【AIスクリーニング】個人投資家の資産形成を支える注目の最先端ツール。勝率は驚異の7割越え!
【TMJ投資顧問】金融のプロ「渡邉 誠二」の助言を“直に”得られる唯一無二の投資顧問会社
【AIスクリーニング】国内市場の全銘柄データの中から、上昇が期待できる銘柄を独自AIが自動抽出!
【TMJ投資顧問】金融のプロ「渡邉 誠二」の助言を“直に”得られる唯一無二の投資顧問会社
【AIスクリーニング】バックテストの結果は勝率7割越え!もう銘柄選びに悩む必要なし!

AIスクリーニングの評判

AIスクリーニングという投資顧問サイトの口コミやレビュー、コメント評価、AIスクリーニングのネット寸評や評判、さらにサイトに会員登録しAIスクリーニングの無料コンテンツや無料予想、時には実際に購入し有料コースの検証を行っています。AIスクリーニングの指定した銘柄の的中率や急騰情報を加味し、さらに実績の捏造の有無まで細部に渡って徹底分析し、優良投資顧問サイトなのか、それとも悪徳投資顧問サイトなのかを判断し記事にしてします。

「株的中.com」に投稿されたAIスクリーニングの口コミやリアルなタレこみをはじめ、投資顧問サイトや株情報サイトを批評検証している他サイトでまとめている記事や情報、全てを複合的に見て聞いて判定しています。

AIスクリーニングの分析記事内容と検証結果に対しては、株的中.com管理人の個人的主観はできるだけ避け、できる限り客観的な分析や批評記事、株式情報を株的中.comにて集約し公平にまとめ、片寄りなくAIスクリーニングに関する総合的な「口コミまとめ」サイトとなっています。

また、AIスクリーニングの分析記事の結果に物足りない場合、みなさんの口コミやタレこみ、レビューを元に再検証し更新して行きますので、ご要望や検証してほしいサイト名の検証希望をお寄せください。
もしも実際にすでに特定の投資顧問サイトや株情報サイトに登録している場合、またはメルマガ会員になっている方がいましたら「無料銘柄情報・無料銘柄予想」や有料コース、システムトレードの結果に対する情報、使ってみた感想や体験談をお持ちでしたら情報の提供にご協力頂けると幸いです。皆さんのご協力あっての株的中.comですので、是非ともお願いいたします。

合同会社ロイヤルトラストが販売する評判の株銘柄選定ツール「AIスクリーニング」の口コミを「日本最多数」掲載しています。株価の初動を見逃さない最新「AI株ツールの性能」を最新実績から元外資系証券マンが掘り下げました。 386 4.5 5 0 合同会社ロイヤルトラスト
2020-08-04 06:03:57

AIスクリーニング stars93860件のレビュー (4.5/5)

AIスクリーニング 合同会社ロイヤルトラスト
サイト名 AIスクリーニング
サイトURL
運営会社 合同会社ロイヤルトラスト
所在地 東京都千代田区神田佐久間町3-38 第5東ビル5階
運営責任者 上田 健一
MAIL info@ai-screening.net
電話番号 03-6384-4246
AIスクリーニングの口コミ詐欺情報や評判まとめ!


◎AIスクリーニング 最先端株ツールの評判を検証

AIスクリーニング 次世代株ツールの評判


AIスクリーニングは、合同会社ロイヤルトラストが販売する『次世代株ツール』です。

利用者からは「なぜ上昇株をこれだけ的確に選べるのか?」と口コミで評判のAIスクリーニング。

その疑問に元外資系証券マンの私が、同ツールが推奨した銘柄を分析し、お答えします。

まず結論から申し上げますが、数ある株式投資ツールとAIスクリーニングの大きな違い、それは搭載されたAIが入手可能な「情報の量」と「スピード」にあります。

AIスクリーニングは、「企業の業績や成長性」「市況からテーマの先読み」「外国人投資家の動向」など、多岐にわたる情報を瞬時にスクリーニングし、その時々の最適な銘柄を抽出します。


