【循環物色アナライザー】"今買うべき銘柄"を教えてくれる銘柄選定ロボ
【TMJ投資顧問】金融のプロ「渡邉 誠二」の助言を“直に”得られる唯一無二の投資顧問会社
【投資顧問AIP】上場企業のバイアウトを手掛けた元ベンチャーキャピタリストが代表を務める投資顧問サイト
【循環物色アナライザー】株式市場のサイクルを先読みし急騰候補株を自動選定
【投資顧問AIP】個人投資家の資産形成を支援する投資顧問サイト

話題株セレクトの評判

話題株セレクトという投資顧問サイトの口コミやレビュー、コメント評価、話題株セレクトのネット寸評や評判、さらにサイトに会員登録し話題株セレクトの無料コンテンツや無料予想、時には実際に購入し有料コースの検証を行っています。話題株セレクトの指定した銘柄の的中率や急騰情報を加味し、さらに実績の捏造の有無まで細部に渡って徹底分析し、優良投資顧問サイトなのか、それとも悪徳投資顧問サイトなのかを判断し記事にしてします。

「株的中.com」に投稿された話題株セレクトの口コミやリアルなタレこみをはじめ、投資顧問サイトや株情報サイトを批評検証している他サイトでまとめている記事や情報、全てを複合的に見て聞いて判定しています。

話題株セレクトの分析記事内容と検証結果に対しては、株的中.com管理人の個人的主観はできるだけ避け、できる限り客観的な分析や批評記事、株式情報を株的中.comにて集約し公平にまとめ、片寄りなく話題株セレクトに関する総合的な「口コミまとめ」サイトとなっています。

また、話題株セレクトの分析記事の結果に物足りない場合、みなさんの口コミやタレこみ、レビューを元に再検証し更新して行きますので、ご要望や検証してほしいサイト名の検証希望をお寄せください。
もしも実際にすでに特定の投資顧問サイトや株情報サイトに登録している場合、またはメルマガ会員になっている方がいましたら「無料銘柄情報・無料銘柄予想」や有料コース、システムトレードの結果に対する情報、使ってみた感想や体験談をお持ちでしたら情報の提供にご協力頂けると幸いです。皆さんのご協力あっての株的中.comですので、是非ともお願いいたします。

話題株セレクトは時事ニュースや企業の収益率をAIが解析し、近い将来『相場を牽引する有望テーマ株』を予測する銘柄抽出ソフトウェアです。株価3倍超え銘柄も抽出する話題株セレクトの性能を元外資系証券マンが検証しました。
2020-10-28 14:29:36

話題株セレクト stars000件のレビュー (0/5)

話題株セレクト
サイト名 話題株セレクト
サイトURL
運営会社
所在地
運営責任者
MAIL
電話番号
話題株セレクトの口コミ詐欺情報や評判まとめ!


◎話題株セレクト 相場を牽引する「有望テーマ株選定ロボ」

話題株セレクトの特徴


話題株セレクトとは、話題のニュースや企業の収益性・成長性をAIが独自に解析し、近い将来"相場を牽引"する有望テーマ株を予測する銘柄抽出ソフトウェアです。

話題株セレクトが選定した銘柄は、テーマ株特有の「短期で大幅な株価上昇」が期待できるだけでなく、将来的な成長性も見込める有望株ばかり。

独自開発されたテーマ株特化型アルゴリズムを搭載し、テーマの"先読み"を可能にした話題株セレクトの性能を検証した結果、不況にも強いスクリーニングソフトであることがわかりました。


