循環物色アナライザー 1,216件のレビュー(4.41/5)

 循環物色アナライザー「運用益2000万円超」評判を呼ぶ銘柄選定AI

循環物色アナライザーとは、株式市場の循環物色データを解析し、株価変動前の有望株を選別してくれる銘柄選定AIです。

世間の関心が移り変わるタイミングをAI×統計データに解析させることで、株価2.9倍超のリボミックを始めとするハイリターン株を抽出してきた循環物色アナライザー。

口コミでは、その"圧倒的な収益力"が評判を呼んでいます。

▼循環物色アナライザーの最新口コミ

『昨年末は鉄人化計画、グローバルウェイ、リボミックと毎月のようにウン倍化け銘柄を利確。今月はどうだろな?最新の銘柄は米雇用統計も考慮した銘柄なんだろな。来週どんな値動きを魅せる楽しみ。』

『トレイダーズ利益確定。買ってから1ヶ月ほんとにずっと上昇し続けてくれました。今思えば割安感のあるバリュー株の物色を予測していたようにも思うけど‥まさかね。でもトレイダーズの抽出タイミングはほんと完璧だったな。今日でアナライザーを使い始めてちょうど3ヶ月。運用利益も2000万突破です。』

循環物色アナライザーが選定したハイリターン株へ、3ヶ月投資し続けただけで「2000万円もの利益を手にした」となれば、投資家から一目置かれるのも納得です。

今の相場でも高い収益性を担保し続ける循環物色アナライザー。

2022年の相場を勝ち抜くためのヒントを教えてくれるのは、この銘柄選定AIをおいて他にありません。

▶ 循環物色アナライザー 公式サイト

ウォーレン・バフェットも”目を光らす”株式市場の循環物色


株式市場における循環物色を把握することは、2022年の相場を勝ち抜くための重要なファクターと言えます。

例えば、昨年12月のFOMCでは、国債などを大量に購入する量的緩和の縮小(テーパリング)の加速や、利上げ予測が早まったことを受け、金融株が物色されました。

年明けの国内株式市場、個別株の値上がり率ランキングを見ても、それは顕著にあらわれています。

1/6に日経平均株価が800円以上下落する中、三菱UFJやりそなといったメガバンクを始め、愛知銀行や栃木銀行などの地銀株も株価を伸ばしています。

もう少し遡ると、コロナ渦の最中(2020年8月30日)に、ウォーレンバフェット率いる『バークシャー・ハサウェイ』が、日本5大商社株を発行済み株式数5%程度(合計6600億円分)で購入したことを発表しました。

この出来事は2020年の循環物色を象徴する出来事だったと言えます。

当時、新型コロナウイルスの影響を受け、経済は低迷。解決の糸口もなかなか見えない、先行き不透明な状況でした。

そんな中、FRBがインフレ(物価上昇)が起こりやすい政策へと舵を切ったこと。

そして、世界各国の中央銀行が民間の銀行を通じて多くのお金を出回らせることで経済の活性化を図りました。

インフレヘッジという言葉があるように、インフレになると金や不動産といった資産の価格が上昇しやすい傾向にあります。

そしてバフェット氏が購入した商社の株価は、金や資源価格と連動しやすいとしても知られています。

つまり、インフレが起こり金や資源への資金が回ってくる。それに連動する形で”商社株へも資金が循環する”とバフェットは予測したと考えられるわけです。

更には、バフェット氏が購入した商社株(三菱商事、伊藤忠、三井物産、住友商事、丸紅)が、割安であったことも投資を決める要因となったのでしょう。

結果的に、五大商社の株は大幅な株価上昇を遂げています。

▼バフェットが購入した商社株の価格推移
三菱商事(8058)
2020年08月31日 株価 2,450円(始値)
2021年01月06日 株価 3,813円(高値)
株価上昇率 55.6%↑