AIスクリーニングの分析力◎という評判を検証


AIスクリーニングの最大の特徴と言えば”分析力”です。

搭載された最新AIが3700銘柄を一括診断し、まだ世間から注目されていない有望株を抽出します。

◎6月も素晴らしい結果を残しています
① ダントーHD[5337]
・(6/8)始値92円 ⇒ (7/17)高値299円 株価上昇率↑225%

② ANAP[3189]
・(6/8)始値437円 ⇒ (6/30)高値1,419円 株価上昇率↑224%

③ GAテクノロジーズ[3491]
・(6/8)始値3,595円 ⇒ (7/10)高値7,780円 株価上昇率↑116%

④ 内外テック[3374]
・(6/4)始値1,629円 ⇒ (7/13)高値3,290円 株価上昇率↑101%

⑤ ディー・エル・イー[3686]
・(6/1)始値171円 ⇒ (6/22)高値945円 株価上昇率↑452%

この中から特筆すべき銘柄を2つ選び、解説付きで紹介します。
▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

② ANAP(3189)
ANAP(3189)のチャート画像
女性向けアパレル・雑貨を展開するANAP(3189)、AIスクリーニングが抽出した6/8から月末にかけて株価は力強い上昇トレンドを続け、1ヶ月弱で3.2倍(437円⇒1419円)にまで跳ね上がりました。

「メルペイ」を活用した「かんたん出品連携」機能を導入したと発表後、株価が急上昇。

当初ANAPは、20年8月期の業績予想が赤字予想など、厳しい経営環境が続いていました。

新型コロナウイルスの影響で、巣籠もり消費が旺盛になることが予想され、ECサイトを通じた売上増になるとの思惑が働いた可能性はあるものの、メルペイ導入まで先読みしていたとしたら、AIの先見の明は確かなものだと言わざるを得ません。

もう一つのポイントは、チャートパターンを読んだ上で銘柄を抽出した可能性があるということ。

ANAP(3189)の株価推移を見ると、チャートパターンのカップウィズハンドルが出現していました。

※カップウィズハンドルとは‥チャートの形が「取っ手の付いたコーヒーカップ」に似てること

カップウィズハンドルになると、株価上昇のサインといわれており、AIスクリーニングはそのサインを見落とすことなく的確に抽出したことがわかります。

このようにテクニカル+ファンダメンタルズの"ハイブリッド推奨"を可能とした、AIスクリーニング。今後投資家からの期待値はさらに高くなることでしょう。

ここで特筆すべき実績をもう一つ

⑤ DLE(3686)
 DLE(3686のチャート画像
IP(著作権などの知的財産権)を開発・取得し、IPを使ったコンテンツやサービスを手掛ける『著作権関連銘柄』のDLE(3686)。

AIスクリーニングがDLE(3686)を抽出した6/1以降、株価はストップ高を連発し、押し目を作りながらも945円まで高騰しました。

これは6/1にTRILLERへの出資が決定されたプレスリリースを発表したことで動意づいた結果。

TikTokを猛追する米国アプリ「TRILLER 」は全世界で8000万超のDLを記録しており、DLEが展開するIPビジネスとの親和性が高いことから投資家の期待が高まり、株価は急騰。

この流れが続くと予測したAIスクリーニングが同銘柄を抽出したものと考えられます。

DLEは株価100円そこそこで低迷する低位株。

それがビッグIRで一気に動意づき、株価が数倍になったわけですが、IRの業績や株価に与えるインパクトを「もしAIが数値的に予測した上で抽出」したのであれば‥

AIスクリーニングの、演算能力の高さが証明された検証結果と言えるでしょう。

▶ 公式サイトを見る 


AIスクリーニングの抽出条件が判明!?


AIスクリーニングの分析能力を検証している際に気づいたのですが、同ツールが抽出した銘柄群には、一定の特徴があることが判明。

◎AIスクリーニングが抽出した「5銘柄の特徴」
・新興市場銘柄が多い(5銘柄中3銘柄)
・ビッグIRが出ている銘柄が多い(5銘柄中4銘柄)
・チャートパターンがカップウィズハンドルになっている銘柄が多い(5銘柄中3銘柄)
・PBRが低めの会社が多い(ほとんどの会社が2倍以下)

↓上記の共通点からは見えてくるAIスクリーニングが着目するポイントは↓
① チャートパターンが株価上昇シグナルの出そうなタイミング。
② 大きなIRが出そうな気配のある銘柄。
③ 前期までの売上成長率が低い銘柄が多め