銘柄実績を検証


話題株セレクトの公式サイトには、短期で大幅な株価上昇を遂げた銘柄が多数公開されています。

これから"旬を迎えるテーマ"を先読みし、急騰目前の有望株を『株価の初動前に知る』ことが如何に重要か、この投資実績をご覧になれば実感できるはず↓↓

▼話題株セレクトが抽出した有望株
① BASE[4477]
・(7/16)始値5,280円 ⇒ (10/8)高値17,240円 株価上昇率↑226%

② チェンジ[3962]
・(7/30)始値4,655円 ⇒ (9/25)高値12,580円 株価上昇率↑170%

③ メディアリンクス[6659]
・(7/16)始値328円 ⇒ (9/11)高値868円 株価上昇率↑164%

④ GNI[2160]
・(7/3)始値1,520円 ⇒ (10/6)高値4,070円 株価上昇率↑168%

⑤ NO.1[3562]
・(7/29)始値1,650円 ⇒ (9/25)高値3,850円 株価上昇率↑133%

バックテストでは、株価3倍超のBASEを始め、株価上昇前の"有望銘柄"を話題株セレクトが選定していたことがわかります。

株式投資は結果が全て、結果が出せないサービスは淘汰されていきます。

驚異的な勝率に加え、株価2倍超えの銘柄を多数輩出する話題株セレクトは「すぐに結果を求める」投資家にとって、優位性の高いサービスと言っても過言ではないでしょう。


話題株セレクトの性能を分析


話題株セレクトのポテンシャルの高さが明らかになったところで、ここからはどのような条件で銘柄を選定しているのか、性能面の検証を簡単に行っていきます。

今回は話題株セレクトの実績の中から特筆すべき銘柄を2つ選び、解説付きで紹介します。

① BASE(4477)
話題株セレクト抽出したBASE(4477)
個人、小規模事業者向けECプラットフォームなどを運営する『Eコマース関連株』のBASE(4477)。

3月のコロナショックで株価が底を打って以降、当銘柄の株価は力強い上昇トレンドを形成。

コロナ渦の中"成長株"として人気化し、3月につけた774円の底値から20倍以上の強烈な株価上昇を遂げました。

話題株セレクトが当銘柄を抽出した日は、チャートを見ると押し目となっており、移動平均線も3本とも上向き状態、トレンドラインも機能していたことから株価は7/16以降も上昇していきました。

ファンダメンタル面においては、BASEの手掛ける事業がコロナ禍に対するニーズに対応しており、ニーズがさらに拡大することが予想されます。

2020年12月期の業績も黒字転換が予想されており、株価上昇の要素は揃っていたと言えるでしょう。

④ GNI(2160)
話題株セレクト抽出したGNI(2160)
続いて検証するのは、中国を拠点とするバイオ創薬ベンチャーのGNI(2160)。

抽出当時、5/15付近から続くレンジ相場の最中であったが、8/18にマドを開けて株価が急騰して以降、強烈な上昇トレンドを形成し、株価は約3倍にまで上昇しました。

株価上昇の要因は、8/17にGNIが肝線維症治療候補薬として第2相臨床試験を実施していたF351について、試験完了&試験結果が良好だったことを公表したことがきっかけ。

あくまで憶測ではありますが、治験スケジュールをある程度予測し、もう近々試験の結果が出ることを先読みした選定を話題株セレクトが行っていたと考えても不思議はありません。

バイオ関連の中で、創薬ベンチャーで治験結果が良好であれば、一気に人気化し株価が急上昇するケースは多々あります。GNIの治験結果が良好であることも予測していたのでしょう。

コロナ禍の中、資金が集中しやすいテーマの中でも、特に成長性の高い銘柄を選定していた話題株セレクト。これから年末相場に向け、"有望株の選定に一役買う"銘柄抽出ソフトと言えるでしょう。

▶ 公式サイトを見る 


話題株セレクト“本当の実力”


話題株セレクトは、旬を過ぎたテーマ株の選定も可能にしています。

旬を過ぎた株など選定できたところで何もならないのでは?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、話題株セレクトが不況にも強い銘柄抽出ソフトウェアと呼ばれる理由はここにあります。

旬を過ぎたテーマ株を予測できるとは即ち、下落する銘柄の抽出が可能だということ。

つまり、空売りの指標としても話題株セレクトは活用することができます。株取引は「安く買って高く売る」が基本ですが、空売りの場合は相場全体が下落している場面でも利益が狙えます

相場の上昇・下落局面を問わずして投資成果が期待できる、そんな隙を生じぬ二段構えの話題株セレクトは、他の株ソフトと一線を画すと言っても過言ではありません。

今後、話題株セレクトから提供が期待できる銘柄の具体例が以下。

◆アンジェス(4563)
アンジェスの株価が大きく上昇した背景には、そーせいグループなどの創薬ベンチャー銘柄が注目を集めていたことに加え、国産初の遺伝子治療薬「コラテジェン」の開発に成功。

2017年には、豪州で高血圧DNAワクチンの臨床試験を届け出し人気化。2020年には大阪大学と共同で新型コロナウイルスの感染予防用DNAワクチンの開発に着手すると発表し、人気が再燃。

◆アンリツ(6754)
キーサイト(米)、ローデ・シュワルツ(独)に並ぶ、この分野の世界三大メーカー。

5Gの用途が非常に幅広く、その分需要も非常に多いことに加え、2020年3月から国内における商用サービスが始まるということで、それに合わせての投資家の期待が高まった。

