ゴルトレ225 評価なし10件のレビュー(0/5)

ゴルトレ225

 ゴルトレ225

ゴルトレ225優良投資顧問なのか悪徳株情報サイトを運営しているだけなのか。ネットの口コミ評判を見る限り、あまり評価は高くないようです。
早速、HP等の検証を行っていきたいと思います。

まずゴルトレ225が如何なる株情報サイトなのか確認していくと「経験なし、裁量なしで年100万円以上稼いだ投資法」と記載があります。

本サイトでは株式(仕手株など)ではなく日経225を対象としたシステムトレード手法(情報商材)を紹介しています。

HPはペラ1のセールレター。
冒頭から「簡単・楽ちん・実用的」などと謳っていますね‥

そんな本商材の特徴としては以下が掲げられています。

・エントリーは月平均3回程度
・勝率7割の圧倒的安定感
・トレード1回あたりの平均利益8万円
・前日に1分、翌午前に1分、午後に1分。1回のトレードでかかる時間はこれだけ

尚、上記の勝率と平均利益は2013年の話ですから、2017年現在から見れば 情報が古いし何の参考にもなりません。それにしても アベノミクス相場に便乗した感満載ですよね‥

そんな本商材の考案者は「伊藤ススム」という人物。

・プロフィール
1957年生まれ、会社経営者・投資家。
学生時代に100万円を元手にして株式投資を始める。バブル崩壊後も今日に至るまで、所謂「空白の20年」も勝ち続けてきた。投資種目は日経225先物だけにとどまらず、様々な資産運用を展開し莫大な資産を築く。今回初めて自身の投資手法を公開することになった、天才投資家としてたどりついた「X-day225」。経済学や金融工学に造詣が深く、独自の相場哲学を完成してきた彼の決定版である。

上記のプロフィール‥ 大分イタくないですか?
会社経営者で莫大の資産があるのにアベノミクス相場に便乗して1,000円の商材を一生懸命考案したって事ですよ‥

話の辻褄が合ってないですよね?金持ちの会社経営者がこんなしょうもない商材ビジネスをするとは思えません。しかも 自称「天才投資家」とか言ってますし‥

さらにセールレターには自身のネット証券口座?の余力残高画面が貼ってあり、2億円余りという事を自慢しています。

本当の金持ちで会社経営者で天才投資家は、こういう バカみたいな自慢はしません。
イタ過ぎて見てられないし、全体的に 信憑性が低いように思えてきます。

主なサービス内容
本サイトでは無料会員登録を受け付けておらず、また無料コンテンツも用意されていません。「ゴルトレ225」のみが紹介されています。

◆ゴルトレ225
ある秘密の数値を使って、ピンポイントで利益を狙えるロジックを組み込んだ手法との事。具体的には「エントリー自動計算ファイル」なるものがロジックの根幹を担っているみたいです。

またセールレターには以下のような問題発言も見受けられます。
「ゴルトレ225を実践したなら、あなたの成功はもう約束されたも同然かもしれません。」

これでは利用者が「確実に儲かる」という誤解をしてしまいますね。
この手の過剰な宣伝文句は本業界における 御法度です。

投資において「成功が約束される」なんて事は100%あり得ません。
会社経営者のくせに最低限のルールすら守れない人物 なんですね‥

特典としては以下が付与されます。
・エントリー自動計算ファイル
・基礎養成マニュアル
・相場戦略レポート
・メールサポートサービス。

料金:1,000円

その他、セールレターには実績が掲載されていますが、都合の良い時期の実績を切り取って掲載しているだけに見えますね‥

ここまで全体的にセールレターを確認してきましたが、評価できる要素は皆無。
そもそも2017年現在から見れば情報が古いし、考案者「伊藤ススム」はどう考えても 胡散臭いです。

よって、当然利用はオススメできません。
引き続き、ゴルトレ225の動向を注視していきたいと思います。

よく読まれている記事

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 市況や材料からAIが次に来るテーマを事前予測

 空売りの指標としても使える最先端株ツール

 3700以上の銘柄を一括診断!

 詳しく見る

AIP投資顧問
一押しワケ
を解説

 株価上昇のメカニズムを熟知

 現場第一主義、中野代表の現場力

 企業分析力はトップクラスの”一流”投資顧問

 詳しく見る

ゴルトレ225への口コミ

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

循環物色アナライザー
一押しワケ
を解説

 "今買うべき銘柄"を教えてくれる銘柄選定ロボ

 循環相場のサイクルを先読み!急騰候補株を選定

 今の相場でこそ活躍が期待できる万能アイテム

 詳しく見る

AIP投資顧問
一押しワケ
を解説

 株価上昇のメカニズムを熟知

 現場第一主義、中野代表の現場力

 企業分析力はトップクラスの”一流”投資顧問

 詳しく見る