにくい箇所をわかりやすく解説しているとの事。
しかし2006年8月8日を最後に10年以上更新されていません‥

以下有料
・デイトレードで楽々ネット生活
株式投資で本当に稼いでいる人だけが使っている、本物のデイトレード必勝法を公開しているとの事。
料金:64,800円

・噴き上げカウントダウン投資法
15年の投資歴から編み出した短期投資ノウハウ
料金:29,800円

・サクセスオンリートレード
素人でも年300%の利益を出せる、明日からでも負け知らずで稼ぎ続ける事が出来る、そんな投資法をご紹介しているとの事。
料金:53,800円

・ブルファイター投資法
同社が開発した日本で初めての『噴き上げ銘柄抽出ソフト』&ノウハウ解説書との事。
約4000銘柄中、値上り率ランキング 1位の銘柄を簡単に抽出できるんだとか‥
料金:49,800円

その他、HPには取引報告書を掲載した実績(仕手株など)が公開されていますが、どれも6年以上前のものばかり。
とても信憑性が高いとは言えません。

そもそもブルファイター投資法がそんなに凄いシステムならば、 他の有料情報商材は全部不要という事になってしまいませんか?

全体的に胡散臭い文言が多いですし、 不信感が募りますね。

以上、シャインワークスの検証結果をまとめると、会社所在地はド田舎、また 片手間で助言業務を行い、胡散臭い文言で高額な情報商材やシステムを売りつけている実態が確認できました。
当然、利用は控えるべき と提言させていただきます。

よく読まれている記事

WSC(WorldStockChoice)
一押しワケ
を解説

 誰でも簡単に10倍期待の日米株へ投資が出来る!

 GAFAM超えも不可能ではない最強米国株を解析

 日米株の良いとこ取りを狙う次世代AIシステム

 詳しく見る

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 これから注目を集めるテーマ株を自動で抽出

 テーマ投資の進化系、下火テーマの予測も可能に

 勝率80%↑不二精機(6400)などの話題株を選定

 詳しく見る

シャインワークスへの口コミ

  • まだコメントがありません。

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

WSC(WorldStockChoice)
一押しワケ
を解説

 誰でも簡単に10倍期待の日米株へ投資が出来る!

 GAFAM超えも不可能ではない最強米国株を解析

 日米株の良いとこ取りを狙う次世代AIシステム

 詳しく見る

グローイングAI
一押しワケ
を解説

 有名ファンドをも上回る運用実績

 「テラ」や「DLE」などの高騰銘柄を次々に抽出

 高性能AIが世の中のトレンドを解析

 詳しく見る