◆システナ(2317)
システナはMaasと5G、両方の関連銘柄で、それぞれの投資テーマから注目を集めやすい土壌があった。業績も好調で2009年から2019年には売上が7倍に成長

また、配当性向40%を抱えており、高配当性向のため、株主還元策に積極的な企業への投資を好む投資家からの資金が入りやすかった。

◆ALBERT(3906)
約1年で株価13倍の急騰を見せたALBERTは、自社開発アルゴリズムを駆使したディープラーニング技術を活用したビッグデータ分析に強みを持つ。

同社が取り組む事業はAIだけでなく、成長が期待されているIoT分野、自動運転技術も含まれており、投資家の注目を集めやすい環境があった。

また大手企業との業務提携などにも積極的だったことに加え、同社が得意とするAIのユーザー企業も多岐にわたり、潜在的な顧客を含めると同社への引き合いは今後も伸びることが期待されて業績、株価ともに伸びていったものと考えられる。

将来注目を集めるテーマ予測を可能にした話題株セレクトの実力を考えれば、2020年代はこれ以上の実績を期待していいでしょう。

▶ 公式サイトを見る 


話題株セレクトのサービス・価格


話題株セレクトでは、投資スタイルや予算に合わせて6つのプランが用意されています。

◆トップセレクト
◆ショートセレクト
◆ネクストコングロマリット
◆パーフェクトセレクト
◆短期セレクト
◆長期セレクト

買いから売り、そして短期トレードから長期トレードと、様々なサービスが用意されています。

市況の変化や相場状況に応じてサービスを使い分けるも良し、複数のサービスを併用し、買いと売りの両建てでの運用も効果的な利用法でしょう。


話題株セレクトの登録方法


話題株セレクトの登録手順は、至ってシンプルです。

▼会員登録はたったの3ステップ
1.公式サイトの登録フォームにメールアドレスを入力
2.「お試し体験版を申し込む」をクリック
3.送られてきた「仮登録完了メール」に記載されたURLをクリック

ここまで終われば、会員登録は完了。お試し版の利用が可能になります。

有料版では、より高度な解析力を持ったテーマ株特化型アルゴリズムを搭載しており、無料版よりも収益性に富んだ銘柄の抽出が期待できます。

▶ 公式サイトを見る 


話題株セレクトの総括


話題株セレクトは企業の成長性や業績、外国人投資家の動きなど、様々な情報をAIに解析させることで"有望テーマ株"の選定を可能した銘柄選定ロボであることがわかりました。

実績からも分かるように銘柄の選定力は一級品、さらに投資家のレベルによって収益性に差が生まれるスクリーニング条件の指定も一切不要の実用性に長けたこのソフトウェア。

国内全銘柄に対応し、急騰性の高いテーマ株を自動で選定する話題株セレクトがどのような評判を集めていくのか、引き続き動向を皆さんにご報告して参ります。


循環物色アナライザー

一押しワケを解説

"今買うべき銘柄"を教えてくれる銘柄選定ロボ

循環相場のサイクルを先読み!急騰候補株を選定

今の相場でこそ活躍が期待できる万能アイテム

▶︎ 詳しく見る

TMJ投資顧問

一押しワケを解説

外資証券出身「渡邉誠二」の分析能力

会員の利益を最優先、抜群のサポート力

金融マンとして築いてきた独自の情報網

▶︎ 詳しく見る


話題株セレクトの口コミ

 ▼口コミ投稿フォーム

投稿者名
評価
コメント
 

サイトメニュー

口コミstars1評価

投資顧問AIP
管理人評価:Aランク
口コミ評価:stars9
(平均4.4 レビュー総数123件)

循環物色アナライザー
管理人評価:Sランク
口コミ評価:stars9
(平均4.5 レビュー総数117件)

投資顧問BEST(ベスト)
管理人評価:Cランク
口コミ評価:stars2
(平均1.1 レビュー総数66件)

株エヴァンジェリスト
管理人評価:Cランク
口コミ評価:stars3
(平均1.6 レビュー総数1124件)

TMJ投資顧問
管理人評価:Aランク
口コミ評価:stars9
(平均4.4 レビュー総数263件)


▽管理人評価の基準▽
・Sランク/★4以上(中でも高評価)
・Aランク/★4以上
・Bランク/★2〜★4
・Cランク/★0〜★2