グロースナビゲーター 1件のレビュー(3/5)

グロースナビゲーター

 グロースナビゲーター

グロースナビゲーター優良投資顧問なのか悪徳株情報サイトを運営しているだけなのか。ネットの口コミ評判を見る限り、どちらかと言えば 悪評が優勢ですね‥
早速、HP等の検証を行っていきたいと思います。

まずグロースナビゲーターが如何なる投資顧問サイトなのか確認していくと「投資家の皆様のご状況や好みに応じた商品を取り揃えており、本サイトでは数ある商品の中から「あなたのベストワン」が探し出せるよう各種方法でナビゲートしている」と記載があります。

本サイトの運営を手掛けるのは「投資顧問会社グロースアドバイザーズ」。
「あらゆる相場をすべて知り尽くした証券投資のプロフェッショナル集団がサポートする投資情報集団」を自負していますね。

同社は本サイトの他にも「株とまと」という系列サイトも運営しているのですが、その評判は最悪‥私の元にも数々の悪評が届いています。
その一例が以下。

・悪評例
「よくわからない料金設定をしている株とまとに散々やられました。株とまとが推奨する銘柄で上がった事1回でもあったかな?と思う程の勝率でした。安いわけでもないし当たるわけでもない、なぜこのようなサイトが未だにあるのかが不思議で仕方ないです。」

大まかにまとめると、
・料金設定が高過ぎる、 月額/100万円越えも‥
・担当者の対応が悪い
・そもそも推奨銘柄が上昇しない

上記のような意見が大半です。
こういったリアルユーザーからの情報を考慮すれば、同じ「投資顧問会社グロースアドバイザーズ」が運営する本サイトも期待できませんし、警戒して検証を行う必要がありそうですね。

主なサービス内容
無料コンテンツは以下の2つが用意されていますが、共に「株とまと」が提供する情報なので目新しさはありません。

・無料メルマガ
銘柄情報の他、このメルマガだけのコッソリ情報や、プロのテクニックなど、他では味わえない内容となっているとの事ですが、相場解説と動きのあった銘柄情報が記載されているだけです。

・無料銘柄診断
保有中の銘柄や現在検討中の銘柄について、3500名以上の投資家の悩みにお答えしてきたアナリストが相談に応じるとの事。

利用にあたってはなぜか「携帯番号」の入力が必須のようです‥
過剰な電話営業の餌食にならなければいいですが‥

以下有料

◆銘柄付きレポートナビ
投資レポートに馴染みの薄い個人投資家にも、市況を的確に認識し、正しい投資を行なっていただくことを目的との事。しかし最新のリリースが2015年10月であり、1年半以上リリースがない模様‥
料金:3,000円

◆厳選5銘柄付き株式投資戦略マーケットレポート
上記「銘柄付きレポートナビ」の続編としてリリースされた、アナリストの市況分析と注目銘柄をセットにした投資戦略レポート。
料金:5,800円

◆投資マニュアルナビ
「リニューアル中につき閲覧はできません」との事。

その他、HPには実績(仕手株など)が掲載されています。
しかし、上昇した銘柄実績だけしか確認できず、ロスカットした銘柄実績はひた隠しにしているようです。

利用者目線で考えれば、一番重要なのは推奨銘柄のどれかが上昇する事ではなく、結果的に儲かったどうかです。

その点を踏まえれば、公開されている実績=実力とは評価できません。
また上昇した実績だけ公開しているにしては、 上昇率がショボいですね‥

以上、グロースナビゲーターの検証結果をまとめると、悪評の鳴り止まない「株とまと」の系列サイトである事が判明しました。

肝心のコンテンツ内容や実績を見ても、利用をおススメできるだけの要素は見受けらなかったので、一先ず利用は控えるべき でしょう。

引き続き、動向を注視していきたいと思います。

よく読まれている記事

循環物色アナライザー
一押しワケ
を解説

 循環物色を先読みすることに特化した銘柄選定ロボ

 自動スクリーニングで買うべき銘柄が瞬時に分かる!

 下落相場でも200%超え、安定の解析精度!

 詳しく見る

AIP投資顧問
一押しワケ
を解説

 株価上昇のメカニズムを熟知

 現場第一主義、中野代表の現場力

 企業分析力はトップクラスの”一流”投資顧問

 詳しく見る

グロースナビゲーターへの口コミ

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

循環物色アナライザー
一押しワケ
を解説

 循環物色を先読みすることに特化した銘柄選定ロボ

 自動スクリーニングで買うべき銘柄が瞬時に分かる!

 下落相場でも200%超え、安定の解析精度!

 詳しく見る

TMJ投資顧問
一押しワケ
を解説

 外資証券出身「渡邉誠二」の分析能力

 会員の利益を最優先、抜群のサポート力

 金融マンとして築いてきた独自の情報網

 詳しく見る