FX・株式投資応援ブログ 1件のレビュー(2/5)

FX・株式投資応援ブログ

 FX・株式投資応援ブログ

FX・株式投資応援ブログ優良投資顧問なのか悪徳株情報サイトを運営しているだけなのか。ネットの口コミ評判を見る限り、情報が不足しているようです。
早速、HP等の検証を行っていきたいと思います。

まずFX・株式投資応援ブログが如何なる投資顧問サイトなのか確認していくと「投資顧問会社(投資助言業)として日本最大規模の顧客数とメールマガジン読者数(27万7958人)を誇る株式会社FPOのFX・株式投資応援ブログ」と記載があります。

上述のように本ブログの運営元は「株式会社FPO(FPO Co.,Ltd.)」です。

同社はFXに特化したサービス・商材を提供する投資顧問という事が以前の検証で分かっています。特段目立った特徴がなく、あまり記憶に残っていないのが正直なところですが、果たしてどのようなブログサービスなのか‥

HPを見ると、最新のブログ記事の「投資家が意識すべき3つのステージ」なる物が飛び込んできます。要約すると「億プレーヤーになるまでの過程には段階的変化が求められる」という趣旨のようです。

そして最後に登場するのが、同社で商材の広告塔を務める「藤ノ井俊樹」氏。
藤ノ井氏は「株式会社FPeye(エフピーアイ)」で代表を務める人物ですね。

・プロフィール
証券会社在籍時は大手優良株を好む多くの投資家より絶大な支持を得るも、安定収益狙いに徹する取引スタンスに収まりきれず独立の道を選ぶ。独特の着眼点から相場を読み解く能力は専門家の間でも定評があり、特に玄人好みの仕手戦には積極的にのめり込む。株式市場の活性化こそ日本の経済全体の発展に寄与するものと、株投資をただの金儲けとしない考え方に共感する億プレイヤーたちも多い。「株と共に生きる」を座右の銘とし、いまなおあらゆる金融市場の最前線で安定したパフォーマンスを上げ続ける生粋の投資家。

元証券マンという肩書で独立したものの、「株式会社FPeye(エフピーアイ)」の経営は厳しいのでしょうか?

本業の投資助言をそっちのけで他社と結託し、金儲けに走っているようではあまり感心しませんね‥一体どういう事情でこの協力関係が成り立っているのか‥

元証券マンで投資顧問の代表ならば、個別銘柄(仕手株など)の 投資助言サービスという直球で是非勝負してもらいたいですね。こんな変化球は不要です。

主なサービス内容
本サイトでは有料コンテンツは用意されておらず、以下の無料コンテンツのみが利用できます。

・ブログ記事
記事内では旬なトピックから投資する上での考え方などが細かく記載されています。
ただし更新頻度は低いので、常時有益な情報があるわけではありません。

・無料メルマガ
FX・株式投資で勝つためのノウハウや相場を見抜くポイントなどを配信するとの事。
内容は基本的に有料コンテンツの宣伝がメインです。

・藤ノ井俊樹の株攻略ビデオ講座(5本)&テキスト(170ページ)
藤ノ井氏がプロの投資手法を無料公開しているとの事。「初心者でも株で稼げるようになります」と断言してしまっていますが、当然そんな保証はありません

それにしても以前有料で販売していた電子書籍を無料で提供するとは、もはや捨て身にならないと金儲けできないという事なのか‥それほど需要がなかったのですかね。
いずれにせよ、あまり 良い印象は抱きません

ここまで全体的にHPを確認してきましたが、特に不審点は見受けられませんでした。
所詮はブログであり有益な情報が得られるというわけでもない。結局は「株式会社FPO(FPO Co.,Ltd.)」への誘導が目的で運営 されているだけのように感じます。

ただコンテンツ自体は無料なので、参考程度に利用する分には問題ないのかもしれません。

よく読まれている記事

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 市況や材料からAIが次に来るテーマを事前予測

 空売りの指標としても使える最先端株ツール

 3700以上の銘柄を一括診断!

 詳しく見る

TMJ投資顧問
一押しワケ
を解説

 外資証券出身「渡邉誠二」の分析能力

 会員の利益を最優先、抜群のサポート力

 金融マンとして築いてきた独自の情報網

 詳しく見る

FX・株式投資応援ブログへの口コミ

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

循環物色アナライザー
一押しワケ
を解説

 "今買うべき銘柄"を教えてくれる銘柄選定ロボ

 循環相場のサイクルを先読み!急騰候補株を選定

 今の相場でこそ活躍が期待できる万能アイテム

 詳しく見る

TMJ投資顧問
一押しワケ
を解説

 外資証券出身「渡邉誠二」の分析能力

 会員の利益を最優先、抜群のサポート力

 金融マンとして築いてきた独自の情報網

 詳しく見る