大岩川源太 85件のレビュー(2.32/5)

大岩川源太のサムネイル画像

 大岩川源太を元証券マンが丸裸に 先乗り投資法の評判を怪しむ声

最近広告でよく見かける大岩川源太の評判を掘り下げます。

数多くの投資サービスや情報商材に携わる大岩川源太さんですが、今力を入れているのが『源太流先乗り投資法』という情報商材の販売です。

機関投資家・大口投資家よりも先回りして銘柄を仕込むことで「必ず儲かる」などと、強気な宣伝を行う先乗り投資法。

その生みの親である大岩川源太とは一体何者なのか?

経歴から投資手法まで、元外資系証券マンの私が大岩川源太の正体を丸裸にします。

大岩川源太の経歴 元証券マンの半生をリサーチ


大岩川源太さんは1981年から約15年に渡り証券会社に勤務した経歴の持ち主で、個人営業・株式ディーラー・事業法人・金融法人部門等を経験しました。

▼大岩川源太の経歴
1981年4月:今川証券入社
1997年2月:今川証券退社
1998年1月:(株)アセットレボリューションを設立
2017年11月:(株)アセットレボリューションが破産
※現在はラジオ日経でレギュラー番組に出演中

1997年に証券会社を退職、翌1998年に投資顧問会社「アセットレボリューション」を設立します。

当時はインターネットの投資顧問業者として、先駆け的存在だった株式会社アセットレボリューション。

残念なことに“20年ほどで幕を下ろす”ことになります。

▼2017年の11月に東京地裁より破産手続開始
株式会社アセットレボリューションが経営破綻
引用元:Net IB News

株式会社アセットレボリューションは『成功報酬型の投資顧問サイト』で、その筆頭を大岩川源太さんが務めていました。

成功報酬ということはサービスを利用した会員が利益を上げなければ会社側にもマージンが入らない仕組みなのでしょう。

つまり経営破綻の理由は”結果を残せず顧客が離れてしまった”ためと推測できます。

2017年は比較的に落ち着いた相場でしたが、2016年は2月中旬に日経平均が15,000円を割るまで下落するなど激動の1年でした。

先行きが見えずらかった中で、売却や損切りが出来なかった投資家たちが”塩漬け株を大量に発生”させてた様子がSNSでも見受けられましたからね。

株式会社アセットレボリューションも不安定な相場の中でうまく立ち回ることが出来なかったのでしょう。

株式投資は結果が全て、成果を残せないサービスは淘汰されていきます。

反対に“不透明な相場でも結果を残し続けるサービス”には人が群がるのも世の常。

株式市場の循環サイクルを予測し、有望株を抽出する『循環物色アナライザー』は投資家からの評判も上々です。

時代と同じく株式市場のトレンドは刻一刻と変化します。

情報もツールも使える物はどんどん活用していきましょう。

大岩川源太の先乗り投資法の評判を検証


Youtubeを始め、様々なところで広告を見る機会が増えた『大岩川源太の先乗り投資法』は、株式会社カイザーが販売する投資情報商材です。

そんな源太流先乗り投資法には「怪しい」「必ず儲かるって本当?」といった評判が上がっています。

▼源太流先乗り投資法の評判
源太流先乗り投資法の評判
引用元:たらちゅん

なぜ源太流先乗り投資法にはこのような評判が寄せられるのか?

その理由は、大岩川源太の先乗り投資法の広告内で使われているこの文言が関係していると思われます。

▼源太流先乗り投資法の広告文
先乗り投資法の広告文
引用元:源太流先乗り投資法

ユーザーから心配の声が上がるのも納得ですね、流石に「株で必ず儲かる仕組み」は広告物としてアウトかと‥。

株価4倍超えのベクター(2656)を抽出するなど、当サイトでも評判の銘柄抽出ロボ『話題株セレクト』でも勝率は8割です。

それを超えてくるとなると相当な精度ですが、いくらなんでも100%は少し言い過ぎですかね。

とはいえ元証券マンの大岩川源太さんが見つけ出した『儲かる仕組み』が何なのかは気になるところ。

必勝法と豪語する大岩川源太の先乗り投資法がどんな投資手法なのか、その秘密に迫っていきます。

源太流先乗り投資法を支える『3種の神器』とは


まず源太流先乗り投資法とは何かですが、公式サイトによると機関投資家・大口投資家よりも先回りして銘柄を仕込む投資手法とのこと。

銀行や大手ヘッジファンドにでもコネクションがあるんでしょうかね?

また自身が教えた生徒の中には、億万長者となった方もいるとのこと。

大岩川源太さんの手法を学んで、自分も億投資家になりたい!そう思われた方もいらっしゃることでしょう。

ここでふと思ったのですが、手法を知っている大岩川源太さん本人はまだ億万長者ではないんでしょうかね?