低迷していた企業の株価がテクニカル的に上昇傾向にあり、かつ、大きなIRが出そうな可能性を秘めている企業…つまり株価上昇の可能性を秘めた有望株にいち早く目を付けているというわけです。

過去には、テンバガー×2を達成した「テラ(2191)」や、「プロルート丸光(8190)」といった話題株を多数抽出しています。


AIスクリーニングが抽出した話題株


▼AIスクリーニングが抽出した大化け株
① テラ[2191]
・(4/6)始値100円 ⇒ (6/8)高値1,925円 株価↑19.25倍

② プロルート丸光[8256]
・(3/23)始値57円 ⇒ (6/8)高値498円 株価↑8.73倍

③ リテールパートナーズ[8167]
・(3/23)始値554円 ⇒ (7/15)高値2,247円 株価上昇率↑4.05倍

④PSS[7707]
・(3/23)始値416円 ⇒ (6/8)高値2,600円 株価↑6.25倍

⑤ フーバーブレイン[3927]
・(3/23)始値580円 ⇒ (5/29)高値2,340円 株価↑4.03倍

実績からもわかるように、新型コロナウイルスの影響で日経平均が1万7,000円を下回った2020年3月末から4月頭にかけ、AIスクリーニングは上記の銘柄たちが急騰することを予測していました。

その証拠に、大化け株の"初動を掴んだ"ユーザーから、喜びのコメントが多数寄せられています。

◆利用者の体験談①
「リテールパートナーズ、4倍突破で利確!そろそろこの銘柄は限界な気がしてるけど、どうなるか。。。まあ尻尾はくれてやるか(笑)」

◆利用者の体験談②
「タイプA、1ヶ月使って8銘柄中6銘柄が利確でした。利確率はんぱないです!投資顧問サイトに高いお金払うよりよっぽどコスパが高い、むしろ圧倒的すぎて比較にならないですね。」

▶ 公式サイトを見る 


以下、AIスクリーニングのサイト全体の検証記事になります。上記の追記と併せてご覧ください。

次世代型株ツール「AIスクリーニング」を検証


AIスクリーニング及び販売業者の合同会社ロイヤルトラストについて、掘り下げていきます。

合同会社ロイヤルトラストが掲げているのは、AIを活用した資産形成です。

既に大手証券会社などで取り入れられているAIによる資産運用を、これからは個人投資家も活用していくことが、株式投資で利益を得るためには必須だと考えている模様。

現在、株式投資で利益を得ている個人投資家は1割程度しかおらず、この1割の大半が機関投資家だと言われています。

資金も潤沢で、投資判断さえも自動化させているプロの機関投資家と対等に渡り合うためには、個人投資家にもAIの活用が必須だと、合同会社ロイヤルトラストは考えているようです。

確かに「銘柄選び」「利確」「損切り」の判断は、すべての投資家の永遠の課題です。

その全てで邪魔になるのが"感情"です。投資家であれば、「あの時どうしてこうしなかったのか」と後悔した経験が1つや2つはあるはずです。勿論私にも数え切れないほどあります。

そういった有機的な判断を排除することで安定した投資成果が期待できる。

これが合同会社ロイヤルトラストがAIを活用することの最大のメリットと考えているのでしょう。


個人投資家が陥りやすい失敗例


AIスクリーニングの公式サイトでは、AIを活用していない個人投資家が陥りやすい失敗例が取り上げられています。

ケース①「証券会社に頼りきって任せてしまう」
そもそもで証券会社は、顧客の売買により発生する手数料が収入源です。つまり、個人投資家が株取引で利益を手に出来たかどうかには興味がないのです。

証券会社の言うことを鵜呑みにしてしまったばかりに↓↓
・強引な営業⇒意図していない銘柄を買ってしまう
・頻繁な売買⇒無駄な売買を繰り返してしまう
・大した成果が出ない⇒知らない内に損失が増えている

