旬株市場 6件のレビュー(1.33/5)

旬株市場

 旬株市場

旬株市場優良投資顧問なのか悪徳株情報サイトを運営しているだけなのか。ネットの口コミ評判を見る限り、悪評が多いように感じますね‥
早速、HP等の検証を行っていきたいと思います。

まず旬株市場が如何なる株情報サイトなのか確認していくと、「元証券ディーラーの管理人が株式投資での銘柄選びや、必勝法、チャートの見方や旬の銘柄などの提案している、株式投資総合必勝サイト」との事。

また、通常であれば株式投資をゼロ(基本)から知るには大変な時間が必要だが、当サイトは短時間で投資に対する重要なポイントが短時間で理解できるという特徴があるようです。

本サイトの投資戦略・投資方針としては以下が掲げられています。
・常に株式市場がどのようなメッセージを語りかけているか?を感じ取って旬な銘柄を発掘する事とトレンド分析、テクニカル分析により利益に結びつくと考えている

・どの様な銘柄が市場の旬なのか?流れなのか?を研究していきながら上昇する確立が高そうである銘柄を提案し利益獲得を狙う

・対面証券会社、ネット証券会社どちらの証券会社をお使いでも利益が出るようにと考えており、投資資金の10%から15%を利益確定とする。

主なサービス内容
・無料メルマガ

以下有料
・有料会員
旬な銘柄を発掘するトレンド分析、テクニカル分析などの株式投資レポート
料金:1ヶ月/7,000円

・投資レポート
A4 34枚で構成していてプロディーラーの売買手法なども書かれていオリジナルレポート
料金:12,000円

上記無料・有料サービスは、共に現状ではサービスが停止しているようです。
無料メルマガに登録もできませんし、有料コンテンツにも申し込みできません。

いったいどういう状況なのでしょうか?
HPも6年以上更新されていないようですし、閉鎖寸前なのか‥

その他、HPに実績は公開されておらず、助言サイトとしての実力は測れません。
助言方針を見る限り、株式市場の流れやトレンドを大事にしている事が読み取れるので、おそらくトレンドに応じて新興市場の仕手株や東証一部銘柄、二部の低位株なども推奨する事があるのでしょうね。

サービスが長いこと停止していますので、これ以上検証する意味もないのですが、少し気になったのは元証券ディーラーという肩書の管理人です。

管理人のnikomiya氏は証券会社に入社後、地方支店で営業マンになり、その後ディーラーに志願したとの事。しかし、その後再び地方支店で営業マンになり、現在はメーカー勤務しているようです。

これは証券会社でよくある負け組パターンです。
まず営業成績が良ければ、証券会社では重宝されるので、そもそも他部署に転属はしない事が多いです。

ディーラー職はセンスを見込まれて抜擢される事もあるのでしょうが、売れない営業マンもしくは会社から必要とされない準管理職を一か八かで左遷する事もあります。

そして、ディーラーとして成果が上がらないと結局また営業に戻される というパターンが多い世界です。

証券会社で負け組というレッテルを貼られてしまい、営業成績も悪くては会社に居場所がないので結果退職→転職せざるを得ない のです。

つまり、本サイトの管理人nikomiya氏は「証券会社では全く通用しなかった元証券マン」である可能性が非常に高いと言えるでしょう。 そもそも閉鎖寸前なので利用する事はできませんが、上記の事を踏まえれば、今後再稼働したとしても利用は控えるべき でしょう。

よく読まれている記事

循環物色アナライザー
一押しワケ
を解説

 循環物色を先読みすることに特化した銘柄選定ロボ

 自動スクリーニングで買うべき銘柄が瞬時に分かる!

 下落相場でも200%超え、安定の解析精度!

 詳しく見る

AIP投資顧問
一押しワケ
を解説

 株価上昇のメカニズムを熟知

 現場第一主義、中野代表の現場力

 企業分析力はトップクラスの”一流”投資顧問

 詳しく見る

旬株市場への口コミ

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 これから注目を集めるテーマ株を自動で抽出

 テーマ投資の進化系、下火テーマの予測も可能に

 勝率80%↑不二精機(6400)などの話題株を選定

 詳しく見る

TMJ投資顧問
一押しワケ
を解説

 外資証券出身「渡邉誠二」の分析能力

 会員の利益を最優先、抜群のサポート力

 金融マンとして築いてきた独自の情報網

 詳しく見る