話の腰を折ってしまってすみません、細かいところが気になるのが悪い癖で…。

早速ですが、源太流先乗り投資法の特徴に触れていきます。

◆先乗り投資法を支える”源太流”三種の神器
ステップ1:源太指数を用いて何を買うかを知る
ステップ2:源太カレンダーでいつ売買するかを知る
ステップ3:資金管理術でどれだけ買うかを知る
引用元:源太流先乗り投資法

公式サイトによると、大口や機関を先回りして投資するために、この源太流”三種の神器を用いるようです。

各ステップでどのようなことを学んでいくのか、もう少し掘り下げていきましょう。

▼源太指数とは何か?
まず源太指数とは何なのかですが、公式サイトにはこんな記載が。

「源太指数を使って検索サイトでスクリーニングすることで、その時々のベストな銘柄を選び出すことが出来る」
引用元:源太流先乗り投資カレッジ

わかりずらいけどなんか凄そうに書いてある源太指数ですが、どうやら売買代金移動平均線のようです。

変に難しく書くよりも、銘柄ごとの売買代金によって移動平均を求める指標と書いておけばすぐにピンとくるんですが…。

ひとまず、源太指数=売買代金移動平均線ということは理解しておきましょう。

ステップ1の銘柄の選定には、この源太指数が組み込まれた株ツールを使って抽出を行うようです。

▼源太カレンダーの特徴
2つ目の神器である源太カレンダーは、チャートを見ずしてベストな売買時期がわかるようになるツールとのこと。

具体にどのようなことが知れるのか、Amazonに過去の源太カレンダーの評判が確認出来たので一部紹介します。

購入者の評判は様々で、「買わないほうがいい」という口コミも確認しました。

▼源太カレンダーの評判を考察
『前々から気になっていた商品だったので思い切って買いました。 残念ながら使えません。 意味のない情報をいっぱい書いてます。 たとえば 四川大地震 リビア機が着陸失敗 日本初の金星探査機あかつきの打ち上げ成功 他にもいっぱい書いてます。 それって投資に関係あるのってのがアホど書いてます。 意味ないです。 また作者自身の転換日予想なのかな? ポイントの日ってのが書かれているんですけど 毎週ポイントの日が書かれています。 それだけポイントの日って書いてれば当たるでしょって感じです。 これを3000円近くで販売している神経がわかりません。 これは買っちゃだめですよ。 僕は2度と買いません。 僕の言っていることが本当かどうか試すために買うのはOKですけど。』
引用元:Amazonレビュー

口コミからも分かるように、源太カレンダーは過去の相場の転換点となった日が書かれているカレンダーです。

アノマリーという言葉を聞いたことがある方もいらっしゃるかと思いますが、それに近いものがまとめられてるものと考えればわかりやすいかと思います。

相場は理論の枠組みだけで説明できないですからね。

経験的に観測されたも事象をまとめた源太カレンダーから、投資のヒントを見つけ出そうとしている方も少なくないようです。

しかし、相場の転換日については”数宇ちゃ当たるでしょ”という意見も上がっており、ユーザーによって評価は様々なようです。

正直ステップ2のこのカレンダーを”神器と呼ぶには少し弱い”ですかね。

高いコストパフォーマンス、そして知識や経験に関係なく有望株への投資を可能にするという意味では銘柄抽出AIの存在は外せません。

その中でも爆発的な高騰銘柄を次々に抽出する『グローイングAI』は、費用対効果が高いと評判も上々です。

大岩川源太の先乗り投資法の料金が判明


大岩川源太の先乗り投資法は『完全無料』が謳い文句の投資情報商材ですが、どうやら一部有料のサービスも設けられているようです。

当サイトにも実際にサービスを利用した投資家からの『料金』に関する口コミが寄せられています。

▼大岩川源太の先乗り投資法の口コミ
『まだわかりませんが、他のトレード塾より(他の塾では教材が情報ではなくCDやら教本やらしっかりしています。)少し安い33万円払い、これから初心者としてカレッジに入会していろいろと体験してみます。成功することを祈ってください。』

『先乗り投資法は、半年で35まんかかります。 先乗り投資法の源太指数等のツール使用期間は、全て半年で終了します。半年後は、源太指数等使用できなくなる為、一か月あたり、税込33000円かかります。 これ、直接、私が電話で確認しました。 つまり、先乗り投資法をやるには、最初に35まんかかり その後も、ツール使用料で毎月33000円かかると言う事です。 皆様方、よく考えたらわかりますよね。』
引用元:株的中.com

