ゴールデンクロス・システムトレード 評価なし0件のレビュー(0/5)

ゴールデンクロス・システムトレード

 ゴールデンクロス・システムトレード

ゴールデンクロス・システムトレード優良投資顧問なのか悪徳株情報サイトを運営しているだけなのか。ネットの口コミ評判を見る限り、評価はあまり高くないようです。
早速、HP等の検証を行っていきたいと思います。

まずゴールデンクロス・システムトレードが如何なる投資顧問なのか確認していくと、「ファイナンシャルプランナー投資顧問による投資銘柄アドバイスを提供する」との事。

「ファイナンシャルプランナー投資顧問」という表現が意味不明ですよね‥
FPが投資顧問はまだ理解できますが、FPがシストレ推奨はちょっと無理がある気がします。

そして同社の社名にもなっている「ゴールデンクロス」を用いたシステム、ゴールデンクロスシステムの特徴が以下になります。
・数百億円以上の資産運用を想定したシステム
ゴールデンクロス・システムは将来的に投資信託運用を想定したシステム構築を行っています。
国内上場の約3600銘柄を全て投資対象にするため、数百億円から数千億円規模の資産運用に耐えうるシステムです。

・過去10年以上の検証実績
2000年以降の過去10年以上のデータを基にシステム検証しています。
下落相場以降でもコンスタントに利益をあげられるシステムになっています。

・上昇相場に強く、下降相場ではしっかり
上昇相場では大きく利益を上げ、下降相場でもしっかりと推移し利益を積み重ねる安定的なシステムとなっております。

・危険なナンピン買いを完全に排除
ゴールデンクロス・システムでは買い推奨した銘柄が下落してしまっても、さらなる買い増し(ナンピン買い)を指示することはありません。

ゴールデンクロスはそれだけならば、はっきり言って勝率が低いです。
HPにも記載がありますが、騙しが多いからです。

同社のシステムでは騙しを極力排除できるとの事ですが、システムの手直し段階で「騙しを排除した」だけのような気がしますが‥
銘柄の傾向としてはミクシィやら、日本マイクロニクスなど材料系仕手株が多そうですね。

主なサービス内容
・メルマガ
「その日の市場終了後のデータを元に、上場約3600銘柄からゴールデンクロス銘柄のみを検索して毎日配信」と説明がありますが、山田浩介という人物が投資方法を紹介してくるだけです。
メルマガに張り付けてあるURLは既に削除されてしまい閲覧できませんでしたが、ネット調べの結果、以前検証した際に悪投資顧問と認定された「マーケットグロース」の利用を推奨してくるという事が判明しました。
具体的にどのような関連性があるのか分かりませんが、マーケットグロースのような悪徳を紹介してくるという事は、同社もまともな会社ではなさそうです。

以下有料
・ゴールデンクロスシステム
料金:1ヶ月(3銘柄)/32,400円

その他、HPには検証実績が掲載されていますが、こんな成績は当然当てにしてはいけません。
過去のデータからシステムを構築しているのですから、過去の検証成績は良いに決まっています。

そもそもHPも実績も2014年7月を最後に更新されていませんので、 2年以上放置状態という事になります。
閉鎖寸前という事でしょうか‥

以上、ゴールデンクロス・システムトレードの検証結果をまとめると、メルマガでは悪徳投資顧問と認定済みの「マーケットグロース」の宣伝、HPは2年以上放置状態と、どう考えても利用をお勧めできる要素はありませんでした。

よく読まれている記事

WSC(WorldStockChoice)
一押しワケ
を解説

 誰でも簡単に10倍期待の日米株へ投資が出来る!

 GAFAM超えも不可能ではない最強米国株を解析

 日米株の良いとこ取りを狙う次世代AIシステム

 詳しく見る

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 これから注目を集めるテーマ株を自動で抽出

 テーマ投資の進化系、下火テーマの予測も可能に

 勝率80%↑不二精機(6400)などの話題株を選定

 詳しく見る

ゴールデンクロス・システムトレードへの口コミ

  • まだコメントがありません。

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

WSC(WorldStockChoice)
一押しワケ
を解説

 誰でも簡単に10倍期待の日米株へ投資が出来る!

 GAFAM超えも不可能ではない最強米国株を解析

 日米株の良いとこ取りを狙う次世代AIシステム

 詳しく見る

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 これから注目を集めるテーマ株を自動で抽出

 テーマ投資の進化系、下火テーマの予測も可能に

 勝率80%↑不二精機(6400)などの話題株を選定

 詳しく見る