循環物色アナライザー 1,316件のレビュー(4.4/5)

 循環物色アナライザー 評判を確率した「圧倒的」費用対効果

費用対効果の高さが評判を呼び、確固たる地位を確立した循環物色アナライザー。

その機能は、株式市場の循環物色データを解析し、ハイリターンが狙える有望期待株を選別してくれる銘柄選定ロボです。

2022年に入っても、循環物色アナライザーの予測精度は衰えることを知らず。

世間の関心が移り変わる循環物色のサイクルをAI×統計データに解析させることで、他を圧倒する高いコストパフォーマンスを実現しています。

▼循環物色アナライザーの最新口コミ

『インスペック=+49%、中京医薬品=+40%、ロードスターC=+42%、この年末年始に私がアナライザーの出す銘柄で実際に売買したものです。過去には株価3倍、4倍といった大化けも出てるようですが、おそらく私の売買した銘柄でわかるように、40%台の収支がワントレードでの平均値だと思います。』

1銘柄あたりの平均上昇率が40%超えというのは驚きですね。

しかも、品質を落とすことなくコンスタントに有望株を選定し続けているとなれば、投資家から一目置かれるのも納得です。

▶ 循環物色アナライザー 公式サイト

株の勝ち方を教えてくれると評判の循環物色アナライザー


2022年も既に1ヶ月が過ぎ、決算シーズンを迎えようとしている株式市場。

そんな中で昨年から「株の勝ち方が学べる」との評判が寄せられているのが、この循環物色アナライザーです。

▼循環物色アナライザーの口コミ
『この3ヶ月、株の勝ち方を循環物色アナライザーには教わった気がします。短期のスイングトレードで複利運用をする。それが今の相場における最適解だと思います。おかげで目標だった資産一千万円を3ヶ月で達成することが出来ました。』

口コミからも分かるように、日経平均が乱高下していた年末年始相場でも、循環物色アナライザーの利用者は安定した収支を手にしていたことがわかります。

昨年12月以降に循環物色アナライザーが選定した銘柄を見ると、大化けとまではいかないものの、数日から数週間で40%以上の上昇を見せた銘柄が抽出されています。

▼循環物色アナライザー 最新銘柄実績
・アスカネット(2438)
2022年01月26日 株価 711円(始値)
2022年02月10日 株価 1,317円(高値)
株価上昇率 85.2%↑

・ロードスターキャピタル(3482)
2022年01月05日 株価 975円(始値)
2022年01月31日 株価 1,494円(高値)
株価上昇率 53.2%↑

・インスペック(6656)
2021年12月29日 株価 1,370円(始値)
2022年01月04日 株価 2,038円(高値)
株価上昇率 48.7%↑

・中京医薬品(4558)
2021年12月15日 株価 255円(始値)
2022年01月11日 株価 364円(高値)
株価上昇率 42.7%↑

・トレイダーズHD(8704)
2021年12月01日 株価 286円(始値)
2022年01月18日 株価 412円(高値)
株価上昇率 44.0%↑

株式投資の基本は勝つことより負けないこと。

循環物色アナライザーの実績からもそれを体現している様子が伺えます。

ただ利用者の中には「この上昇率では満足できない」なんていう声も↓

▼循環物色アナライザーの口コミ
『去年10月~12月にグローバルウェイや鉄人化計画みたいに、株価が何倍もに大化けした銘柄を4銘柄くらい経験してしまったんで、今年に入って50%前後の利益が続いてるのにちょっと不満感じてます(笑)』

この感覚がズレてるかどうかは別として、あくまで循環物色アナライザーの利用者にとっては、50%前後はアベレージということなんでしょう。

そこから更にプラスαを要求されている今の循環物色アナライザー。

そうなってしまった背景には、コロナショック以降、株価2倍・3倍を超えるハイリターン株を多数選定してきたことが関係しているようです。

▶ 循環物色アナライザー 公式サイト

循環物色アナライザーがこれまで選定してきたハイリターン銘柄実績


コロナ禍で需要を取り込んだ銘柄が上位を独占した2020年から、好決算銘柄と成長が期待される銘柄が物色された2021年。

循環物色アナライザーも”後に相場を牽引したハイリターン株を選定”していました。

▼循環物色アナライザーの銘柄実績
・グローバルウェイ(3936)
抽出日 10月13日 株価 569円(始値)
高値日 11月11日 株価 1,688円(高値)
株価 2.96倍↑