伊藤忠(8001)
2020年08月31日 株価 2,697円(始値)
2021年04月01日 株価 3,656円(高値)
株価上昇率 35.5%↑

三井物産(8031)
2020年08月31日 株価 1,861円(始値)
2022年01月06日 株価 2,845円(高値)
株価上昇率 52.8%↑

住友商事(8053)
2020年08月31日 株価 1,335円(始値)
2022年01月06日 株価 1,738円(高値)
株価上昇率 30.1%↑

丸紅(8002)
2020年08月31日 株価 614.2円(始値)
2022年01月05日 株価 1,158円(高値)
株価上昇率 88.5%↑

バフェット(バークシャー)の実績からも分かるように、循環物色を正確に予測することで高い勝率、そしてハイリターンの利益を手にすることが可能になります。

投資家の興味・関心、更には資金がどのように動くのかを予測することは簡単ではありません。

しかし、それを高性能のAIが手助けしてくれるとしたら‥。

投資の神様も注視する循環物色を正確に予測する循環物色アナライザーは、これまでに数々のハイリターン株を選定しています。

▶ 循環物色アナライザー 公式サイト

循環物色アナライザーが選定したハイリターン株


相場の変動が激しかった2021年下半期ですが、循環物色アナライザーは変わらずハイリターン株を多数抽出していました。

SNSなどでは、相場への悲観的な口コミが見られた中で“循環物色アナライザーのユーザーたちは着実に利益を積み上げていた”ようです。

▼循環物色アナライザーの体験談
『循環戦略36を使って2ヶ月半。1週間前後のトレードの繰り返しだけで、運用資金もついに1000万円になりました。最近インデックスが儲からないという話を良く耳にするようになったけど、もはや今さらな話ですよね。日本株(ボックス相場)でインデックスって…苦笑。時代はAIソフトを使ったスイングトレードによる複利運用ですよ。』

『すでにたくさんの方が書かれてますが、先月も鉄人化計画でプラス120%、今月もリボミックでプラス188%と、株価何倍クラスの大化け株を、月1~2の割合で利確できるのは最高です。ただ稼げるだけじゃなく、株式投資へのモチベーションが維持できて良いです。』

株価上昇幅の大きい銘柄を抽出してくれるだけでなく、市況に関係なく利益を積み上げられていることも評価が高い理由のようですね。

その証拠に、循環物色アナライザーが抽出してきた銘柄は1ヶ月~2ヶ月ほどで大幅な株価上昇を遂げています。

▼循環物色アナライザーの最新実績
・中京医薬品(4558)
抽出日 12月15日 株価 255円(始値)
高値日 01月04日 株価 414円(高値)
株価1.62倍↑

・タカトリ(6338)
抽出日 11月10日 株価 1,184円(始値)
高値日 11月22日 株価 1,885円(高値)
株価1.59倍↑

大真空(6962)
抽出日 11月03日 株価 1,035円(始値)
高値日 11月22日 株価 1,790円(高値)
株価1.72倍↑

・鉄人化計画(2404)
抽出日 10月13日 株価 318円(始値)
高値日 11月11日 株価 727円(高値)
株価2.28倍↑

・八千代工業(7298)
抽出日 09月08日 株価 646円(始値)
高値日 10月01日 株価 1,020円(高値)
株価1.57倍↑

・リボミック(4591)
抽出日 08月25日 株価 318円(始値)
高値日 12月10日 株価 944円(高値)
株価2.96倍↑

株価2.9倍超えのリボミックを始め、1ヶ月足らずで株価2.2倍超えの鉄人化計画など、急騰銘柄が多数確認出来ます。

当サイトにも、月利で1,000万円以上の利益を手にした成功者からのタレコミが増加しており、その人気は年々高まりつつあります

株式投資の妙味であるハイリターンを体現してくれる循環物色アナライザーは、有望株を探すための最適解となってくれる銘柄選別AIと言えるでしょう。

▶ 循環物色アナライザー 公式サイト

評判の理由は「どんな相場でも結果を出す」精密な予測力


循環物色アナライザーが多くの投資家から支持される理由、それは上昇相場・下落相場に関係なく有望株を選定出来ていることにあります。

衆院選での自民党圧勝による積極財政期待や国内企業の4~9月期決算発表の好内容を受けて月初から堅調に推移していた10・11月。

循環物色アナライザーが抽出した多くの銘柄が高値を付けるなど、ハイリターンを得た投資家たちからの口コミが殺到しました。

▼循環物色アナライザーの口コミ
『いや、10月~11月は2倍以上に化けた鉄人化計画や4倍化けのグローバルウェイが出てて、半年近く使ってる身としては、直近はかなりアツイ内容に感じてます。36で十分儲けられてるようなら56や66も使ってみて下さい。凄いですよ。』

『11月の結果報告です。大真空11月3日~22日(+72%)タカトリ11月10日~22日(+57%)でした。大真空を運用してる時点で、アナライザーは稼げる!と判断できたんで、他に回してた資金をすべて日本株に回しました。おかげでタカトリに投じる資金もできました。他にもいくつか同時期に抽出された銘柄があるんで推移だけ調べてみましたが、全部の銘柄が40%以上上昇しててビックリです。』

