株の逆引き大辞典 評価なし0件のレビュー(0/5)

株の逆引き大辞典

 株の逆引き大辞典

株の逆引き大辞典優良投資顧問なのか悪徳株情報サイトを運営しているだけなのか。ネットの口コミ評判を見る限り、情報が不足しているようです。
早速、HP等の検証を行っていきたいと思います。

まず株の逆引き大辞典が如何なる投資顧問サイトなのか確認していくと「当たるアナリストランキング1位の藤井英敏が教える実は何気ないニュースが暴騰の引き金を引く株の連想ゲーム」と記載があります。

さて今回検証する「株の逆引き大辞典」ですが、予め申し上げておくと、 既に販売終了している投資系情報商材です。

ただ販売終了しているにも関わらず、セールレターは未だに健在、しかも広告塔を務めるのはあの「カブ知恵」で代表を務める「藤井英敏」氏なので、今後の募集再開の可能性も考慮し検証する事とします。

「カブ知恵」と言えば、 あからさまな悪徳投資顧問を「優良」として推奨してしまう、本当にどうしよもないサイトです。同社の代表「藤井英敏」氏は上述の通り、宝島者の雑誌で「当たるアナリストランキング1位」を獲得したのだとか。

ただ、肝心の雑誌は現在休刊となっており、その真偽を確かめる事はできません。
また一体どこの誰にどれだけのボリュームでアンケートを集計したのか‥

藤井氏びいきの人達が多かっただけという可能性もあるので、一概にはその実力を信用する事はできませんよね。

さらに本商材の販売元である「ウィニングクルー株式会社」も何かと問題がある印象‥ 質の低いサイトを複数運営していたり、知名度のあるアナリストを広告利用し、塔に据えて情報商材を販売していたり‥

そんな「ウィニングクルー株式会社」が「カブ知恵」の藤井氏とコラボしているわけですから、警戒が必要なのは間違いないです。

セールレターを読んでいくと、やはり 過剰な宣伝文句が散見されます。

・1日から数日でサクッと利確
・大海原(相場)から魚の群れ(高騰期待銘柄)を引き当てるためのもの
・上昇銘柄やニュースにつられて上がる、爆騰直前の関連銘柄にスポットを当てる

金商を有する投資顧問の代表がこんな過激な宣伝文句を謳って恥ずかしくないのでしょうか?「アナリスト」と言っても モラルがないようではプロとは言えません

主なサービス内容
・無料メルマガ
本商材の魅力を全4回に渡り、本編にも登場する動画やレポートを無料で閲覧できるとの事。

販売終了しているのに、まだ登録する事ができました。
4回とも内容を確認しましたが、ただの宣伝をしているだけです‥閲覧価値は当然ありません。

以下有料

◆株の逆引き大辞典
相場の隅から隅までを知り尽くした株式相場情報界の雄「藤井英敏」がこれまでの投資人生で培ってきた全ての知識をつぎ込んだカリキュラム。

以下の3点が分かりやすくまとまっているようです。

・昨今のニュースに登場しがちな銘柄キーワード
・そのキーワードに密接な関係のある関連銘柄
・さらにその関連性を解説した藤井的考察

料金:27,800円

尚、価格については本来は「49,800円」なんだとか。上記の価格は「先行限定価格」との事ですが、これは情報商材ではありがちな割安感の演出、元々「27,800円」なのです。

ここまで全体的にセールレターを確認してきましたが、やはり「ウィニングクルー株式会社」×「カブ知恵」の藤井氏のタッグは「危険 」と判断するべきでしょう。

一先ず、現状では販売終了しているので、被害者が増える心配はありませんが、いつ募集再開してもおかしくないです。

また「ウィニングクルー株式会社」単体でも「カブ知恵」単体でも、警戒を怠るべきではないですね。

引き続き、動向を注視していくしかなさそうです。

よく読まれている記事

WSC(WorldStockChoice)
一押しワケ
を解説

 誰でも簡単に10倍期待の日米株へ投資が出来る!

 GAFAM超えも不可能ではない最強米国株を解析

 日米株の良いとこ取りを狙う次世代AIシステム

 詳しく見る

グローイングAI
一押しワケ
を解説

 有名ファンドをも上回る運用実績

 「テラ」や「DLE」などの高騰銘柄を次々に抽出

 高性能AIが世の中のトレンドを解析

 詳しく見る

株の逆引き大辞典への口コミ

  • まだコメントがありません。

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

WSC(WorldStockChoice)
一押しワケ
を解説

 誰でも簡単に10倍期待の日米株へ投資が出来る!

 GAFAM超えも不可能ではない最強米国株を解析

 日米株の良いとこ取りを狙う次世代AIシステム

 詳しく見る

グローイングAI
一押しワケ
を解説

 有名ファンドをも上回る運用実績

 「テラ」や「DLE」などの高騰銘柄を次々に抽出

 高性能AIが世の中のトレンドを解析

 詳しく見る