賢者の投資術 評価なし0件のレビュー(0/5)

賢者の投資術

 賢者の投資術

賢者の投資術優良投資顧問なのか悪徳株情報サイトを運営しているだけなのか。ネットの口コミ評判を見る限り、あまり認知されていないのか情報が不足しているようです。
早速、HP等の検証を行っていきたいと思います。

まず賢者の投資術が如何なる株情報サイトなのか確認していくと「その道40年の元証券外務員、賢者による個々人の投資能力向上を目的とした情報提供サービス」との事。

「元証券外務員」 というのは、一体何を意味するのでしょうか?
今時は銀行員でも証券外務員くらい取得しますからね、元証券マンというわけではないのかもしれません。
この肩書自体、意味不明です‥

さて本サイトの最大のセールポイントが、個人投資家として実力をつける事のようですが、そのためにはファンダメンタルズ分析、テクニカル分析だけでは足りず、賢者が教える第3の分析「ディレクション分析」で相場動向を見抜く力を養う必要があるとの事。

この「ディレクション分析」とは、一言で言えば「相場の方向を読む」事のようです‥
習得すれば、仕込み銘柄が分かる、無駄な損切りがなくなる、勝ち幅が増えるなどの効果があるとの事。

正直、「相場の方向を読む」ために存在するファンダメンタルズ分析やテクニカル分析との違いが全く分かりません。

要するに一般論だけでは勝てないという主張をされているのですが、本サイトの大きなメリットが「外資系の売買動向を非常に重宝」という完全なる一般論

ここまで大きな事を言っておきながら、外資系の動向を重宝って‥
思わずズッコケましたよ笑

主なサービス内容
・無料メルマガ
銘柄の選び方や売買タイミングの見極めなどが学べるようです。
・公式ブログ
40年間相場眼を鍛え続けた引退証券外務員が個人投資家向けにお伝えしたい相場日記
2012年10月が最新であり、約4年間も更新されていません‥

以下有料
◆ディレクション分析購読メンバー
以下のサービスが利用可
・ディレクション分析の閲覧、メール配信
・現在推奨中の銘柄一覧
・バックナンバーの閲覧
・その他緊急材料による特別配信
料金:1ヶ月/9,800円

HPでは上記サービスについて、いくつかポイントが挙げられていますが、最大の特徴がやはり「外資系の動向」との事‥

曰く、同じ銘柄を仕込んでおけば大抵は上値を買ってくれるのでほとんど失敗したケースがないようです。
要は、外資の介入による仕手株情報など主となるとの事です。

しかし、そんなサービスも「現在お申し込み受付ておりません」という事で、サービス停止中のようです。

HPには実績が掲載されていないので、実力は測りようがありませんが、正直言ってかなり怪しいですよね。
「元証券外務員」とかいう表現も普通使わないし、本当は素人が運営しているのでは?と思ってしまいます。

さらに、HPの最下部では謎の文言を発見しました。
「注目!投資家としての実力を試すなら競馬投資

file174

なぜか急に競馬予想サイトのリンク が出現します‥
40年間証券外務員をやった後、「競馬投資は株式投資よりもリスク分散に長けている」と思ったようです‥

呆れて言葉もありませんね‥
・ディレクション分析は意味不明
・最大のメリットは外資系の動向を重宝という一般論
・最終的に競馬投資を推奨

率直に言って、素人が運営している事がバレてサービス停止に追い込まれたのではないでしょうか‥

以上、賢者の投資術の検証結果をまとめると、素人が運営する悪徳株情報サイトである可能性が極めて高い ので、絶対に関わらないようにしましょう。

よく読まれている記事

WSC(WorldStockChoice)
一押しワケ
を解説

 誰でも簡単に10倍期待の日米株へ投資が出来る!

 GAFAM超えも不可能ではない最強米国株を解析

 日米株の良いとこ取りを狙う次世代AIシステム

 詳しく見る

グローイングAI
一押しワケ
を解説

 有名ファンドをも上回る運用実績

 「テラ」や「DLE」などの高騰銘柄を次々に抽出

 高性能AIが世の中のトレンドを解析

 詳しく見る

賢者の投資術への口コミ

  • まだコメントがありません。

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

WSC(WorldStockChoice)
一押しワケ
を解説

 誰でも簡単に10倍期待の日米株へ投資が出来る!

 GAFAM超えも不可能ではない最強米国株を解析

 日米株の良いとこ取りを狙う次世代AIシステム

 詳しく見る

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 これから注目を集めるテーマ株を自動で抽出

 テーマ投資の進化系、下火テーマの予測も可能に

 勝率80%↑不二精機(6400)などの話題株を選定

 詳しく見る