といった状態に陥りやすいのです。

多くの人が勘違いしているのが、証券会社の営業マン=運用のプロという点です。

あくまで彼らは販売のプロであって、相場のプロではありません

●ケース②「投資信託による分散投資は必ずしも安全ではない」
証券会社や銀行から、投資信託の営業を受けた方も多いはず。

しかし、情報伝達が進化した昨今は「意外な関連性」から共倒れになるケースも増加しています。

その証拠に「投資信託経験者の約9割の方が結果が出なかった」というデータも出ており、顧客利益を追及できていない実情がそこにはあります。

このような失敗を繰り返している個人投資家を救うため、合同会社ロイヤルトラストは最先端のAIを搭載した銘柄スクリーニングツールの開発に踏み切ったのでしょう。

ツールとしての優位性が認められれば、人気が出て売上も伸びる。そして投資家には投資効率として還元する。双方にとってウィンウィンの関係が気づけるというわけですね。


バックテストの結果を検証


AIスクリーニングには、独自の人工知能(AI)が搭載されており、国内の株式市場の全データの中から、企業価値が高い隠れた有望株を抽出します。

検索条件などのノウハウは一切明かされていませんが、驚異的な勝率だと口コミでも話題です。

公式サイトには、2019年1月4日(大発会)に抽出された「AIスクリーニングType A」のバックテストの結果が公開されていました。

▼AIスクリーニングType Aの実績
・AKIBA(6840)
(1/4)始値:1150円 ⇒ (12/24)高値:8750円 株価上昇率↑660%

・アイル(3854)
(1/4)始値:492円 ⇒ (12/20)高値:2120円 株価上昇率↑330%

・チエル(3933)
(1/4)始値:515円 ⇒ (12/27)高値:2626円 株価上昇率↑409%

・lifull(2120)
(1/4)始値:716円 ⇒ (1/9)高値:800円 株価上昇率↑11%

・ビーバンドットコム(3559)
(1/4)始値:575円 ⇒ (12/26)高値:1839円 株価上昇率↑219%

・tateru(1435)
(1/4)始値:291円 ⇒ (8/6)高値:347円 株価上昇率↑19%

・プラッツ(7813)
(1/4)始値:624円 ⇒ (12/25)高値:1968円 株価上昇率↑215%

・パイプド(3919)
(1/4)始値:787円 ⇒ (12/30)高値:2436円 株価上昇率↑209%

・ウェルスマネジメント(3772)
(1/4)始値:510円 ⇒ (8/16)高値:2745円 株価上昇率↑438%

・エスプール(2471)
(1/4)始値:290円 ⇒ (12/30)高値:848円 株価上昇率↑192%

バックテストの結果ではありますが、上昇銘柄をこれほど的確にスクリーニング(抽出)することは、プロの投資家でも容易ではありません。

さらに驚くべきは、想定上昇率200%を"7銘柄が上回っている"ということ。

勝率の高さに加え、1銘柄ごとの株価上昇率が高いというのがこの「AIスクリーニングType A」の特徴のようです。コストパフォーマンが高いのは、誰の目から見ても明らかですね。

▶ 公式サイトを見る 


AIスクリーニングの抽出銘柄を分析


コストパフォーマンスの高さがわかったところで、ここからはAIスクリーニングがどのような条件で銘柄を選定しているのか、最先端AI株ツールの性能を検証していきます。

今回はAIスクリーニングType Aの実績の中から銘柄を2つ選び、解説付きで紹介します。
▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

▼実績①AKIBA(6840)
AKIBA(6840)のチャート画像
5G・半導体関連銘柄のAKIBA(6840)は、抽出された1/4以降、6月上旬にかけて力強い上昇トレンドを続け、株価は4倍(1150円⇒4715円)にまで跳ね上がりました。

その後は利確の波や夏枯れ相場などがあり、株価は10月まで調整を続け、横ばいが続きます。

株価が動意づいたのは11/11の引け後、同社が20年3月期第二四半期決算発表と同時に、上方修正を発表した翌日。マドを開けて急騰し、5G関連の注目株として人気を高めて強烈な上昇トレンドを年末にかけて形成していきました。

結果的に、約一年で株価は1150円から8294円と7.2倍にまで上昇。

テンバガーとまではいかなかったものの、5Gという投資資金が集まりやすい人気テーマの中でも、業績がよくて株価の上昇余地の高い銘柄を選定したといえます。

ここで特筆すべき実績をもう一つ
時価総額の上昇が大きく、営業利益率の成長性の高さが光る銘柄を紹介します。

▼実績②エスプール(2471)
エスプール(2471)のチャート画像
エスプール(2471)は、コールセンターへの人材派遣と障害者雇用支援に関する農園販売を展開する、『コールセンター関連銘柄』です。

