循環物色アナライザー 419件のレビュー(4.43/5)

 循環物色アナライザーの評判を支える別格の予測精度

循環物色アナライザーとは、"市場で買われる銘柄が次々と変化する循環物色"を解析し、次に注目を集める銘柄を事前に察知する銘柄選定ロボです。

上場企業3700社の企業情報+過去の統計データから、ハイリターンが狙える有望株を循環物色アナライザーが自動で抽出します。

その性能を肌で感じた投資家からは『収益力が爆発的に上った』と評判は上々です。

循環物色アナライザーに[利確口コミ]が激増


相場の潮目の変化をいち早く察知し、急騰株を抽出する循環物色アナライザー。

最先端の銘柄選定ロボの性能を体験した投資家からは、「利益確定口コミ」が複数寄せられています。

▼循環物色アナライザーの口コミ
循環物色アナライザーの口コミ
実際に循環物色アナライザーが選定した有望株がこちら。
ハイリターンを期待する投資家もこの実績を見れば文句は言わないでしょう。

▼循環物色アナライザー[最新]銘柄実績
・MS-Japan[6539]
・(12/9)始値814円 ⇒ (1/15)高値1,186円 株価上昇率↑45.7%

・田中化学研究所[4080]
・(12/2)始値900円 ⇒ (12/14)高値1,520円 株価上昇率↑68.9%

・中外製薬[4519]
・(11/25)始値4,588円 ⇒ (1/12)高値6,435円 株価上昇率↑40.3%

・ツインバード[6897]
・(10/14)始値603円 ⇒ (1/8)高値2,100円 株価上昇率↑248.2%

・日本アジアグループ[3751]
・(10/7)始値294円 ⇒ (1/18)高値898円 株価上昇率↑205.4%

この他にも、株価4倍超えを達成したレノバ(9519)を始め、複数の急騰株の株価上昇サインを事前に察知していた循環物色アナライザー。

急騰株を立て続けに抽出している、「循環戦略56」や「循環戦略66」を利用した投資家からの口コミがひっきりなしの状態です。

複数の業種やテーマを同時解析できる循環戦略、当サイトに寄せられる利益確定口コミの真相は、他の追随を許さない別格の予測精度にあるようです。

▶ 公式サイトを見る

株式市場の循環サイクルを先読み


循環物色アナライザーは株式市場の循環サイクルを正確に読みとることで、次に注目集める銘柄を予測します。

この予測性能が評判を呼んでいるわけですが、そもそも循環物色を解析することで何故ハイリターンを狙った投資が出来るようになるのか?

株式投資をしてると、「特定の業種ばかり買われている」「この間までグロースが人気だったが今はバリューが良い」といった相場に遭遇した経験があるかと思います。

このように対象となる業種やテーマが次々と移り変わる状況を循環物色と言います。

▼循環物色の仕組み
循環物色のサイクル

循環物色の流れを把握することによる最大の利点は、次に注目を集める業種やテーマをいち早く察知できるということ。

市場の流れを掌握し、注目前の有望株を知ることが出来れば、急騰株を手にすることも不可能ではありません。

▼ツインバード(6897)
循環物色アナライザーが抽出したツインバード
調理家電や掃除機などの企画・販売に強いEC関連株のツインバード。

循環物色アナライザーが抽出後、1ヶ月で株価3倍以上にまで上昇しました。

株価上昇の要因は、ツインバード工業が販売するワクチン輸送・保管用の保冷庫が、発展途上国での同製品の導入可能性を検討する国際協力機構(JICA)の調査事業に採択されたから。

その後、一旦株価は調整が入ったものの、米ファイザーのコロナワクチンのニュースにより、思惑買いが入って再び株価が急騰しました。

今回の推奨に関して、基本的にファンダメンタル的要素が強かったように思えますが、エンベロープでは-2バンドにタッチしている状態が続いていたので、株価が反発する可能性はありました。