・鉄人化計画(2404)
抽出日 10月13日 株価 318円(始値)
高値日 11月11日 株価 727円(高値)
株価 2.28倍↑

・リボミック(4591)
抽出日 08月25日 株価 318円(始値)
高値日 12月10日 株価 944円(高値)
株価 2.96倍↑

時期を問わず、これだけの高騰銘柄を動意づく前に抽出できるのも循環物色アナライザーならではの特徴と言えるでしょう。

それは製品名にもあるように、循環物色の解析に特化したAIを搭載しているから。

株式市場では時期は違えど、常に買いが集中する業種やテーマが必ず存在します。

それは人々の興味・関心と同じで常に循環しているので、そのサイクルを知れば、相場の良し悪しを問わず「今買うべき銘柄」への投資を可能にしてくれるわけです。

それが垣間見えたのが2021年の6月。米連邦準備理事会(FRB)の将来の利上げを意識させる材料が月半ばに出たことで、米国株に連れて日本株も大きく値を下げました。

多くの投資家が先が読めず足踏みをしていた中で、循環物色アナライザーは”株価4倍超えのプロルート丸光を抽出”しています。

・プロルート丸光[8256]
循環 プロルート実績

相場全体が冷え込むような悪材料が発表されたときでも、ハイリターンが期待できる銘柄を的確に予測してた循環物色アナライザー。

論より証拠とはまさにこの事ですね。

ウォーレンバフェットの言葉に「みんながどん欲な時に恐怖心を抱き、恐怖心を抱いている時にどん欲であれ」というものがあります。

株式投資は”理性が感情にコントロールされたら負け”です。

周りに合わせるのではなく、大衆の心理を逆手に取って投資をする

国内外問わず名をはせた投資家たちはそうして成功を収めてきています

大衆がどのように動き、それがどういった形で株価に反映されるのか?

株式市場における投資家の関心を正確に解析できるからこそ、循環物色アナライザーは「今の相場でも結果を残す」ことが出来ているのでしょう。

▶ 循環物色アナライザー 公式サイト

ウォーレン・バフェットも”目を光らす”株式市場の循環物色


株式市場における循環物色を把握することは、2022年の相場を勝ち抜くための重要なファクターと言えます。

例えば、昨年12月のFOMCでは、国債などを大量に購入する量的緩和の縮小(テーパリング)の加速や、利上げ予測が早まったことを受け、金融株が物色されました。

年明けの国内株式市場、個別株の値上がり率ランキングを見ても、それは顕著にあらわれています。

1/6に日経平均株価が800円以上下落する中、三菱UFJやりそなといったメガバンクを始め、愛知銀行や栃木銀行などの地銀株も株価を伸ばしています。

もう少し遡ると、コロナ渦の最中(2020年8月30日)に、ウォーレンバフェット率いる『バークシャー・ハサウェイ』が、日本5大商社株を発行済み株式数5%程度(合計6600億円分)で購入したことを発表しました。

この出来事は2020年の循環物色を象徴する出来事だったと言えます。

当時、新型コロナウイルスの影響を受け、経済は低迷。解決の糸口もなかなか見えない、先行き不透明な状況でした。

そんな中、FRBがインフレ(物価上昇)が起こりやすい政策へと舵を切ったこと。

そして、世界各国の中央銀行が民間の銀行を通じて多くのお金を出回らせることで経済の活性化を図りました。

インフレヘッジという言葉があるように、インフレになると金や不動産といった資産の価格が上昇しやすい傾向にあります。

そしてバフェット氏が購入した商社の株価は、金や資源価格と連動しやすいとしても知られています。

つまり、インフレが起こり金や資源への資金が回ってくる。それに連動する形で”商社株へも資金が循環する”とバフェットは予測したと考えられるわけです。

更には、バフェット氏が購入した商社株(三菱商事、伊藤忠、三井物産、住友商事、丸紅)が、割安であったことも投資を決める要因となったのでしょう。

結果的に、五大商社の株は大幅な株価上昇を遂げています。

▼バフェットが購入した商社株
三菱商事(8058)
2020年08月31日 株価 2,450円(始値)
2021年01月06日 株価 3,813円(高値)
株価上昇率 55.6%↑

