循環物色アナライザー 576件のレビュー(4.45/5)

 循環物色アナライザー 評判を呼ぶ「爆益銘柄抽出AI」の性能

循環物色アナライザーでは、国内3700以上の銘柄データと統計学を基に”今買うべき銘柄を自動で抽出”します。

その予測精度は高く、循環物色アナライザーで成功を収めた投資家は数知れず

独自AIを搭載した循環物色アナライザーは、株価チャートを始め、SNSなどのリアルタイムで更新されていく情報をデータ化し、そこから最適解を導き出します。

時代の流れを捉え、次に物色される銘柄群を予測する循環物色アナライザー。

高騰銘柄続出による"爆発的な収益力向上"が評判を呼んでいます。

1000万超えトレーダー続出!評判を呼ぶ最先端AI


百聞は一見に如かず、最新AIが選び抜いた銘柄実績をご覧ください。

▼循環物色アナライザー[最新]銘柄実績
・CAICA[2315]
(12/30)始値15円⇒(2/15)高値88円 株価上昇率↑487%

・メタップス[6172]
(1/6)始値724円⇒(2/25)高値1,621円 株価上昇率↑124%

・HANATOU JAPAN[6561]
(1/20)始値603円⇒(2/26)高値1,300円 株価上昇率↑116%

・アジア開発キャピタル[9318]
(2/3)始値6円⇒(2/25)高値33円 株価上昇率↑450%

高騰株を立て続けに予測していることがわかります。

ユーザーの中には、今年に入って既に資産1000万円超えを達成した方がいる模様。

▼循環物色アナライザー 利用者の口コミ
『今年になってからの利益額がもう1000万こえたw
てか1月が終わる時点で昨年のトータル利益額こえてたw』
引用元:株的中.com

『使い始めてもうすぐ半年のところでやっと資金が1000万突破しました。使い始めたばかりの頃は50万にも満たない資金でしたが、コツコツ少しずつ稼いでいって、ようやくここまできました。このソフトを使い始めて良かった、本当に大満足です。』
引用元:噂の投資顧問

両者ともやっていたことは、循環物色アナライザーが抽出した銘柄に投資しただけ

仮にですが、実績にある各銘柄に100万円づつ投資していた場合、3ヶ月の収益は1200万円を超えたことになります。

この収益性の高さ、それが循環物色アナライザーが評判を呼ぶ”最大の理由”です。

これまでの株式投資の価値観を180°変えてしまう可能性すらある循環物色アナライザー、その性能をぜひ一度体感してみてください。

▶ 公式サイトを見る

低位株物色の流れを捉えた循環物色アナライザー


循環物色アナライザーは次に物色される銘柄群を予測することに優れた銘柄選定ロボです。

中でも今年2月頃から物色された低位株、循環物色アナライザーは昨年末からここに目を付けていたようです。

大幅な値動きを狙える低位株、その成果は投資家の期待を大幅に上回る結果となりました。

▼CAICA[2315]
caica 株価チャート

CAICAは暗号資産などフィンテック技術を強みとするシステム開発会社です。

ビットコインの急騰を受け、関連株として注目されたCAICA(2315)。

▼CAICA(2315)の材料
・子会社のeワラント証券が暗号資産を対象とした個人投資家向け証券化商品「ビットコインレバレッジトラッカー」の取扱いを開始
・イーロンマスクの影響でビットコイン爆上げ
・CAICA株を機関投資家が大量購入(継続)

ざっとこれだけの材料がありましたからね。

株価は2ヶ月足らずで約5.9倍↑にまで上昇。

低位株だからこその妙味を最大限手にした投資家は喜びを爆発させています。

循環物色アナライザー 利用者の声
『昨日の上昇ランキング、10位内にアナライザーが抽出した銘柄が4つも入ってるんだけど。。。カイカに至っては上昇ランキング1位とか。。』
引用元:株的中.com

ここ最近は最近はオンキョー、小僧寿し、アジア開発といった低位株が次々に物色されました。

この流れに乗れたかどうかが、ここ数か月の運用成果を決めたといっても過言ではないでしょう。

では、どのようにして循環物色アナライザーは低位株物色の流れを予測したのか?

私が思うに、この米国10年債利回り1つの指標だったのではないかと考えています。

▼米国国債10年チャート
米国10年債利回り
引用元:SBI証券

この指標との相関によって低位株やバリュー株が2月から物色されています。

金利を見ると、2月から急上昇しているのがわかります。

それに合わせて、低位株やバリュー株も上昇しています。

なぜか?

金利が急上昇するとグロース株が売られ、バリュー株が買われるようになっていくからです。

俗にいう逆相関と呼ばれるものですね。

米国でワクチン接種がすすみ、景気が本格的に回復する見込みになったことを受け金利は上昇。

景気回復すれば、財政出動などで株価を支える必要がなくなるのでカネ余りが減退していきます。

それはどうしてか?

金利が低いときはグロース株の方が値上がり益で大儲けできたが、金利が上がると、国債を持っていたほうが株よりもより安全に高い金利収入をゲットできるから。

すでに米国グロース株が割高水準にあったことも背景にあります。

よく見ると、10年債利回りは昨秋から上昇しているのがわかります。

その動きと米国のコロナ状況を見て、今年から国内でも低位株が物色される可能性をAIが予測したと考えれば別におかしい話はありません。

解析可能なデータ領域の広さに加え、市場の循環サイクルを予測する循環物色アナライザーだからこそ導きだせた答えですね。

先行き不透明な今こそ使うべき銘柄抽出AI、収益アップに繋がるヒントがここにはあります。

▶ 公式サイトを見る

株式市場の循環サイクルを先読み


循環物色アナライザーは株式市場の循環サイクルを正確に読みとることで、次に注目を集める銘柄を予測します。

この予測性能が評判を呼んでいるわけですが、そもそも循環物色を解析することで何故ハイリターンを狙った投資が出来るようになるのか?