エスプールの株価は、1/4から年間を通して上下動を繰り返しながら上昇トレンドを継続しました。

途中、5月から9月ごろにかけてレンジ相場があったものの、9/30に株式を5分割して以降、株価は上値をブレイク。短期的な下落局面はあったものの、分割で株価が安くなり、買いやすくなったことが株価上昇に拍車をかけました。

年初の株価290円(※分割後株価)が年末には848円(12/30)まで上昇しており、株価そのものは一年で2.9倍になったが、持ち株数は5倍になっており、投資金額の収益としては14.5倍となりました。

この背景には、同社の業績の好調ぶりもさることながら、エスプールが東証一部上場を目指して立会外分売をするなど、積極的なIR活動をしてきたことも挙げられます。

注目すべきは、この銘柄がスクリーニングされたのが2019年の1月4日であるということ。

もしAIが、市場変更や株式分割を踏まえた選定を行っていたとしたら、、、AIスクリーニングを活用した資産運用が今後、個人投資家の間でトレンドになっていくかもしれませんね。

●実績から垣間見えた共通点は4つ
① 自己資金を効率よく使って稼ぐ収益性の高い企業(高ROE)
② 本業で稼ぐ力が年々上昇している企業(本業が絶好調)※営業利益=本業で稼いだ利益
③ 配当を出さずに会社の成長にお金を使う、成長ステージにある銘柄
④ 外国人投資家の動向の影響を受けにくく、PBRも低めの株価の上昇余地が期待できる銘柄

言葉で説明するのは簡単ですが、これらを事前予測して抽出するなど、人の手ではまず不可能です。

▶ 公式サイトを見る 


AIスクリーニングの特長を分析


●AIスクリーニング"独自の強み”
AIスクリーニングの強みは、上昇期待値の高い銘柄を高確率で輩出できる”正確性”にあります。

何故AIスクリーニングは有望株を正確に見抜けるのか?その理由は、AIスクリーニングに組み込まれた人工知能(AI)が人間の有機的判断を排除し、データに基づいた投資判断を下しているからです。

この人工知能(AI)には、国内市場の株式全銘柄のデータがインプットされているだけでなく、過去の株価データや企業の業績まであらゆる情報が内蔵されています。

その中から導きだされた統計パターンと相場の動向を人工知能(AI)が分析、自動学習によって刻々と変わる市場情報や膨大な過去データから、状況に応じた最適な銘柄を抽出してくれます。

●人の頭脳を超えた”究極”の人工知能(AI)
近年はコンピューターのパターン認識能力が飛躍的に向上し、囲碁や将棋でも人工知能(AI)がプロの騎士を凌駕する時代が訪れました。

株式投資の世界も同様で、従来型のヘッジファンドも人の主観やフィルターではなく、AIを駆使した投資判断へと方向転換を進めています。

米国大手ヘッジファンド(ツーシグマ)も、AIを含む自動売買システムを駆使し、運用資金を大幅に伸ばしており、運用実績で年間二桁の投資リターンとその優位性は確かなものだと実証されました。

東証一部を見ても2兆円近い売買代金の過半数がヘッジファンドなどが取り扱うAIによる高速取引されたもので、この比率は今後さらに増えていくことが予測されます。

ならば、個人が機関に勝つにはどうするべきか?
それは、彼らと同等、もしくはそれを超えるレベルの”何か”を手に入れる他ありません。

AIスクリーニングには、機関投資家を情報戦において凌ぐ人工知能(AI)が搭載されています。
そしてその魅力は、誰もが簡単に使えるツールであるということ。

バックテストの結果を見てわかるように、勝率8割という素晴らしい投資成果を残しています。

また他のツールとは違い、人工知能(AI)が自動で銘柄の抽出をしてくれるので、個人の主観によるミスを極限まで減らしてくれます

しかし、完璧なシステムにも”弱点”は存在します。それは「真似されるリスク」があるということ。もし情報が外部に漏れ、ツールの優位性がなくなれば、資金が逃げていく可能性も否定できません。