伊藤忠(8001)
2020年08月31日 株価 2,697円(始値)
2021年04月01日 株価 3,656円(高値)
株価上昇率 35.5%↑

三井物産(8031)
2020年08月31日 株価 1,861円(始値)
2022年01月06日 株価 2,845円(高値)
株価上昇率 52.8%↑

住友商事(8053)
2020年08月31日 株価 1,335円(始値)
2022年01月06日 株価 1,738円(高値)
株価上昇率 30.1%↑

丸紅(8002)
2020年08月31日 株価 614.2円(始値)
2022年01月05日 株価 1,158円(高値)
株価上昇率 88.5%↑

バフェット(バークシャー)の実績からも分かるように、循環物色を正確に予測することで高い勝率、そしてハイリターンの利益を手にすることが可能になります。

投資家の興味・関心、更には資金がどのように動くのかを予測することは簡単ではありません。

しかし、それを高性能のAIが手助けしてくれるとしたら‥。

循環物色アナライザーは、2022年の相場を勝ち抜くためのヒントを教えてくれる貴重な存在と言えるでしょう。

▶ 循環物色アナライザー 公式サイト

循環物色アナライザーのサービス・料金


循環物色アナライザーは、「長期利用が可能なモデル」と「短期利用に限定されたモデル」の大きく分けて2種類のモデルが存在しています。

◆長期利用が可能なモデル
その名の通り、4週間(1ヶ月)~24週間(6か月)と長い期間に渡って利用が可能となっていて、より多くの利益獲得を目指せるモデルです。

ラインナップは全4種類、各商品ごとに銘柄範囲や契約期間・料金などが異なります。


続いて、短期利用限定モデルの商品の説明に移ります。

◆短期利用限定モデル
単発契約のサービスは短期投資で利益獲得を目指したい方にお勧めです。


投資家の資産状況や投資目的に合わせてプラン設定がされており、利用者の中には複数の商品を同時に購入し「買い」と「売り」の両建てで資産形成を行っている方もいるでしょう。

自分に合ったサービスが気になる方は、直接電話で相談することも可能です。

▶ 循環物色アナライザー 公式サイト

運営元の「株式会社ブライトエース」を検証


続いて循環物色アナライザーの運営会社である「株式会社ブライトエース」について触れていきます。

まず株式会社ブライトエースの法人情報をチェックしていきましょう。

会社の法人情報は、国税庁の法人番号公表サイトで検索することが出来ます。

▼株式会社ブライトエースの法人情報
株式会社ブライトエース 法人情報
引用元:国税庁の法人番号公表サイト

日本の株式市場の中心でもある日本橋兜町に所在する会社のようですね。

株式に関するサービスやツールを利用する際は必ず法人情報をチェックしましょう。

信じられないかと思いますが、悪質な株式サービスの中には運営会社が存在しないという事例も発生しています。

詐欺まがいの行為をする悪徳業者によるデマ情報も出回っているので嘘に惑わされないようにご注意ください

循環物色アナライザーの総括


循環物色アナライザーは、市場で売買されている業種や銘柄の移り変わるサイクルの解析に優れた銘柄選定AIであることがわかりました。

その証拠に、相場の潮目の変化を的確に捉え”次に注目される銘柄を選び出す”循環物色アナライザーは利用者からも高い評価を受けています

投資の神様『ウォーレンバフェット』も注視する循環物色の解析に特化したことで、ハイリターンが狙える有望株を次々に選定してきた循環物色アナライザー。

この最新鋭のAIを活用し、「大衆の心理を逆手に取った投資」を実現出来れば、今の株式市場で勝つ可能性は飛躍的に向上するでしょう。

どんな相場でも結果を残してきた循環物色アナライザーが今後どのような評判を集めていくのか、引き続き動向を皆さんにご報告して参ります。

▶ 循環物色アナライザー 公式サイト

よく読まれている記事

REGAIN(リゲイン)
一押しワケ
を解説

 たった4ステップで始められる最新AIシステム

 短期急騰期待株がボタン1つで選定可能!

 勝率7割超!10倍株も抽出した解析性能とは?