株式投資をしてると、「特定の業種ばかり買われている」「この間までグロースが人気だったが今はバリューが良い」といった相場に遭遇した経験があるかと思います。

このように対象となる業種やテーマが次々と移り変わる状況を循環物色と言います。

▼循環物色の仕組み
循環物色のサイクル

循環物色の流れを把握することによる最大の利点は、次に注目を集める業種やテーマをいち早く察知できるということ。

株式投資では「頭と尻尾はくれてやれ」なんてことを言いますが、もしこの”頭だけ”でも取れたら‥

収益率がさらに一段上がるとは思いませんか?

そんな循環物色アナライザーがこれまで見つけ出した急騰株は数知れず。

この実績から見るに、一段どころか二段三段上がることも不可能ではないでしょう。

▼循環物色アナライザーの銘柄実績
・クレアHD[1757]
(10/21)始値48円 ⇒ (1/14)高値109円 株価上昇率↑127%

・ツインバード[6897]
(10/14)始値603円 ⇒ (1/8)高値2,100円 株価上昇率↑248%

・日本アジアグループ[3751]
(10/7)始値294円 ⇒ (1/18)高値898円 株価上昇率↑205%

・レノバ[9519]
(9/16)始値1,180円 ⇒ (1/13)高値4,835円 株価上昇率↑309%

・ダントー[5337]
(9/16)始値350円 ⇒ (10/7)高値1,065円 株価上昇率↑204%

市場のサイクルを読み取ることで、次に注目を集める銘柄群は予測ができることが証明されたといっても過言ではないでしょう。

循環物色アナライザーでは、国内3700以上の銘柄データと統計学を基に”今買うべき銘柄を自動で抽出”します。

過去のデータを収集し、その特徴を把握し比較、そこから先の出来事を予測する統計学。

循環物色アナライザーが先行き不透明なコロナ相場で結果を残し続けることが出来ているのは、正確無比なデータ分析力にあると言えそうです。

市場の流れを掌握し、注目前の有望株を知ることが出来れば、急騰株を手にすることは不可能ではありません。

▶ 公式サイトを見る

循環物色アナライザーのサービス・料金


循環物色アナライザーは、「長期利用が可能なモデル」と「短期利用に限定されたモデル」の大きく分けて2種類のモデルが存在しています。

◆長期利用が可能なモデル
その名の通り、4週間(1ヶ月)~24週間(6か月)と長い期間に渡って利用が可能となっていて、より多くの利益獲得を目指せるモデルです。

ラインナップは全4種類、各商品ごとに銘柄範囲や契約期間・料金などが異なります。

▶ 循環戦略36
▶ 循環戦略46
▶ 循環戦略56
▶ 循環戦略66

続いて、短期利用限定モデルの商品の説明に移ります。

◆短期利用限定モデル
単発契約のサービスは短期投資で利益獲得を目指したい方にお勧めです。

▶ 投資戦略:RR
▶ 投資戦略:DTF
▶ 投資戦略:空売り
▶ 投資戦略:材料株

投資家の資産状況や投資目的に合わせてプラン設定がされており、利用者の中には複数の商品を同時に購入し「買い」と「売り」の両建てで資産形成を行っている方もいるでしょう。

ご自身に合ったサービスが気になる方は、直接電話で相談することも可能です。

▶ 公式サイトを見る

循環物色アナライザーの総括


循環物色アナライザーは、市場で売買されている業種や銘柄の移り変わるサイクルを分析することに優れた銘柄選定ロボであることがわかりました。

その証拠に、相場の潮目の変化を的確に捉え”次に注目される銘柄を選び出す”循環物色アナライザーは利用者からも高い評価を受けています。

バブル相場だけでなく、下落相場でも結果を残す循環物色アナライザー。

「相場の潮目の変化」を捉えることが出来れば、株式投資で勝つ可能性は飛躍的に向上します。

トレード効率向上が期待される循環物色アナライザーが今後どのような評判を集めていくのか、引き続き動向を皆さんにご報告して参ります。

▶ 公式サイトを見る

よく読まれている記事

循環物色アナライザー
一押しワケ
を解説

 循環物色を先読みすることに特化した銘柄選定ロボ

 自動スクリーニングで買うべき銘柄が瞬時に分かる!

 下落相場でも200%超え、安定の解析精度!

 詳しく見る

TMJ投資顧問
一押しワケ
を解説

 外資証券出身「渡邉誠二」の分析能力

 会員の利益を最優先、抜群のサポート力

 金融マンとして築いてきた独自の情報網

 詳しく見る

循環物色アナライザーへの口コミ

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 これから注目を集めるテーマ株を自動で抽出

 テーマ投資の進化系、下火テーマの予測も可能に

 勝率80%↑不二精機(6400)などの話題株を選定

 詳しく見る

TMJ投資顧問
一押しワケ
を解説

 外資証券出身「渡邉誠二」の分析能力

 会員の利益を最優先、抜群のサポート力

 金融マンとして築いてきた独自の情報網

 詳しく見る