そのため、AIスクリーニングでは、「抽出条件などのノウハウ」を全て非公開にしています。隠しているわけではなく、投資家の利益のために隠さざるを得ないということですね。

つまり、機関投資家が欲しがる情報やシステムがこのAIスクリーニングのアルゴリズムには組み込まれているということ。AIスクリーニングの認知度は今後さらに加速していくでしょう。

●開発者が明かされていない理由とは?
AIスクリーニングでは、開発者が何者か明記されていません。それは何故なのか?
理由は明確で、アルゴリズム同様に優秀な人材の輩出を防ぐためです。

サイト内でもヘッジファンドへの情報流出を危惧する文言が多数確認できます。

企業の発表や機関投資家の売買、気候や市場環境の変化、それらに加えてツイッターや掲示板などのデータと相場の動きを分析し、運用モデルの開発を日々行っているはずです。

そしてそれらを自動学習し、進化する独自AIの開発となれば、生半可な技術者では不可能。

日本だけでなく、優秀なAI開発者を争奪する戦いが世界各国で繰り広げられています
優秀な技術者を囲いこむのはそれだけ難しいというわけですね。

▶ 公式サイトを見る 


AIスクリーニングのサービス・料金プラン


AIスクリーニングを利用するには、無料の会員登録が必要になります。

▼会員登録はたったの3ステップ
1.公式サイトの登録フォームにメールアドレスを入力
2.「無料でお試し体験を申し込む」をクリック
3.送られてきた「仮登録完了メール」に記載されたURLをクリック

ここまで終われば、会員登録は完了です。

AIスクリーニングでは、投資スタイルや資産状況に合わせて5つの商品が用意されています。

◆AIスクリーニングType A
想定上昇率:200%
商品価格:50万円
利用期間:契約日から30日間
特徴:決算数字だけでなく、潜在的な成長性を秘めた有望株を選定

◆AIスクリーニングType B
想定上昇率:50%
商品価格:15万円
利用期間:契約日から30日間
特徴:AIスクリーニングが提供する商品の中で、最もベーシックな商品

◆AIスクリーニングType C
想定上昇率:30%
商品価格:5万円
利用期間:契約日から30日間
特徴:Type Bと比べて上昇率は劣るが、失敗が少ないと評判

◆AIスクリーニングType S
商品価格:200万円
利用期間:契約日から90日間
特徴:スクリーニング条件や実績が不明

◆AIスクリーニングType SS
商品価格:500万円
利用期間:契約日から180日間
特徴:スクリーニング条件や実績が不明

スクリーニング条件や搭載されている人工知能(AI)のレベルによって、商品価格や利用期間が設けられているようです。

ネット上の評判を見る限り、利用者の多くはAIスクリーニングType Aを利用している模様。

上位2つの商品「Type S」と「Type SS」については、ヘッジファンドや他の機関投資家への情報流出を防ぐため、実績は非開示となっていました。

まあ全ての商品の実績を開示すれば、スクリーニング条件などを解読される可能性もありますからね。個人投資家の利益を最優先するならば正しい判断でしょう。

▶ 公式サイトを見る 


AIスクリーニングの総括


合同会社ロイヤルトラストが販売するAIスクリーニングは、勝率7割超えの実績を誇る「AI株ツール」であることがわかりました。

実績や口コミからもコストパフォーマンスの高さは折り紙つき。「銘柄選びに不安がある」そんな悩みを抱える投資家にとって、AIスクリーニングは救世主となってくれる存在かもしれません。

AIスクリーニングに搭載されている人工知能(AI)は、日々進化を続けています。

ビッグデータを活用した高度な分析力を持つAIスクリーニングが、今度どのような評判を集めていくのか。引き続き、AIスクリーニングの動向を皆さんにご報告して参ります。


AIスクリーニング

一押しワケを解説

勝率7割超え!驚異のスクリーニングツール

急騰期待株を人工知能(AI)が自動抽出

国内株式市場の全銘柄データが集約!