 詳しく見る

Alpha AI
一押しワケ
を解説

 下落相場でも安定した予測精度

 抽出銘柄の最大上昇率は1000%超え!

 初心者も納得のコストパフォーマンス◎

 詳しく見る

循環物色アナライザーへの口コミ

  • サイト名 循環物色アナライザー 投稿者名 名無し
    評価 投稿日 2022年03月17日

    大口とかの資金がどう動くか本当に予測してるとしか思えないです。心のどこかでFOMCにビビってたんですが、アナライザー信じて正解でした。

  • サイト名 循環物色アナライザー 投稿者名 名無し
    評価 投稿日 2022年03月14日

    去年6月のFOMCの発表後もここの出した銘柄は良い動きでしたし、その時も1ヶ月で200万近い利益を得ました。今回もネットの意見は無視してアナライザー一本でいくつもりです。

  • サイト名 循環物色アナライザー 投稿者名 名無し
    評価 投稿日 2022年03月10日

    グロース株・バリュー株で循環物色が起きてますね。
    あのタイミングでの商社株って考えるとやっぱりバフェットって凄いよな。

  • サイト名 循環物色アナライザー 投稿者名 名無し
    評価 評価なし 投稿日 2022年03月05日

    ここのaiで軍資金を作った後にココよりも評価の高い別aiを使ったがそっちはここよりも更にすごかった

  • サイト名 循環物色アナライザー 投稿者名 名無し
    評価 投稿日 2022年03月02日

    アナライザーを含めAI系のソフトを使ってるのですが、このAIもなかなか悪くないですね。

    昨年の9月もレノバでで利益出たんですが、乱高下してる相場の中でも利益が出ると精神的にも安定します。

  • サイト名 循環物色アナライザー 投稿者名 名無し
    評価 投稿日 2022年02月27日

    コロナ、利上げ、侵略戦争と三重苦。こんな酷い曲面でも、今月の月利は+550万円と過去最高益(笑)もう怖がるものはなにもないです。今後どれくらいの大化け銘柄が出るか次第ですが、何とか5月の大型連休までに「億」作ってみたいですね。そしたらちょっとだけ資金を抜いて、家族と豪遊したいと思います。

    注目
  • サイト名 循環物色アナライザー 投稿者名 名無し
    評価 投稿日 2022年02月27日

    今月ももう終わりですね~なんだか、アスカネットに始まり、アスカネットに終わったような、そんな月でした(笑)約半月で+130%は今思い返しても素晴らしい

  • サイト名 循環物色アナライザー 投稿者名 名無し
    評価 投稿日 2022年02月26日

    毎月1銘柄は絶対に2倍以上に化ける銘柄が出てる気がしますね。他の銘柄もこれだけ地合いが悪いのに、40%下回ることはほぼ無いですし。評判調べて使ってみましたが、ここのトレードソフトは大当たりでした。

  • サイト名 循環物色アナライザー 投稿者名 名無し
    評価 投稿日 2022年02月26日

    もっととんでもない高額商品を想像してましたが5万円と知りビックリしました。そして使ってみてもっとビックリ!2週間程度の運用で40%前後上がる銘柄が5万円とは。これ以上に安い買い物ってないと思います!

  • サイト名 循環物色アナライザー 投稿者名 名無し
    評価 評価なし 投稿日 2022年02月25日

    ここで出た少し多めのお小遣いでロシア株式インデックス連動ETF買ってみようかなって思ってます。露がクリミア攻めたときもそうだけど経済制裁の影響はたかが知れてる。なんだかんだで春前にはもう騒動は収まってるでしょ。そうすれば今落ちてるものに資金が流れてきて割安になってる株にまた資金が集まってくるだろうし。

  • ▼次の口コミを表示 読み込み中

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

REGAIN(リゲイン)
一押しワケ
を解説

 たった4ステップで始められる最新AIシステム

 短期急騰期待株がボタン1つで選定可能!

 勝率7割超!10倍株も抽出した解析性能とは?

 詳しく見る

Alpha AI
一押しワケ
を解説

 下落相場でも安定した予測精度

 抽出銘柄の最大上昇率は1000%超え!

 初心者も納得のコストパフォーマンス◎

 詳しく見る