実際に循環物色アナライザーが抽出した以下の4銘柄は、11月に年初来高値を更新

▼循環物色アナライザーの抽出銘柄


循環物色になると、利益確定しては次の銘柄へ投資してと、相場が順回転となり活気づきます。

検証を開始してから1年ほど経過しますが、売買が活発な時期ほど循環物色アナライザーは”ハイリターンが狙える銘柄が多く抽出”している印象を受けます。

ただ循環物色は、一巡すると調整局面を迎えることもあります。

この調整局面で如何に成果を残せるが優れたツールである証明となるのですが、循環物色アナライザーは投資家たちの期待に結果で答えます。

それが垣間見えたのが今年の6月、米連邦準備理事会(FRB)の将来の利上げを意識させる材料が月半ばに出たことで、米国株に連れて日本株も大きく値を下げました。

多くの投資家が先が読めず足踏みをしていた中で、循環物色アナライザーは”株価4倍超えのプロルート丸光を抽出”しています。

・プロルート丸光[8256]
循環 プロルート実績

相場全体が冷え込むような悪材料が発表されたときでも、ハイリターンが期待できる銘柄を的確に予測してた循環物色アナライザー。

論より証拠とはまさにこの事ですね。

ウォーレンバフェットの言葉に「みんながどん欲な時に恐怖心を抱き、恐怖心を抱いている時にどん欲であれ」というものがあります。

株式投資は”理性が感情にコントロールされたら負け”です。

周りに合わせるのではなく、大衆の心理を逆手に取って投資をする

国内外問わず名をはせた投資家たちはそうして成功を収めてきています

大衆がどのように動き、それがどういった形で株価に反映されるのか?

株式市場における投資家の関心を正確に解析できるからこそ、循環物色アナライザーは「今の相場でも結果を残す」ことが出来ているのでしょう。

▶ 循環物色アナライザー 公式サイト

循環物色アナライザーのサービス・料金


循環物色アナライザーは、「長期利用が可能なモデル」と「短期利用に限定されたモデル」の大きく分けて2種類のモデルが存在しています。

◆長期利用が可能なモデル
その名の通り、4週間(1ヶ月)~24週間(6か月)と長い期間に渡って利用が可能となっていて、より多くの利益獲得を目指せるモデルです。

ラインナップは全4種類、各商品ごとに銘柄範囲や契約期間・料金などが異なります。


続いて、短期利用限定モデルの商品の説明に移ります。

◆短期利用限定モデル
単発契約のサービスは短期投資で利益獲得を目指したい方にお勧めです。


投資家の資産状況や投資目的に合わせてプラン設定がされており、利用者の中には複数の商品を同時に購入し「買い」と「売り」の両建てで資産形成を行っている方もいるでしょう。

自分に合ったサービスが気になる方は、直接電話で相談することも可能です。

▶ 循環物色アナライザー 公式サイト

運営元の「株式会社ブライトエース」を検証


続いて循環物色アナライザーの運営会社である「株式会社ブライトエース」について触れていきます。

まず株式会社ブライトエースの法人情報をチェックしていきましょう。

会社の法人情報は、国税庁の法人番号公表サイトで検索することが出来ます。

▼株式会社ブライトエースの法人情報
株式会社ブライトエース 法人情報
引用元:国税庁の法人番号公表サイト

日本の株式市場の中心でもある日本橋兜町に所在する会社のようですね。

株式に関するサービスやツールを利用する際は必ず法人情報をチェックしましょう。

信じられないかと思いますが、悪質な株式サービスの中には運営会社が存在しないという事例も発生しています。

詐欺まがいの行為をする悪徳業者によるデマ情報も出回っているので嘘に惑わされないようにご注意ください

循環物色アナライザーの総括


循環物色アナライザーは、市場で売買されている業種や銘柄の移り変わるサイクルの解析に優れた銘柄選定AIであることがわかりました。

その証拠に、相場の潮目の変化を的確に捉え”次に注目される銘柄を選び出す”循環物色アナライザーは利用者からも高い評価を受けています

投資の神様『ウォーレンバフェット』も注視する循環物色の解析に特化したことで、ハイリターンが狙える有望株を次々に選定してきた循環物色アナライザー。

この最新鋭のAIを活用し、「大衆の心理を逆手に取った投資」を実現出来れば、今の株式市場で勝つ可能性は飛躍的に向上するでしょう。

どんな相場でも結果を残してきた循環物色アナライザーが今後どのような評判を集めていくのか、引き続き動向を皆さんにご報告して参ります。

▶ 循環物色アナライザー 公式サイト

よく読まれている記事

循環物色アナライザー
一押しワケ
を解説

 循環物色を先読みすることに特化した銘柄選定ロボ

 自動スクリーニングで買うべき銘柄が瞬時に分かる!

 下落相場でも200%超え、安定の解析精度!