口コミからも分かるように、一部ツールを利用するには料金を支払う必要があるとのこと。

つまり先乗り投資法の『正確な料金』は、半年35万で、それ以降は月額33,000円ということになります。

必ず儲かるという広告文言同様に、完全無料という表現には一部”間違い”があるようです

先乗り投資法を販売する株式会社カイザーを検証


大岩川源太の先乗り投資法を販売しているのは『株式会社カイザー』です。

◆株式会社カイザーの会社情報
販売会社:株式会社カイザー
アドレス:mail@kabu-college.com
所在地:東京都渋谷区恵比寿4-20-3恵比寿ガーデンプレイスタワー18階
電話番: 050-5491-2858
運営責任者:松尾瑠雅
事業内容:株カレッジ運営/株式投資教材開発/商品企画開発/セミナー・アプリ
参考元:株式会社カイザー

どうやら株式投資教材やアプリなどの開発・販売を行っている会社のようです。

ホームページには、取り扱っているサービスが掲載されていましたが、大岩川源太さんのサービス以外はない状態でした。

講師についても大岩川源太さん1人だけだったので、恐らくですが大岩川さんのサービスを販売するために作られた会社なのでしょう。

また、金融庁のホームページを確認したところ、株式会社カイザーは金融商品取引業者ではないことも明らかに。

従って、源太流先乗り投資法では有料での銘柄の推奨や売買の指示などは行われないことが推測できます。

助言業の資格がないままアドバイスを行えば法令違反になってしまいますからね。

近ごろ非金融商品取引業者による非合法な似非投資顧問会社が問題となり、金融庁も警笛を鳴らしています。

▼”似非”投資顧問会社一覧
株式会社リード
株式会社豊
株式会社ファクター

元証券マンとして活躍した大岩川さんが携わっていることを考えれば、流石に違法行為は行っていないはずかと‥。

引き続き、大岩川源太さんが過去に携わってきたサービスを振り返っていきます。

大岩川源太の提供サービス一覧


ラジオ日経でレギュラーを務める大岩川源太さんですが、先乗り投資法以外にも様々なサービスに顔を出しています。

◆大岩川さんが在籍していた投資顧問会社
彼の経歴には記載がないですが、かつて「新生ジャパン投資」という投資顧問サイトで助言を行っていた過去があります。

新生ジャパンは『小型株』や『低位株」を得意とする投資顧問サイトで代表は未来予測でお馴染みの「前池秀樹(高山緑星)」さんが務めています。

大岩川源太の銘柄配信サービスのページに、2017年の12月に新生ジャパン投資を退社すると記載があったので今は無関係のようですけどね。

彼がかつて在籍していた新生ジャパン投資の評判が気になる方は、以下のリンクからご覧ください。

> > > 新生ジャパンの評判・口コミを見る

◆大岩川さんが講師を務める株スクール
株式会社カイザーで投資教材の監修や投資カレッジの講師を務める大岩川源太さんですが、株式会社源太塾という会社でも株スクールの講師を務めています。

大岩川源太の株スクール『源太会』では、儲けるタイミングに強い投資家を育てることをコンセプトとしているようです。

この他にも「株式会社インセクト」という会社と共同運営して、大岩川源太の常勝投資家育成講座というセミナーも開催していました。

株式会社インセクトは、”投資助言業者でないにも関わらず事業内容に投資助言業を行う”と表記していました。

YOUTUBE動画では「絶対勝てますよ」などと断言しており、当時からビッグマウスぶりは健在だったようです。

◆情報発信の場所として作った源太塾
大岩川源太さんが情報発信の場として活用しているのが源太塾です。

メールでの情報発信やラジオ番組の紹介など、大岩川源太さんのファンのために作られた大岩川源太さんの全てが紹介されているサイトです。

◆大岩川さんの相場観が分かる源太の株バトル
源太の株バトルは、大岩川さんが日々の相場観を発信しているアメーバブログです。

相場の展望や源太カレンダーの宣伝などが行われています。

無料で見れるブログなので、大岩川さんの相場観が気になるという方は一読してみてもいいかもしれません

またTwitterも運営しているので、大岩川源太さんの情報が常に入ってくる環境が欲しい方は、「@hutujiinoti」というアカウントをフォローしておくといいでしょう。

