竹内投資研究会 評価なし0件のレビュー(0/5)

竹内投資研究会

 竹内投資研究会

竹内投資研究会優良投資顧問なのか悪徳株情報サイトを運営しているだけなのか。ネットの口コミ評判を見る限り、評価はマチマチのようです。
早速、HP等の検証を行っていきたいと思います。

まず竹内投資研究会が如何なる投資顧問なのか確認していくと「転換社債(CB)を中心とした投資法の開発と普及を目的として活動中。近年ではCBと株式を組み合わせた「逆裁定取引の技法を確立。株が上げても下げても儲かる仕組み商いとして脚光を浴びている。そのパフォーマンスは個人投資家や一部機関投資家の間でも大きな注目を集めている」との事。

まず転換社債についてですが、あまり馴染みない方もいらっしゃると思いますので以下に説明しておきます。
・転換社債とは企業の発行する社債の一種で、株式に転換できる社債のことです。何時でも株式に換えられる「社債」、それが転換社債です。英語のCconvertible Bondを略してCBというのが一般的です。

あくまで債券ですので、利率も付与され、発行企業の株価が上昇すればキャピタルゲインも得られます。
・メリット
1.株式の投機性と債券の安全性を兼ね備えている
2.株価が下がっても発行企業が倒産しなければ、償還日に元本払い戻し

・デメリット
1.メリットの反動から一般的な社債よりも利率が低い
2.繰り上げ償還される可能性も
3.発行体が信用リスク

上記が一般的に言われているメリット・デメリットになります。
「利率」に関しては現在の超低金利も影響してかほとんど0%のCBが多いみたいですね。

さて本サイトの最大の売りが代表竹内氏が提唱する「逆裁定取引」です。
逆裁定取引とは、割安なCBを買って、株をカラ売りする事であり、CBは株価があがると、それにつれて上昇。この結果カラ売りの損はCBの値上がり益でカバーされ、トータルでは利益が残ります。また、株価下落時にはCBの下げ率よりも株の下げが大きくなり、これもトータルでは利益が残るとの事。

理論的には合っていますが、初心者には難しそうですね。
しかもこれが実現できるなら、普通の裁定取引もできそうですし‥

主なサービス内容
・CBメールマガジン
安全・有利な転換社債(CB)の解説から、確かな運用方法などを紹介
現在は既に廃止されたサービスのようです‥

以下有料
・Eメール会員
カラ売りのヘッジ、株価が上下のどちらに動いてもプラスになる逆裁定取引の可能銘柄など。銘柄の推奨の他に、勉強をかねてCB説明・解説を適時に配信。
料金:1ヶ月/3,500円

・CBフレンド98
高速検索システムで絞り込んだ転換社債をCBチャートで直ちに分析。
株式分析システムを統合搭載しており,CBチャートを確認しながら株価分析や業績チェックを行うことが可能。
銘柄検索,転換社債分析,株式分析,株価との連動性確認,ポートフォリオ登録と,一連の分析作業を同一画面上でスムーズに行うことができる。
料金:25万円(通常は38万円)

・オプションアナライザー
チャートによるオプション価格の分析と、損益のシュミレーションができるシステム。
料金:登録料15,000円 会費1ヶ月/3,500円

その他、HPには実績は特に掲載されておらず逆裁定取引の実力は未知数。
また25万円もするCBフレンド98で期待できる投資成果なども不明です。

結論から言うと、同社の逆裁定取引は理論的には間違いではないものの、あまりおススメできる代物ではありません

まずCBに対する理解やCB市場での取引は投資初心者では難しい事。
また結果的に、対象となる株が上がるのか下がるのかは予想しなければならならず、それに伴い狭い幅で損益が変わる=結局ローリスク・ローリターンになる可能性が高いです。

であれば、 普通の裁定取引のほうがまだ簡単ですし、考え方自体も難しくないのでおススメできます。

CB自体は良い商品も多いのですが、低金利の現在、条件の良いCBはあるのでしょうか‥

よく読まれている記事

WSC(WorldStockChoice)
一押しワケ
を解説

 誰でも簡単に10倍期待の日米株へ投資が出来る!

 GAFAM超えも不可能ではない最強米国株を解析

 日米株の良いとこ取りを狙う次世代AIシステム

 詳しく見る

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 これから注目を集めるテーマ株を自動で抽出

 テーマ投資の進化系、下火テーマの予測も可能に

 勝率80%↑不二精機(6400)などの話題株を選定

 詳しく見る

竹内投資研究会への口コミ

  • まだコメントがありません。

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

WSC(WorldStockChoice)
一押しワケ
を解説

 誰でも簡単に10倍期待の日米株へ投資が出来る!

 GAFAM超えも不可能ではない最強米国株を解析

 日米株の良いとこ取りを狙う次世代AIシステム

 詳しく見る

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 これから注目を集めるテーマ株を自動で抽出

 テーマ投資の進化系、下火テーマの予測も可能に

 勝率80%↑不二精機(6400)などの話題株を選定

 詳しく見る