▶︎ 詳しく見る

AIP

一押しワケを解説

株価上昇のメカニズムを熟知

現場第一主義、中野代表の現場力

企業分析力はトップクラスの”一流”投資顧問

▶︎ 詳しく見る


AIスクリーニングの口コミ

投稿日2020年08月03日投稿者匿名
評価stars9サイト名AIスクリーニング
ロコンド、Jストリームと利確して利益が着々と増えてきた。資産運用はこつこつとかって聞いたけどやっぱり投資家ならどこかで勝負する必要はあると自分は思う。そのタイミングは人それぞれだろうけど自分はAIスクリーニングがそのスイッチを押してくれた感じかな。
投稿日2020年08月03日投稿者匿名
評価stars9サイト名AIスクリーニング
TypeAほんと優秀ですよね。自分は8月1日の再購入で4回目の購入になりました。利確を平均3倍で獲れるツールは知るところAIスクリーニングしかないです。
投稿日2020年08月02日投稿者名無し
評価stars9サイト名AIスクリーニング
タイプA、既に3回リピートしてますが、いまだにマイナスで終わったことは一度もないです。3月から使い始めて既に900万円以上儲かってます。テラのテンバガーもすごかったですけど、それ以降も2倍、3倍超える銘柄がどんどん出てきてます。 注目
投稿日2020年07月31日投稿者匿名
評価stars9サイト名AIスクリーニング
今回のTypeAのピックアップ銘柄は必ず仕込んでほしいと念を押されたので1000万ぶん回してみた(笑)これまでの恩恵があるので乗っかっちゃったよね(笑)さぁて1000万がいくらになるか楽しみだな(笑)
投稿日2020年07月30日投稿者匿名
評価stars9サイト名AIスクリーニング
ここの口コミを見てタイプAの利用を始めました。2銘柄に仕込みまして既に含み益120万。120万は驚きはしませんが、想像以上に早いです。
投稿日2020年07月30日投稿者匿名
評価stars9サイト名AIスクリーニング
ここのAIは一般投資家じゃ選ばないようなセクター攻めてくるよね。え?そこ?みたいな感じだから最初は思いきり仕込めなかったけど、TypeAで8発連続利確なんてやばい結果見せつけられたんで今は信者的な感じになってますよw
投稿日2020年07月29日投稿者セミラブル
評価stars9サイト名AIスクリーニング
今週も良い形で利益を積み重ねる事が出来ました。70%の上昇を取れたのが大きいです。一銘柄だけで70万円近い利益ですからね。美味しすぎますよ。
投稿日2020年07月29日投稿者匿名
評価stars9サイト名AIスクリーニング
タイプA銘柄だけで獲得利益は600万オーバー、勝ちゲームだなこれ
投稿日2020年07月28日投稿者名無し
評価stars9サイト名AIスクリーニング
5月に仕込んでたPR TIMESとロコンドの2銘柄で200万超えの利益です。ロコンドは6月末に売ろうか悩んでたんですけど、「営業利益の黒字」の話が出てそこからは一気に急騰。今みたいな相場とAIスクリーニングの愛称はある意味いいのかもしれないね(笑) 注目
投稿日2020年07月28日投稿者匿名
評価stars9サイト名AIスクリーニング
タイプAを買ってから投資効率が格段に良くなりました。旬の銘柄をAIがピックアップしてくれるので私は仕込むだけ。売り時も目安がわかるので付近で指値を入れて待機するだけ。AIスクリーニングのタイプAはただこれだけで私の10年の経験をはるかに上回る利益を出してくれるので有難い商品ですよ。

▼次の口コミを表示

 ▼口コミ投稿フォーム

投稿者名
評価
コメント
 

サイトメニュー

口コミstars1評価

AIスクリーニング
管理人評価:Sランク
口コミ評価:stars9
(平均4.5 レビュー総数386件)

ライジングブル投資顧問
管理人評価:Cランク
口コミ評価:stars3
(平均1.3 レビュー総数407件)

投資顧問BEST(ベスト)
管理人評価:Cランク
口コミ評価:stars2
(平均1 レビュー総数42件)

投資顧問プラン(PLAN)
管理人評価:Cランク
口コミ評価:stars2
(平均1.1 レビュー総数20件)

TMJ投資顧問
管理人評価:Aランク
口コミ評価:stars9
(平均4.3 レビュー総数133件)


▽管理人評価の基準▽
・Sランク/★4以上(中でも高評価)
・Aランク/★4以上
・Bランク/★2〜★4
・Cランク/★0〜★2