パッと見た感じは、源太カレンダーの発売日やラジオNIKKEIの配信時間の宣伝が積極的に行われていました。

大岩川源太の評判を総括


元証券マンの大岩川源太さんの評判を総括すると、「必ず儲かる」といった強気な広告手法に疑念を抱く方が増えていることがわかりました。

先乗り投資法は源太指数を用いて銘柄を見つけ出し、源太カレンダーで売買のタイミングを見極めるというものでした。

源太カレンダーはAmazonなどでも販売されており、その予測精度はレビューを参考にしてみるといいかもしれません。

大岩川源太さんについては、証券会社を退社後に投資顧問会社を立ち上げたようですが、業績不振のためか経営破綻していることがわかりました。

大口や機関投資家の動向を先読みすることでこれまで億万長者を輩出してきたと自称する大岩川源太さん。

5年以上に渡り情報商材の販売を行っていることを考えると、大岩川さん本人がトレードで成功しているとは思えないと言わざるを得ません。

大岩川源太さんの投資実績を始め、先乗り投資法の詳細については新しい情報は入り次第、追記してまいります。

些細なことでも構いませんので、情報をお持ちの方は以下の口コミ投稿欄から情報をお寄せ頂ければ幸いです。

▼話題のトレーダーを紹介
・300万円から230億円を稼いだ男『cis
・カリスマトレーダー『片山晃』の半生
・資産250億超えの兼業投資家『五味大輔

あわせて読みたい記事

よく読まれている記事

話題株セレクト
一押しワケ
を解説

 これから注目を集めるテーマ株を自動で抽出

 テーマ投資の進化系、下火テーマの予測も可能に

 勝率80%↑不二精機(6400)などの話題株を選定

 詳しく見る

グローイングAI
一押しワケ
を解説

 某有名ファンドをも上回る運用実績

 「テラ」や「DLE」などの高騰銘柄を次々に抽出

 高性能AIが世の中のトレンドを解析

 詳しく見る

大岩川源太への口コミ

  • サイト名大岩川源太投稿者名名無し
    評価投稿日2021年09月24日

    YouTubeで何年かぶりに大岩川源太氏のセミナー動画を見たけど、昔に参加したセミナーと話してる内容が全くブラッシュアップされていない事に驚いた。

  • サイト名大岩川源太投稿者名名無し
    評価投稿日2021年09月22日

    儲かってる人からは学びたいって思うけど大岩川源太って人は儲けさせてきたって話ばっかりでなんか信用できん しかも数億を動かしてたとかも自分の金じゃなくて人の金でしょ? 怪しすぎるしもし先乗り投資が出来るなら自分が買ってるはず 例えば東京機械で今話題のウルフ村田みたいなw

  • サイト名大岩川源太投稿者名名無し
    評価評価なし投稿日2021年09月19日

    源太カレンダーを売りたいがためにテクニカルを軽視するのは投資家としてどんなもんでしょう、アノマリーとファンダメンタルズ分析一辺倒ではなくテクニカルも取り入れたほうが普通に勝てると思うのですが。

  • サイト名大岩川源太投稿者名名無し
    評価投稿日2021年09月17日

    重鎮www
    ネットで誇大広告だすような元ディーラーが重鎮www
    機関投資家とかより先乗りして稼ぐってそんなパイプあるほど有能な人なら今頃どっかからヘッドハントされてるだうよ

  • サイト名大岩川源太投稿者名名無し
    評価投稿日2021年09月17日

    日経平均が年初来高値の更新で一時31年ぶりの水準まで達しましたね。大岩川源太先生も「今日は仕方がない押し」と言ってました。

  • サイト名大岩川源太投稿者名名無し
    評価投稿日2021年09月16日

    人に頼っても儲からない。高い代金を支払って終わる・・・。そのお金で宝くじ等買うほうがまだまし。

  • サイト名大岩川源太投稿者名名無し
    評価投稿日2021年09月16日

    大岩川源太氏といえば新生ジャパン提供のラジオNIKKEI「源太緑生株教室」ですよね。業界の重鎮二人の話が生で聞ける貴重な番組だと思います。

  • サイト名大岩川源太投稿者名名無し
    評価投稿日2021年09月14日

    大岩川源太氏の事はよく知りませんでしたが、YouTubeで広告を時々見かけるオッサンですよね。まあ、難しい地合いではありますが頑張って欲しいと思います。

  • サイト名大岩川源太投稿者名青椒
    評価評価なし投稿日2021年09月10日

    昔会社をつぶしてる事を悪く言う人がいるけど、経営に失敗した事と株で勝つ事は使う能力が全く異なるので問題ないと思います。

  • サイト名大岩川源太投稿者名kurousagi
    評価投稿日2021年09月07日

    33万円払うならば、それを投資に回した方がいいと思う。株式投資に絶対はない。

  • ▼次の口コミを表示 読み込み中

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください

よく読まれている記事

循環物色アナライザー
一押しワケ
を解説

 循環物色を先読みすることに特化した銘柄選定ロボ

 自動スクリーニングで買うべき銘柄が瞬時に分かる!

 下落相場でも200%超え、安定の解析精度!

 詳しく見る

グローイングAI
一押しワケ
を解説

 某有名ファンドをも上回る運用実績

 「テラ」や「DLE」などの高騰銘柄を次々に抽出

 高性能AIが世の中のトレンドを解析

 詳しく見る