ワクチン開発への期待や関連する事業に今後資金が集まることを予測して循環物色アナライザーはツインバードを抽出した可能性が高いです。

2021年1月28日時点でツインバードの株価は当初の4倍近くにまで上昇

もし仮に2000株(約120万円)を買い付けていた場合、350万円以上の利益を投資家は得ていたということになります。

市場が注目する前の有望株を手にすることが出きれば、このように誰でも収益を最大化させることが出来るというわけです。

論より証拠、株式市場の循環の流れを把握することの重要性、お分かりいただけましたでしょうか。

▶ 公式サイトを見る

変化する市場でもブレない予測精度◎


循環物色アナライザーでは、国内3700以上の銘柄データと統計学を基に”今買うべき銘柄を自動で抽出”します。

統計学?と言われてもピンとこない方がいらっしゃるかと思います。

統計学とは過去データを収集し、その特徴を把握し比較、そこから先の出来事を予測する学問のことを指します。

独自AIを搭載した循環物色アナライザーは、株価チャートを始め、SNSなどのリアルタイムで更新されていく情報をデータ化し、そこから最適解を導き出します。

これが新型コロナウイルス蔓延後の変化する株式市場で、循環物色アナライザーがブレない予測精度を担保できている理由です。

分かりやすい例が、日本市場でもネガティブ感が強かった9月相場に、株価2倍超えの急騰株を複数抽出しているということ。

▼循環物色アナライザー[9月抽出]銘柄実績
・レノバ[9519]
・(9/16)始値603円 ⇒ (1/8)高値2,100円 株価上昇率↑248.2%

・KYCOM[9685]
・(9/16)始値759円 ⇒ (10/5)高値1,137円 株価上昇率↑47.8%

・ダントー[5337]
・(9/16)始値350円 ⇒ (10/7)高値1,065円 株価上昇率↑204.2%

市場全体がネガティブなムードの中でも、その時度で注目を集める業種やテーマは必ず存在します。

市場の大きな流れを解析し、そこから有望株を見つけ出す循環物色アナライザーにとって相場環境の変化はさほど大きな問題ではないのかもしれません。

相場全体が下落局面でも結果を残す循環物色アナライザー、資金の移り変わりや市場の潮目の変化を的確に捉えているからこそ成せる業でしょう。

▶ 公式サイトを見る

調整局面を逆手に取った空売り戦略


循環物色になると、利食いを重ねていくので、相場が順回転となり活気づきますが、一巡すると調整局面を迎える場合が多く見られます。

循環物色アナライザーでは、その調整局面を逆手にとった「投資戦略:空売り」を用意しています。

これよって順回転では買い、調整局面では売りといった二段構えの投資戦略を実現することに成功しています。

実際に空売りを目的として下落想定で抽出された銘柄がコチラ。

▼循環物色アナライザー[空売り]銘柄実績
・テラ[2191]
(12/16)始値377円 ⇒ (12/29)安値211円 株価下落率↓44%

・オークファン[3674]
(12/2)始値2,297円 ⇒ (12/10)高値1,616円 株価下落率↓30%

市場の循環の流れを解析することは、上昇株だけでなく下落が想定される銘柄の抽出にまで活きているということがわかります。

循環物色アナライザーにとって、下落局面を迎えるカテゴリーや銘柄を想定することはさほど難しいことではないのかもしれません。

▶ 公式サイトを見る

循環物色アナライザーのサービス・料金


循環物色アナライザーは、「長期利用が可能なモデル」と「短期利用に限定されたモデル」の大きく分けて2種類のモデルが存在しています。

◆長期利用が可能なモデル
その名の通り、4週間(1ヶ月)~24週間(6か月)と長い期間に渡って利用が可能となっていて、より多くの利益獲得を目指せるモデルです。

ラインナップは全4種類、各商品ごとに銘柄範囲や契約期間・料金などが異なります。

▶ 循環戦略36
▶ 循環戦略46
▶ 循環戦略56
▶ 循環戦略66

続いて、短期利用限定モデルの商品の説明に移ります。

◆短期利用限定モデル
単発契約のサービスは短期投資で利益獲得を目指したい方にお勧めです。

▶ 投資戦略:RR
▶ 投資戦略:DTF
▶ 投資戦略:空売り
▶ 投資戦略:材料株

投資家の資産状況や投資目的に合わせてプラン設定がされており、利用者の中には複数の商品を同時に購入し「買い」と「売り」の両建てで資産形成を行っている方もいるでしょう。

ご自身に合ったサービスが気になる方は、直接電話で相談することも可能です。

▶ 公式サイトを見る

循環物色アナライザーの総括


循環物色アナライザーは、市場で売買されている業種や銘柄の移り変わるサイクルを分析することに優れた銘柄選定ロボであることがわかりました。

その証拠に、相場の潮目の変化を的確に捉え”次に注目される銘柄を選び出す”循環物色アナライザーは利用者からも高い評価を受けています。

バブル相場だけでなく、下落相場でも結果を残す循環物色アナライザー。

「相場の潮目の変化」を捉えることが出来れば、株式投資で勝つ可能性は飛躍的に向上します。

トレード効率向上が期待される循環物色アナライザーが今後どのような評判を集めていくのか、引き続き動向を皆さんにご報告して参ります。

▶ 公式サイトを見る

よく読まれている記事

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 これから注目を集めるテーマ株を自動で抽出

 テーマ投資の進化系、下火テーマの予測も可能に

 勝率80%↑不二精機(6400)などの話題株を選定

 詳しく見る

TMJ投資顧問
一押しワケ
を解説

 外資証券出身「渡邉誠二」の分析能力

 会員の利益を最優先、抜群のサポート力

 金融マンとして築いてきた独自の情報網

 詳しく見る

循環物色アナライザーへの口コミ

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

循環物色アナライザー
一押しワケ
を解説

 循環物色を先読みすることに特化した銘柄選定ロボ

 自動スクリーニングで買うべき銘柄が瞬時に分かる!

 下落相場でも200%超え、安定の解析精度!

 詳しく見る

TMJ投資顧問
一押しワケ
を解説

 外資証券出身「渡邉誠二」の分析能力

 会員の利益を最優先、抜群のサポート力

 金融マンとして築いてきた独自の情報網

 詳しく見る