 詳しく見る

グローイングAI
一押しワケ
を解説

 某有名ファンドをも上回る運用実績

 「テラ」や「DLE」などの高騰銘柄を次々に抽出

 高性能AIが世の中のトレンドを解析

 詳しく見る

循環物色アナライザーへの口コミ

  • サイト名 循環物色アナライザー 投稿者名 名無し
    評価 投稿日 2022年01月21日

    安い商品ではないが、得たリターンを考えれば、とんでもなく安い買い物でした。まさか私程度の資金で、ひと月220万円もの利益を出せるとは夢にも思ってませんでした。

  • サイト名 循環物色アナライザー 投稿者名 ポタージュ
    評価 評価なし 投稿日 2022年01月21日

    200万円ほどの予算で始め2ヶ月ちょっとで500万円超え。アナライザーの商品は安いソフトでもひと月で2倍にはできるって感じかな。しかも相場状況が良くない時に。時間をかけてコツコツみたいなやり方だと、みんな手応えも感じにくいし途方もなくて、途中離脱やハナから実行に移せない人もいるだろうけど、これだけ短期間で稼げると、心理的には もっと!もっと!としかならないね。

  • サイト名 循環物色アナライザー 投稿者名 名無し
    評価 投稿日 2022年01月20日

    私の面倒を見てくれた優しい男性スタッフの方に感謝してます。購入を悩んでた私のくだらない質問も一つ一つ答えてくれましたし、だからこそ安心して買う決断ができました。しかも1銘柄目から70万円も利益が出て、もう感謝の言葉も見当たりません。アナライザーとスタッフさんとロードスターキャピタルは、一生忘れられない思い出になりました。

  • サイト名 循環物色アナライザー 投稿者名 名無し
    評価 投稿日 2022年01月20日

    去年末29日に買い付けたインスペックを、年またぎ売買で約50%利益作って、返す刀で5日に買い付けたロードスターが2週間足らずで約40%。この年末年始のわずかな期間で、運用資金が1000万円を超えてビックリしてます;額も驚きですけど、とにかく稼げるスピードが早すぎて

    注目
  • サイト名 循環物色アナライザー 投稿者名 名無し
    評価 投稿日 2022年01月20日

    自分は過去に何度も失敗重ねてアナライザーに辿り着いたんだけど、株始めたばかりなのに、いきなりアナライザーのソフト使ってる人の書き込みが結構あって驚く。その人たちって、一切株で失敗することなく稼ぎ続けることになるよね?株で稼ぐのなんて簡単楽勝~って勘違いしそう

  • サイト名 循環物色アナライザー 投稿者名 名無し
    評価 投稿日 2022年01月19日

    上がった株が下がるのは株やってれば当たり前に起こること。要はそのサイクルを利用して利益を出せばいいだけの話でしょ。最近堅調だったバリュー株も流れが変わってきたとか今更言ってるアナリストいるけど、グロース→バリュー→グロースっていう循環物色はある程度のスパンで起きてるし。しかも、循環物色アナライザーはそれを見越してか既にトレイダーズHDを12月頭に出してる。先行き不透明とか言ってる記事多いけど、自分はこの1ヶ月弱で300万以上稼げてますけど何か?

  • サイト名 循環物色アナライザー 投稿者名 名無し
    評価 投稿日 2022年01月19日

    ぶっちゃけ昨日は日銀会合だしあんなに暴騰すると思ってなかったんで、前場のうちにロードスターキャピタルを売り抜けて正解!しかも高値より5円安いだけの1380円で売り抜けた自分を誉めたい 笑 967円で2500株持ってたんで、このワントレードだけで100万以上のプラスです♪いやーもうホント最高でした!

    注目
  • サイト名 循環物色アナライザー 投稿者名 名無し
    評価 評価なし 投稿日 2022年01月19日

    至極当然の話をすると、騰がる銘柄がわかってる以上、個別株投資が最強なのは当たり前なんだよね。(わかってない場合は単純に失敗したり、手を広げすぎて薄利になったりするけど)投信やってる人、インデックス投資やってる人、周りは誰も儲かってないし、循環物色アナライザーのソフト使ってるトレーダーだけが勝ち独占できる状況だよ今。

  • サイト名 循環物色アナライザー 投稿者名 名無し
    評価 投稿日 2022年01月18日

    ロードスターが週またいで続伸。約10日間で40%OVER!100万近いPLUS!昨日、半年前に自分に株を勧めてくれた友人に先月は月利で10%を超えたと自慢されたんだが、若干複雑な気持ちになった(笑)

  • サイト名 循環物色アナライザー 投稿者名 名無し
    評価 投稿日 2022年01月18日

    年明け最初の銘柄ロードキャピタルが続伸!自分の取得単価は960円なんで40%超えです♪いやーもう最高のスタートっすね!

  • ▼次の口コミを表示 読み込み中

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 これから注目を集めるテーマ株を自動で抽出

 テーマ投資の進化系、下火テーマの予測も可能に

 勝率80%↑不二精機(6400)などの話題株を選定

 詳しく見る

グローイングAI
一押しワケ
を解説

 某有名ファンドをも上回る運用実績

 「テラ」や「DLE」などの高騰銘柄を次々に抽出

 高性能AIが世の中のトレンドを解析

 詳しく見る